引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2009年10月25日

「かさぶたくん」

「おなら」「うんち」ときて、次は「おしっこ」かな?と思った方もいるのではないでしょうか?予想を裏切り、子供たちが気になって仕方ないもの「かさぶた」の絵本をお届けします。

「かさぶたくん」
やぎゅう げんいちろう さく
福音館書店

子供たちは擦り傷をよく作りますよね。するといつの間にかかさぶたが!
そのかさぶたをとりたくて、とりたくてうずうずしているところを見かけませんか?
「かさぶた とっちゃだめ!」
絵本の中にも出てきますが、子供に言い聞かせますよね。
でも、どうしてとっちゃいけないのか、答えられますか?
この絵本はかさぶたについていろいろと教えてくれています。

かさぶたは「血のかたまり」なのかな、「ごみ」でできてるのかな。
きずのうんこなのかな。
かさぶたはどうやってできるのかな。
かさぶたの役割りってなんなのかな。
かさぶたはどうしたらなくなるのかな。

傷の治り方からかさぶたの出来るまで、いろいろなことを教えてくれる絵本です。
ただ、細かい字まで全部読むと読み聞かせにちょっと時間がかかりますけど、楽しく皮膚のその下の事や血液の成分、かさぶたの一生に触れられる良本です。

かさぶたを作って帰ってくるのは元気な証拠!
「あの頃はまだ『かさぶた』って言えなかったのに、今じゃかさぶた作りの名人になっちゃって!」なんてこともあるのでは?
成長したお子さんと一緒にかさぶたについて楽しく学んでください!


かさぶたくん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
かさぶたくん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
おすすめ平均
starsけがの痛みもかさぶたくんのおかげで吹っ飛ぶ・・・かも?
stars子どもと大笑いしながらお勉強
stars泣く子も笑う・・・?
stars子供にせがまれて買いました.
starsおかしい、おもしろい、ためになる。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 23:30 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

「おなら」

10/12は体育の日。この季節は運動にはもってこいの季節。
だから運動の本を、ではなくて、カラダについての絵本を紹介します。

子供はウンチやおならの話が大好きですよね。
楽しみながらウンチやおならのことをもっと知って欲しくて選びました。

「おなら」 (かがくのとも傑作集)
長 新太 さく・絵   福音館書店

ゾウのおなら、人のおなら、いろんな動物のおなら。
ぶおおーん! プー。ブー。ブープー。といろんな音。
おならってなに?
おならはどうしてでるんだろう?
おならってがまんしちゃいけないの?
1日にどれくらいのおならが出るんだろう?
くさいおなら、くさくないおならはどうちがうのだろう?
おならの仕組みをとてもユーモラスに描いています。
おなかの中も描かれていて、ちょっとした医学書気分。
楽しみながらおならを学べる1冊です。
まじめに読んで、楽しく学ぶ、長新太さんの真骨頂!
絶対おすすめ!
個人的には、裏表紙の内側に書かれたたくさんのおならの音が笑えてすきですね。お子さんと声に出して読んでみて下さい。
きっと笑い声が絶えませんよ(^^)

おなら (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)
おなら (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)
おすすめ平均
starsおなら好きのお子様には是非・・
starsプチ医学書です
starsタイトルだけでこどもが笑っちゃう本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 22:30 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

「おつきさま」

10/4の満月の夜にお届けする、ちょっと大人向けの絵本をお届けします。もちろん、お子様だって十分に感じてもらえるやさしい絵本です。

「おつきさま」
やすい すえこ 作    葉 祥明 絵
フレーベル館

お月さまって絵本に登場すると、人間のように笑ったり話しかけたりすることが多いんですけど、この絵本のお月さまはいつもみんなが見ているお月さまのまんま、やさしく見守ってくれているんですよ。

のはらの いえの まどから おんなのこが
「どこかで だれかさんもみているかなあ。」
やねの うえで のらねこが
「おつきさま おれのうたを きいてくれよ」
と つきよのうたをうたい、
こうえんの ベンチで、ことりとことりが仲なおり。
まいごの いぬが
えきで えきちょうさんが
はらっぱで ねずみの きょうだいが
いろいろな動物や人たちが
そして、
うみべの ちいさな いえの まどから おとこのこが
「おつきさま、ぼくの ともだちの けが、なおしてください。
とおい のはらに すんでいる おんなのこです」

同じ夜の同じ時、同じ月の下で、いろいろなものがそれぞれの思いを抱いてお月さまに語りかけ、願い、祈り、やさしさを、勇気をもらい、それぞれのドラマがありました。

今夜の満月、
あなたは見てるかな?
何を思ってるのかな?
誰のことを思ってるのかな?

