引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年06月28日

アリの巣

雫を見て、花を見てきましたが、今度はもっとしたの地面を見てみることにしましょう。というわけでアリの巣をお届けします。すべてクロオオアリの巣だと思います。
なるべくアリの姿は写らないようにしましたが、少し写っていますので虫が嫌いな人はご注意ください。

固められた土を掘り起こしアリの巣を作っています。巣の片側に口で固めて丸くなった土の塊で土塁を築いています。マウスオンで違う向きをご覧下さい。


ここも片側に積んでます。
アリの巣


このアリの巣も一箇所開いてますよ。マウスオンでどうぞ。


このアリの巣は木の根元で巣の周りに高く積まれていました。入り口は並んで二つありました。この巣の近くではダンゴムシを運ぶアリの姿がありましたよ。マウスオンでどうぞ。


いろいろなアリの巣をドドーンと!
アリの巣1 アリの巣2

アリの巣3

アリの巣4 アリの巣5


体の何倍もある深さの巣をつくり、取り除いた土で蟻塚を築く。人がやろうと思ったらひどく大変なことなのに、口先だけでやるんだから凄いことです。

「蟻達が 右へ左へ 急ぎ足」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
タグ: アリ
posted by ブドリ at 23:03 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

虫たちの息吹

梅雨の晴間、夏のような日差しが照りつけてきましたね。
梅雨時の花もたくさん咲き始め色とりどりの表情を見せてくれていますが、夏の表情は花だけでなくその花たちの周りで命を育む虫たちもいろいろな表情を見せてくれます。今回はそんな虫たちをお届けします。

ナツアカネでしょうか。ハナショウブの周りを飛び回っています。
蕾に止まって咲くように呪文を唱えているのか?
花に止まってお見合いをしているのか?
マウスオン・クリックでご覧下さい。


「ひらけゴマ 呪文唱えし 夏茜」


ネムノキの花を撮影していたらクロアゲハが私を写してと飛んできました。このチョウは蝶々夫人? マウスオンでご覧下さい。


「夏蝶の 優雅な舞に 涼感じ」

「夏蝶の 扇ぎし風に 涼求め」


ネムノキの花はてんとう虫をひきつけるようで、あちこちにてんとう虫が止まってましたが、その中に交尾をするてんとう虫が・・・マウスオンでご覧下さい。

「てんと虫 今日は晴だと みなに告げ」


そして、モンシロチョウの交尾です。

ちょっと一言

下の4枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
カップリングが成立しましたよ 交尾しながら飛んでますよ! 紫陽花の葉に止まって交尾してます。 またまた、交尾したまま飛んでる!下のチョウは羽ばたかないんだ!


コメントが見られない方のために
1.カップリングが成立しましたよ
2.えっ!交尾しながら飛んでますよ!
3.紫陽花の葉に止まって交尾してます。
4.またまた、交尾したまま飛んでる!下のチョウは羽ばたかないんだ!

いやぁ、いろんな偶然の出会いがありますね。どの虫も生きていくことに一生懸命だから、か弱そうに見えても力強さを感じるのでしょうね。


次回、三度目のドクターイエローをお届けします。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:36 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

初蝶

週末はとても暖かかったですね!お花見終盤の暖かさとか。
これでどんどんソメイヨシノの蕾も成長して行くことでしょうね。

そんな週末、皇居東御苑で今年初めて蝶を見ました。モンシロチョウではなくてツマグロヒョウモンという一見して蛾に見える蝶です。
蝶が見られるようになって、春も飛んできましたね。

ヒラヒラと舞って、まだ茶色い芝生の上に止まりました。マウスオンでどうぞ。


すっかり花茎が伸び、とうが立った状態の蕗の薹の花にツマグロヒョウモンが止まりました。ここまでになっては人間の口には入りませんが、花の蜜がチョウ達の大事な食料となるんです。マウスオン・クリックでどうぞ。


「風に乗り 初蝶舞って 夢も舞い」

「とうが立つ 我の前にも 蝶来る」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:33 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