そんなあなたに送る1冊です。

おつきさま (おはなしメルヘン)
おつきさま (おはなしメルヘン)葉 祥明

おすすめ平均
stars疲れたとき大人も
starsこどものおきにいりです☆

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 22:50 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

「ぼく、お月さまとはなしたよ」

10/3は中秋の名月。名月間近ということで、今回は可愛いクマくんとお月さまの絵本を紹介します。

「ぼく、お月さまとはなしたよ」
フランク・アッシュ 絵・文    山口 文生 訳
評論社

 ある夜のこと、クマくんは空のお月さまを見上げて、お月さまにお誕生日の贈り物をあげたいな……と思いました。
でも、お月さまの誕生日がわかりません。
木に登ってお月さまに話しかけても返事がありません。
もっとお月さまに近づこうと、クマくんは川を渡り、森を抜け、山に登り、そしてもう一度話しかけてみました。
「こんばんは!」すると、「こんばんは!」。
「たんじょう日、いつですか?」すると、「たんじょう日、いつですか?」……。
お月さまはクマくんが言ったとおりに答えてくれました。

皆さんはもう、おわかりですよね、お月さまの声の正体。
そう、「やまびこ」です。

でも、そんなことを知らないクマくんは一生懸命に話しかけ、お月さまの誕生日、欲しいものを聞くことに成功します。
お月さまの誕生日も欲しいものもクマくんと一緒(クマくんがお月さまに話した事と一緒ですからね)。

お月さまの誕生日に、プレゼントをあげるのですが、プレゼントしたものがまた一つの物語を作るんです。
最後にはプレゼントよりも大事なことは何かを教えてくれるほのぼの絵本です。

中秋の名月を見ながら、お子さんに読んであげて、自然の大切さ、心の大切さを一緒に感じてみてください。

ぼく、お月さまとはなしたよ (児童図書館・絵本の部屋)
ぼく、お月さまとはなしたよ (児童図書館・絵本の部屋)山口 文生

おすすめ平均
stars優しいクマくん
starsお誕生日のプレゼントにも☆

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 22:08 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

「おばあちゃんすごい!」

敬老の日企画ということで、前回はおじいちゃんの本を紹介しましたので、今回はおばあちゃんの本を紹介します。

「おばあちゃんすごい!」
中川 ひろたか 文    村上 康成 絵
童心社

「ひろたかなり」っていう子どもを探して園にやって来たおばあちゃん。
でも、その園にはそんな名前の子はいませんでした。
園児達が遊んでいるのを見たはおばあちゃんは、お手玉・おりがみ・あやとり・こままわし・けんだまと何でも上手!
もう子供たちはそんなおばあちゃんのとりこになっちゃいました。
園児達の散歩に一緒に行ったおばあちゃんは咲いていたオシロイバナの秘密も教えてくれちゃいます。
そのまま一緒に園でお昼を食べることに。
園でおばあちゃんの子どもを発見!
なんとそのおばあちゃんの子どもは園長先生だったんです。
園長先生の子供の時にスカートをはいてくるくる回っていたことも園児達に暴露されちゃったりして。
おばあちゃんの持つ優しさに子供も私も包み込まれ、園長先生達も優しくおばあちゃんを迎える感じが、とてもすてきです。
核家族化している現代で、こんなふれあいも大事だなぁと感じさせてくれる絵本です。

おばあちゃんすごい! (ピーマン村のおともだち)
おばあちゃんすごい! (ピーマン村のおともだち)村上 康成

おすすめ平均
stars園長先生のお母さん
starsあったか おばあちゃん

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 22:32 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

「おじいちゃんのごくらくごくらく」

今年は敬老の日と秋分の日が近く、連休になってますね。行楽にはもってこいかもしれませんが、ちょっとその前に、おじいちゃん・おばあちゃんについて考えてみませんか?
今回と次回はおじいちゃん、おばあちゃんが登場する絵本です。

「おじいちゃんのごくらくごくらく」
西本 鶏介 作    長谷川 義史 絵
鈴木出版

おじいちゃんが大好きなおじいちゃん子のゆうたくんと、おじいちゃんのほろっとする物語です。

園への送り迎えもおじいちゃん、おふろにはいるのも、寝るのもおじいちゃんと一緒。おもちゃはおじいちゃんが作ってくれた世界に一つしかないもの。
おじいちゃんはおふろいはいるといつも
「ごくらく、ごくらく」というので、
「ごくらくって なに?」ってたずねたら
「しあわせな きもちに なることだよ」とおしえてくれて
「ごくらく、ごくらく」ってまねをするゆうたくん。
今度のお休みに二人で温泉にいこうと約束したのですが、おじいちゃんは入院することに。
おじいちゃんがげんきになることをいのったのですが、悲しい別れが・・・

最後はちょっと悲しいのですが、おじいちゃんの「ごくらく、ごくらく」はゆうたくんの「ごくらく、ごくらく」となって、思い出と共に生き続けていくのです。
ひょっとしたら、おじいちゃんの「ごくらく、ごくらく」はそのおじいちゃんから、そして、ゆうたくんへ、さらにはゆうたくんの子へ、孫へと伝わっていくのかもしれません。
人はなくなっても、大事なことは生き続けていくんだと教えてくれているような絵本です。

生と死は永遠のテーマ。
核家族化が進んで、死というものに接する機会がなくなっているので、死と真正面から向き合ったこのような絵本は重要な役割を占めると思います。

おじいちゃんのごくらくごくらく (ひまわりえほんシリーズ)
おじいちゃんのごくらくごくらく (ひまわりえほんシリーズ)長谷川 義史

おすすめ平均
stars魔法のことば
stars息子に読み聞かせています
stars小学生の子どものために買いました
stars命を見つめる心を養う
starsほんわり暖かく、でも悲しい・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
  bloog にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
posted by ブドリ at 22:00 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

「森へ」

季節の写真が撮影できていないので、番外編として、私がもっとも影響を受けた写真家の子供向けに編集された本を紹介します。

その人は「星野道夫」
ご存じかと思いますが、1996年にカムチャツカ半島で不慮の死を遂げた写真家です。撮影には宮沢賢治の本をお供に持って行ったりもしていたんです。

星野道夫の写真に写っている動物も植物も、トーテムポールや横たわる木でさえ、隅々まで言葉では表し尽くせないほどの愛情というのか強い思いを感じさせられます。
写真を始めたばかりの頃、ある写真展で見て、その写真から溢れ出る命に圧倒されました。
その一枚が「森へ」(たくさんのふしぎ傑作集)の中の1枚。その一部が表紙にもなっているのですが、12ページの写真です。
この絵本の中の文章は表現者としても知られる星野道夫の文章です。
子供には難しいかなとも思うのですが、じっくりと読んで写真を見て何かを感じて欲しい。
写真と言葉で表現する力強さ。
どれだけの思いを抱いてカメラを通して写し取っていたのだろうか。
いつかちょっとでも近づけるのだろうかと思いながら撮影を始めたけど、あらためて見てみるとほんの少しも近づけてない。それでも、あの頃よりもずっと写真が好きになっている事だけは確か。

子供達にはたくさんのいい刺激を受けてもらいたいという思いで、私の写真の原点といえる写真家の一冊を紹介しました。

森へ (たくさんのふしぎ傑作集)
森へ (たくさんのふしぎ傑作集)
おすすめ平均
stars森・人・動物、そして絆
stars森と家族
stars未来の森へ
stars生きていることはとてもすばらしい
stars美しい写真に心が

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 23:13 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

「とぶ」

暑さも峠を越したような感じですね。
この時期は空を見上げるのにはいい季節ですね。
空を見上げると吸い込まれそうに感じたり、飛びたくなったりすることはありませんか?
そんな思いそのままの絵本をお届けします。