カエル ぴょこぴょこ

まず最初に注意事項です。
今回の記事はタイトルを見ていただけばわかる通り、好きな人にはいい写真なのですが、嫌いな方には耐えられない写真かと思われます。ですので嫌いな方は十分にお気をつけ下さい。
それでは深呼吸をして先をご覧下さい。

啓蟄を過ぎると暖かで穏やかな陽気が増えてきましたね。
ところで皆さん、知ってますか?
「啓蟄(けいちつ)は二十四節気の1つで3月6日ごろ。そして、この日から春分までの期間のこと」なんですよ。さらにこの期間を3つに分けた七十二候ではそれぞれの期間を次のように呼びます。
初候
蟄虫啓戸(ちっちゅう こを ひらく):冬蘢りの虫が出て来る(日本)
桃始華(もも はじめて はなさく):桃の花が咲き始める(中国)
次候
桃始笑(もも はじめて わらう):桃の花が咲き始める(日本)
倉庚鳴(そうこう なく):山里で鶯が鳴き始める(中国)
末候
菜虫化蝶(なむし ちょうと けす):青虫が羽化して紋白蝶になる(日本)
鷹化為鳩(たか けして はとと なる):鷹が郭公に姿を変える(中国)

そろそろ心の準備が出来ましたでしょうか?
それではいきますよ。小石川植物園で撮影したヒキガエル(通称ガマガエル)の様子をどうぞ!

カエル池の中で蛙たちが活発に動き始めていましたよ!
あちこちで鳴き声も聞こえましたし、夜はこれからもっと賑やかになるのでしょうね。


今がまさに繁殖期!あっちでもこっちでもペアリング中!
メスの奪い合いを蛙合戦(かわずがっせん)って言うんですよ。
マウスオン・クリックでどうぞ!


ペアリングした後に残されるものは・・・
この木が映っている水面の下にはたくさんの卵塊の紐が!
見るのは気をつけてください。マウスクリックでどうぞ。


この黒い一つ一つが卵。一体いくつ詰っているんでしょうね。そして、いくつの卵がちゃんとカエルにまでなれるのでしょうか。厳しい生存競争が待ってるんです。嫌わないであげて。
卵塊


「賑やかに 蛙合戦 始まれり」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
タグ: カエル
posted by ブドリ at 23:04 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

スズメと戯れて

今回はスズメちゃん達と戯れてみました。

私がベンチでお昼を食べてたら周りでスズメ達があらわれて・・・

「俺のおこぼれ貰おうとしてんの?」
「バカにすんなよ!僕達はちゃんと食べてるよ。だから・・・」
この後はマウスオンでどうぞ。


「君も欲しそうだねぇ。」
「俺だってちゃんと食べてるよ!だからあんたが食べてるの・・・」
マウスオンでご覧下さい。


「みんな、何やってるの?」
スズメ


「え?何って?
この人間さんがさぁ、私達がおこぼれを欲しがってるんだろって言うんだけどさぁ。」
マウスオンでどうぞ!


「そうそう、言いがかりもいいとこだよ。でも、僕達には・・・」
マウスオンでご覧下さい。


「言いがかりつけてゴメンよふらふら


「右左 雀戯れ 春日和」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
タグ: スズメ
posted by ブドリ at 23:29 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

サル山の1日

昨日に引き続き、井の頭自然文化園で撮影したアカゲザルの模様をお届けします。

アカゲザル1「どうした?何か悩み事があるのか?」
「この子が無事に大きくなってくれるか心配なの。」
「力を合わせればきっと大丈夫だよ」
「そういってくれると嬉しいわ!」