「とぶ」
谷川 俊太郎 作    和田 誠 絵
福音館書店

ある晩、まことは空を飛ぶ夢を見ました。
よく朝、まことは夢の中でしたように、軽く走ってみると・・・
最初は足がふわりと地面を離れ、空に浮かびました。
飛び方がわからなくて、腕と足をメチャクチャに動かしているうちに、電線を越え、大きな木をよけ、こつをつかみました。
空の上から下を見下ろしたり、もっと高く上って雲の中にはいったり。
海の上をとび、畑の上を飛び、自分の家の上までとびました。

「かけっこみたいに空気を蹴る」「腕は広げて安定させる」と本当に空を飛んできた体験のように、とても具体的な表現で自分もいっしょに、空を飛んでいるような気持ちになること間違いなし!
誰もが一度は「大空を飛んでみたい!」と思うのではないでしょうか。
子供にとっても大人にとっても満足感を味わえる作品だと思います。

今晩、空を飛ぶ夢でも見ませんか?

とぶ (こどものともセレクション)
とぶ  (こどものともセレクション)和田 誠

おすすめ平均
stars飛んでみたくなる
starsこんな風に、とべたらいいなぁ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 23:17 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

「あな」

今月は「真夏の大空を感じよう」月間、ということで空を意識した絵本をお届けします。

子供の頃、無性に大きくて深い穴をほりたいと思ったことはありませんか?そんな思いを満たしてくれる絵本です。

「あな」
谷川 俊太郎 作    和田 誠 絵
福音館書店

日曜日の朝、何もすることがなかったので、ひろしはあなを掘り始めました。
おかあさんが来て、妹のゆきこが来て、となりのしゅうじくんが来て、おとうさんが来ました。
ひろしは深く、深くあなを掘り続けました。
あなの中に座り込むと、静かで、土はいいにおい。
「これは ぼくのあなだ。」
と、ひろしは思いました。
みんなが来ましたが、ひろしはあなの中に座っていました。
上を見上げると、空はいつもよりももっと青く、高く思えました。
その空を、一匹の蝶がひらひらと横切っていきます・・・。

みんなが、いろいろなことを言うけど、ひろしの返事は「さぁね」とか「まあね」といたってクール。穴をほり始めると、まわりの声なんてどうでもいいんですよね。
私も子供の頃、大きな穴を掘ろうと思ったことがありますけど、庭では深さ30cmぐらいがやっと。それでもミミズが出てきたり、ガラクタが出てきたり、ちょっとした探検のようで楽しかったのを覚えています。
自分が入れるぐらいの穴を掘って、その中から空を見上げたらどんなふうに感じるんでしょうね。ちょっとやってみたくなりませんか?
子供にとっても、意味がないようだけど、何かに夢中になった時は満足いくまでやり遂げさせるのが大事なのかもしれませんね。
絵本だけど哲学書のようです。

あ な(こどものとも絵本)
あ な(こどものとも絵本)和田 誠

おすすめ平均
stars全ての人のための絵本
stars最高にシュールな世界!?父親にお勧めです
starsなぜか救われる。嘘のない絵本。
stars絵本の中の絵本
stars大人にも子どもにも心に残る1冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 22:30 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

「くもくん」

まだまだ暑い夏ですね!
暑いですけど空には入道雲が広がったりと楽しいことがありますよ。と言いたいところですが、この夏はまだ入道雲を見てないんです。
それはそれとして、今回は空を飛ぶ雲のおはなしです。

「くもくん」
いとう ひろし 作・絵    ポプラ社

いつも空をたびしている、くもくん。
空を旅していると、いろいろな形を見つけます。
形を見つけてはいろんな形になってみるけれど、ふと、『自分にはなぜ決まった形がないのか』と考えます。
そんな時、くもくんに気づいた子供たち。
くもくんのワニやライオン、おおおとこの形に大喜びをして、「こんどはおおきなうまになって〜」と言います。
するとくもくんは喜んでおおきなうまの形に。
子供達に「くもくんすごいね」ってほめられてくもくんは思いました。
さぁ、なんて思ったのでしょう。
種明かしをしちゃうと読む楽しみが減りますので書きません。

この絵本には子供の目線と親の目線で読んでみて欲しいです。
きっと子供たちはいろいろと形を変えるくもくんの姿に喜ぶことでしょう。
読んであげるお父さん・お母さんには、「子供を一つの型にはめ込むのはよくないよ。子供はいろいろなものになれる柔軟さを持ってるよ」と、そっと教えてくれているように感じました。

お空に浮かんでいる雲が、ず〜っと眺めているとどんどん形が変わっていくように、子供たちは自由な発想で、いろいろな形に成長していくんでしょうね。

くもくん (いとうひろしの本)
くもくん (いとうひろしの本)いとう ひろし

おすすめ平均
starsくもくんって???

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 22:07 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

「ひまわに」

夏のヒマワリのようなそうでないような、でも気持ちを明るく照らしてくれる「ひまわに」くんをお届けします。

「ひまわに」
あきやま ただし 作・絵    PHP研究所

ひまわには、ひまわりみたいな わに。
ひまわには ひまな わに。
みんなを たのしい きもちに してくれる ふしぎな わに。

と、カバーの折り返しに紹介されているんですけど、まさにそのとおり。表紙の絵を見てもインパクトあるでしょ。これだけでも噴出しちゃいますよ。
ひまわにがお散歩してると、こまった顔のぞうさん、さむそうにふるえているライオンさん、ないているゴリラなどに出会っては、みんなを明るく楽しい気持ちにしていきます。
ホントにほのぼのとさせてくれますよ。

いるだけで周りを温かな気持ちや笑顔にさせてくれる存在ってステキですよね。
でも、ひまわにくんは特別な存在じゃないかも?
周りを見回してみてください。すぐそばにいませんか?
顔を見るだけでホッとさせてくれる小さいけど大きな存在がいませんか?
昔はそうだった、なんて思ってる人もいたりして。
たしかに、いつまでも、そんな存在ではいてくれないかもしれないけど、大きくなったら他の人をホッとさせたり笑顔にさせられる存在になってほしいなぁと読みながら願っちゃう、そんな絵本です。

ひまわに (PHPわたしのえほんシリーズ)
ひまわに (PHPわたしのえほんシリーズ)
おすすめ平均
stars心の中がポカポカになる絵本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 22:55 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

「そらをみよう」

日曜日の更新の予定の絵本を1日早くお届けします。

立秋を過ぎ、暦の上では秋といっても、夏真っ只中で暑い日が続きますが、空を見上げるのにはいい季節なんですよね。
夏の暑い空を、そして徐々にやってくる秋の高い空をもっと見上げたくなる絵本を紹介します。

「そらをみよう」
谷内こうた 作・絵    あすなろ書房

2人の少年が空を見ています。
寝転んで空を見たり、
股の間からさかさまに空を見たり、
池に映った空を見たり、
いろいろなところでいろいろな空を見ています。
空はいつも同じじゃなくて、
角度や場所、時間を変えるといろんな表情をしているんだなぁと感じさせてくれます。
きっとこの絵本を読んだあと、空が気になると思いますよ。

いろいろな見方でお子さんと一緒に、時には一人で空を見てみてください。
新しい空が見つかるかもしれません。
どんな空が待っているでしょうね。

そらをみよう
そらをみよう谷内 こうた

おすすめ平均
stars空を見上げるのはいいよね♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 23:08 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

「はちうえはぼくにまかせて」

世間ではお子さん達は夏休みの真っ最中!
あちこち出かけたりするのもいいですけど、たまにはじっくりと一つのことをやり遂げるということを経験させてみてはいかがですか?
「どろんこハリー」のコンビが送る名作です。

「はちうえはぼくにまかせて」
ジーン・ジオン 作    マーガレット・ブロイ・グレアム 絵
もり ひさし 訳     ペンギン社

夏休みにどこへも行かないから好きなことをやっていいと言われたトミーは、バカンスで留守にする近所の家の鉢植えを1日2セントで預かることにしました。

トミーは鉢植えの世話がとっても上手。
「この鉢植えは日陰、この鉢植えは日なた」
「水の好きな鉢植えにはたっぷり水をあげて、サボテンには控えめに」
2週間過ぎると、鉢植えが成長して家の中はジャングルに。
そんななかで、朝ご飯を食べたりテレビを見たりお風呂に入ったり。トミーは楽しいけど、お父さんは、ジャングルのようになった家の中が気に入りません。