アカゲザルの親子「早く暖かくなるといいわね。」
「うん。でも寒くても大丈夫だよ」
「強くなったわね」
「ママと一緒だからだよ」
「この子ったら」


アカゲザルの子「寒くたってへっちゃらだ〜い!」
「子供は風の子だも〜ん」


アカゲザル2「慌てないでのんびりいきましょうよ」
「家族肩寄せ合ってね」
「それが一番だよ」


「マッサージ気持ちいいでしょ?」
「ふぁ〜、眠くなってきちゃったよ」
「なんだよ!二人の邪魔するなよ!ウキー!」
マウスオンでご覧下さい。


アカゲザルと親子子供は可愛いですよね。
それは人間もサルの世界もおんなじこと。
時にはギュッと抱きしめて


「佐保姫も 尊き命 見守れり」

「佐保姫の 優しき心に 包まれて」


佐保姫:春をつかさどる女神

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


posted by ブドリ at 23:40 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

居眠り

「春眠暁を覚えず」というにはまだちょっと早いですけど、陽射しがあると暖かさを感じられることもあって、春近しですね。
まずは全文をどうぞ

孟浩然  五言絶句  春暁

春眠不覺曉 處處聞啼鳥 夜来風雨聲 花落知多少

春眠暁を覚えず  処処啼鳥を聞く
夜来風雨の声 花落つること知りぬ多少ぞ

春の心地よい眠りのため、明け方が来たのがわからない。
あちらこちらで鳥が鳴くのが聞こえる。
夕べは雨や風の音が聞こえた。
どれだけの花が散ったのかわからない。

それでは井の頭自然文化園で撮影した居眠り写真をどうぞ。

ちょっと一言

下の4枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
アライグマ みんな仲良く固まって マーラ もう起きる?マーラだよ ホンドギツネ 襟巻きじゃないよ ホンドタヌキ 狸寝入りじゃないよ

コメントが見られない方のために
1.アライグマ みんな仲良く固まって  2.マーラ もう起きる?マーラだよ
3.ホンドギツネ 襟巻きじゃないよ  4.ホンドタヌキ 狸寝入りじゃないよ

パート2です。

ちょっと一言

下の4枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
アカゲザル 家族一緒でござる ニホンリス まだまだ寒いのね フェネック 星の王子様はどこかなぁ? ヤクシカ しかし眠い

コメントが見られない方のために
1.アカゲザル 家族一緒でござる 2.ニホンリス まだまだ寒いのね
3.フェネック 星の王子様はどこかなぁ? 4.ヤクシカ しかし眠い

「穏やかに 眠りを誘う 春日和」


悠真霊長類ヒト科 悠真

今度おじちゃんは何買ってくれるのかなぁ?
むにゃむにゃ。

何が欲しいの〜わーい(嬉しい顔)
吹いても吸っても音の出るラッパか?


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:49 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

猫の日

2/22は 2(にゃん)2(にゃん)2(にゃん)ということで猫の日だそうです。
とうわけで猫の登場です。私の一番苦手とするものですが^^;

猫ひょっとして水に映ってる自分を見つめてる?
猫もナルシスト?
違う違う「ニャ〜ルシスト」かな?

本当はね・・・
次の写真をご覧下さい。


右下の池の中にいる鯉を狙ってるようなんです。動くたんびに顔を動かして見つめてました。
狙う猫


「池の鯉 猫も狙いて 水温む」


猫は苦手ですがちょっとかっこよく撮影してあげました。


ちょっと一言

下の4枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
大人しく向こうむいててね ちょっと待て!まさかこっち向くの? わっと!目を合わせないようにと! こういう姿は凛々しくていいよぉ!


コメントが見られない方のために
1.大人しく向こうむいててね
2.ちょっと待て!まさかこっち向くの?
3.わっと!目を合わせないようにと!
4.こういう姿は凛々しくていいよぉ!

「陽射し浴び 背を伸ばす猫 春兆す」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り

タグ:
posted by ブドリ at 23:45 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

ダイサギ

2/5に代々木公園で撮影したダイサギをお届けします。

久し振りに動物が語るシリーズです。
ダイサギ1全くよう、いちゃいちゃしやがって。
いい加減にしろってんだ!


「隣り合う 二人の横でも 春寒し」

「ヤキモチを 焼いてもまだまだ 寒き春」


ダイサギ2ちっとは噴水でも見ろよ。
俺は珍しくないけど、なかなか羽の色は綺麗だろ?え?どうだ?


ダイサギ3まったく、やってらんないよ!
もう勝手にしておくれ!