そんな夜、植物が大きくなりすぎて大変なことになる夢を見ました。
翌朝、トミーは図書館で植物の本を片っ端から見て調べると、園芸店で植木の道具を買ってきて、あずかっていた植物の手入れを始めました。
伸びすぎたところを刈り込んで、切り落とした枝を小さな鉢植えにして育てたりと工夫します。

夏休みが終わるころ、近所の人たちが鉢植えを受け取ると、
「前よりもステキになってる」
「とても元気だ」
と喜ばれ、小さな鉢植えは子供たちにあげて喜ばれました。
家の中からすっかり鉢植えがなくなると、今まで不機嫌だったお父さんが、たくさんの鉢植えがなつかしい、なんていい始めて・・・
頑張ってお世話したトミーに思わぬご褒美が待っています!

働くこと、工夫すること、やりぬくこと
そして働くことによって人々が喜んでくれること
大切なことがたくさんつまっています。
最後までやり遂げたトミーもえらいけど、
トミーの挑戦を黙って受け止めるお母さん
ちょっと不機嫌になってもじっと見守るお父さん
そんな両親ももちろんえらい!

この絵本をきっかけに、お子さんと話し合って、大きなことじゃなくても、何か一つチャレンジさせてみては?
上手くいってもいかなくても、何かしら成長を感じられるかもしれませんよ。

はちうえはぼくにまかせて
はちうえはぼくにまかせてマーガレット・ブロイ・グレアム もり ひさし

おすすめ平均
starsあたたかい
starsプラントシッター
starsトミーの笑顔の何と素敵なこと…
stars息子が気に入ってしまいました。
starsちょっと小さい子にはこんな読み方もありますよ♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 22:18 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

「にじ」

日曜日に掲載できなかったので1日送れですが絵本の紹介です。

梅雨明けの頃に登場させようと思っていたら、今年の梅雨明けは思ったより早くて、出遅れちゃった絵本を紹介します。

雨上がりの空を眺めたりしたことはありませんか?
虹がかかっていてキレイだって感じたことはありませんか?
今回はその「にじ」のどうして?に答える絵本です。

「にじ」 
さくらい じゅんじ 文   いせ ひでこ 絵
福音館書店

「おかあさん、あめがやんだ。いぬのさんぽにいこうよ。」
出かけた雨上がりの空には、虹の橋がかかっていました。

飛行機から見たら、虹はどんな風に見えるんだろう。
上から見たら、下から見たら、横から見たら、虹の中に入ったら?
虹の向こう側にいったら、どんなふうに見えるのかな?
虹ってどうしてできるのかな?
公園で実際に確かめながら、子どもがお母さんやお父さんに投げかける虹についての質問、虹のできるわけ、虹が見えるわけなどを上手に絵本にまとめてあります。
意外と知らないことが多いのでは?

私はいつも晴れた日に噴水のそばに行くと噴水の周りをうろちょろしてこの絵本のようなことをしていますよ(^^;)

にじ (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)にじ (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)
いせ ひでこ

福音館書店 1998-05
売り上げランキング : 108952
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 22:31 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

「もりのえほん」

もうまもなく梅雨が終わりそうですね。それでもまだ油断は出来ませんよね。
外で遊んだり出来なくて退屈することもまだまだあるでしょう。
今回はそんなときでも退屈しない絵本を紹介します。

「もりのえほん」
安野 光雅 作・絵

この絵本には文字がありません。
表紙を見てもページをめくっても一見ただの森の風景。
絵に使われている色は黒と緑だけでという実に地味な絵本。
なんて思ったら大間違い!
よーく目を凝らして絵の中を見てください。
あそこにもここにも、いろいろな生き物が隠れてるじゃないですか!
分かりやすい生き物もあれば探すのに苦労する生き物もあります。
この絵本の森の中には、ゾウやリスなど130余りの動物がかくされています。
巻末にどんな生き物がいるのかが書いてあるのですが、文字だけの一覧なので、自分の見つけたモノも本当に合っているかはわからないし、生き物を知らないと探せないのでまずはどんな姿かたちをしているか調べてからなんてこともあって、全部見つけるのは大変です。
外は雨で退屈なんていってられませんよ。
お子さんと生き物を知りながらじっくりと探してみてください。
あなたは全部見つけられるでしょうか?

不思議なことに、一度見つけた動物は次には簡単に見つかるんですよ。

もりのえほん
もりのえほん安野 光雅

おすすめ平均
stars親子二代で探しました
starsそこいらの「仕掛け絵本」とはレベルが違う
stars20年ぶりに読みました!
stars親子の会話が弾む本
stars必ず喜んでもらえる1冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 22:30 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

「せんろはつづく」

梅雨空で外で遊びに行きたくても行けない、そんな子供たちに送る想像力を育ててあげたくなる絵本を紹介します。

「せんろはつづく」
竹下 文子 文    鈴木まもる 絵   金の星社

子どもは線路をつなげる遊びが大すきですよね。
この絵本はどんどん線路をつないでいきます。そう、プラレールのように。
でも、ただつないでいくだけではありません。
「やまが あった
 どうする?」
「かわが あった
 どうする?」
と、つぎつぎに「どうする?」と投げかけられます。
ページをめくる前にお子さんはどんなふうに線路をつなぐか、ゆっくりと考えさせ、それを聞いてからページをめくってください。
それがたとえ絵本と違っても正解ですから、大事にしてあげてくださいね。

みんなで線路をつないでいくことの楽しさ、みんなで解決していくことの楽しさを一緒に味わってください。

せんろはつづく
せんろはつづく鈴木 まもる

おすすめ平均
stars鉄道を敷設する。
stars部屋中に線路をひろげて
stars電車好きの男の子には間違いなくおすすめ。
stars電車に乗る日が楽しみ
starsどこまで続くかな?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 22:10 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

「おふろだ、おふろだ」

父の日月間、最終回はわたなべしげおの絵本から肌と肌のふれあいの絵本をお届けします。

「おふろだ、おふろだ」
わたなべ しげお 文    おおとも やすお 絵
福音館書店

どろんこになって帰ってきたくまくん。
おかあさんはお風呂にいれようとすると逃げちゃいます。
ようやく捕まえて、お風呂へ。
お風呂にはおとうさんがさきにはいってました。
おとうさんとあらいっこしたり、湯船につかってかずをかぞえたり。
お風呂あがりに洋服は自分で着られるかな?
なんて、毎日繰り返されるお父さんとこどもとの日常が自然に再現されています。

私は悠真のお風呂上りに体拭いて、オムツ(今はトレパンマン)はかせて、服を着させてなんてをするだけですけど、そのときだけでも成長を感じます。
最初は全部してもらってたり、いやいやしてたことが、ちょっとずつ自分から「はい!」とかいって、やってもらおうとしたり、自分で服に袖を通そうとしたりするようになるんですよね。

そんなほのぼのとした暖かさを感じさせてくれる絵本です。
絵が中心で、文字が少ない絵本ですが、そろそろおふろに入る頃のお子さんから、お父さんやお母さんとおふろに入って洗いっこしてるお子さんまで、きっと喜んでもらえると思います。
すっかり成長して、一緒に入ってくれなくなったお子さんをお持ちの方には、うちの子供もこうだったなぁ、なんて懐かしんでもらえるかもしれません。

おふろだ、おふろだ! (くまくんの絵本)
おふろだ、おふろだ! (くまくんの絵本)大友 康夫

おすすめ平均
starsお風呂入りたくなる
stars子供が一緒に声を出して読んだ
stars日常の出来事だけど・・・。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 22:00 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

「ぼく、だんごむし」

今回は特別企画で絵本をお届けします。
悠真も大好き、なぎ君(和樹くんの宝箱の主人公)は飼い始めたという「ダンゴムシ」のお話です。

「ぼく、だんごむし」
得田 之久 作     たかはし きよし 絵
福音館書店

やあ! こんにちは。僕のことなんだかわかる? 僕はだんごむし。
から始まる、だんごむしの視点からだんごむしの生態を描いた絵本です。

だんごむしは子供たちにはとても人気のある「むし」ですが、生態は意外と知られていません。
「むし」と名付けられていますが、分類上は「むし」ではないこと、田舎よりも、都会に多く住んでいること、主食は落ち葉で、新聞紙やダンボールもたべ、ときどきコンクリートや石を食べないと生きていけないこととか皆さん知ってましたか?
私はもちろん初めて知りましたし、もうビックリです!
だんご虫の知られざる食生活、排泄など内容もかなり興味深く、はじめて、だんごむしの世界がみえてきました。

写真でなく絵なので虫が苦手なお母さんも、この絵本ぐらいは読めるのではないでしょうか?
この絵本をお子さんと一緒に読めば「だんごむし」ぐらいは大丈夫になるかもしれませんよ!