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
タグ: サギ
posted by ブドリ at 23:04 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

ユリカモメ

今回は1/19に上野不忍池で撮影したユリカモメの姿をお届けします。

その目線の向こうに待つものは・・・
ユリカモメ



「眼差しで 何を見据えん ユリカモメ」


孤高のユリカモメ
孤高のユリカモメ


夕陽の中にたたずみ何を思うかユリカモメ
夕陽のユリカモメ


「都鳥 たたずむ池に 夕陽さす」


いざ飛び立たん!
飛び立つ


「いざ飛ばん 目指す彼方へ 都鳥」



参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
タグ:ユリカモメ
posted by ブドリ at 23:56 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(1) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

ゴイサギの首

ゴイサギを掲載したらゴイサギは首をすくめて背中が丸い?
そんな声が聞こえてきました。
本当にゴイサギの首はどうなっているのでしょう?

歩いている様子をマウスオン→クリックでご覧下さい。

首を前に出したり引っ込めたりしてバランスを取りながら歩いているんです。

水中の餌を取る時は・・・
マウスオン→クリックでご覧下さい。
首を勢いよく伸ばして狙います!


ゴイサギは普段は首を折りたたんでいるんです。餌をとるときなどに素早く伸び縮みさせているんですよ。
スゴイもんです。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
タグ:ゴイサギ
posted by ブドリ at 23:58 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

ゴイサギ飛翔1

前回予告したとおり、ゴイサギの飛翔をお届けします。
ゴイサギは夜行性なのであまり明るい時間帯は動かないのですが、夜が明けたばかりのこの時間はまだ餌を探して動き回っていて池の上を飛んで移動してくれました。

よく見ていると飛ぶ時がわかるんですよ。
餌を探して水面を見てるかと思うと、ふと顔を上げて1点をじっと見るんです。そう、飛ぶ場所の確認をしてから飛ぶんです。

枠内にマウスを載せると止まり、どかすと動き始めます。



ゴイサギ飛翔

ゴイサギジャンプ



餌を探していると思ったら




急に頭を上げてじっと見ていました。すると・・・




素早い動きの飛びはじめです。!




翼を動かしての飛びはじめです。




あっと!思ったより速かった!




翼を広げた姿は綺麗です




着地態勢に入って足を前に出しています!




着地しますよ!あらよっと!!




もう餌を探しています。「餌はどこかな?」



続きましては小飛行です。

ちょっと一言

下の4枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
最初の写真に戻るには上の写真をクリックして下さい。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
ジャーンプ! ヨッコラセ! おっとっとっと! やれやれっと!


この後、池の周りを動き回って、木の上のほうに飛んでいったのですが子の様子はまた次回。

「飛ぶ鷺の 姿追いかけ 寒さ飛ぶ」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
続きを読む
posted by ブドリ at 23:51 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

ゴイサギ

今回から数回、鳥シリーズになります。

第1回はゴイサギです。
今回紹介するゴイサギはいつも訪れる某公園(珍しくはない鳥ですが、ようやく棲みついたばかりでそっとしておきたいので場所は伏せておきます)に、元旦の日に始めて対面しました。それから足しげく通っているかいないか確認の日々。
そして14日・成人の日の早朝から出向いて確認に行き、明るくなると共に撮影を始めました。
この鳥は夜行性なのであまり明るくなると茂みの中などに隠れてしまうので短時間の勝負でした。

池の真ん中にある朽木にじっと止まっているのがゴイサギです。
五位鷺


一羽しかいないので後姿が寂しそう? マウスオンでどうぞ。


「一人身の 姿寂しき 冬の池」

サギの後姿と一人身の私の姿を掛けてみました。

池の周りを歩き回って池の中に餌を探し回ってます。
ゴイサギ


池の中をちょっと飛んだりして移動しているうちに徐々に近くに!
マウスを載せた写真が最接近で1.5mあるかないかの距離です。


ゴイサギ後姿ゴイサギ(五位鷺) コウノトリ目サギ科
英名 Black-crowned Night Heron
ゴイサギはサギの中でも鷹などの猛禽類に似た顔をしてます。
写真を撮るのに夢中になっていると、水路脇の茂みの中から野良猫が接近してきていました。思わず猫を威嚇するとゴイサギが驚いて飛んでしまいました。


その飛んだ姿がこちら。
ゴイサギ飛翔


「飛ぶ鷺の 後ろ髪引く 冬の池」


次回はゴイサギが飛ぶ