ぼく、だんごむし (かがくのとも傑作集)
ぼく、だんごむし (かがくのとも傑作集)たかはし きよし

おすすめ平均
stars冬は仲間と過ごしたい・・・
starsだんごむしが好きになる。
stars身近な存在
stars身近な虫
stars寝る前の一冊にとても心地いい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 23:49 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

「かばくんとおとうさん」

来週は父の日。ちょっと小さい子向きの絵本ですけど、お父さんとこんなことできたら楽しいだろうなという絵本を紹介します。

「かばくんとおとうさん」
ひろかわ さえこ 作・絵    あかね書房

きょうは日曜日。
おかあさんがおでかけして、おとうさんと2人きりでお留守番することになったかばくん。
でも、なかなか起きないおとうさん。
おなかがすいたとお父さんを起こしてお昼を作ってもらいます。
かばくんも手伝って、大きいの、小さいのといろんなおにぎりを作りました。
するとおとうさんはなにやら思いついて、新聞にシーツに洗濯ばさみをもって庭へ。
さぁ、おとうさんは何をしようとしてるんでしょう。

子供は特別なご馳走がなくても、お母さんと一緒に作った、お父さんと一緒に作った、なんてことで、おにぎりだってご馳走に早変わり!
それに、お父さんのアイデアで楽しく食べられたら言うことなし!

お出かけしたり、特別なことをしなくても、ちょっとしたアイデアで子供を喜ばせることが出来るんだと、気付かせてくれる絵本です。
仕事で忙しいお父さんも気負わずに。

父の日にお父さんも読み聞かせの輪の中に入ってもらってはどうでしょう。

かばくんとおとうさん


かばくんとおとうさん (かばくん・くらしのえほん)
ひろかわ さえこ
4251001257


この本は現在入手困難になっていて、上のリンクをたどっても表示されないかもしれません。ですなのでお近くの図書館で探してみてください。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 21:15 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

「もりのなか」

今月は先月の母の日特集に続いて、父の日特集をお届けします。
最初は、お父さんが主役ではありませんけど、こんなふうに受け止めてくれたら子供は嬉しいだろうなと思う絵本です。

「もりのなか」
マリー・ホール・エッツ 文・絵   まさき るりこ 訳
福音館書店

紙の帽子をかぶり、新しいラッパを持って森へ散歩に出かけた男の子。
すると、髪をとかしてライオンがついてきたり、水浴びしていたゾウが耳を拭いて、靴を履いてついてきたり、次々と動物達が集ってきました。
みんなでピクニックしたり遊んだり楽しく過ごしていました。
でも、男の子がオニになってかくれんぼをしていて、振り返ると動物達はいなくなり、お父さんの姿が。
お父さんが心配して探しに森へやってきたのでした。
お父さんは
「きっと、またこんどまで まっててくれるよ」
と一言。
このことばが 子どもをどれだけ安心させたことでしょう!
「またきたとき さがすからね」
と男の子はこの世界を大事に持ち続けて、肩車してもらって帰ります。

お父さんの何気ない姿がいいですよね。
息子の話す空想の世界を、否定せず、笑わず、無視せずに、しっかりスマートに受け止める。
簡単に出来そうで出来ませんよね。
この機会に、お父さんがお子さんに読んであげてみてください。

日本語版の初版が1963年と半世紀近く読み継がれている古典的絵本です。子へ、孫へと3代に渡って読まれている名作絵本です。

もりのなか (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
もりのなか (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)まさき るりこ

おすすめ平均
starsまさに子供の頭の中
stars一番好きな本でした
stars森の静けさに包まれながらストーリーが展開していきます
stars心地よいリズムが眠りをさそう
stars子どもが喜ぶ本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
本日の出会いに感謝!

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
posted by ブドリ at 22:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする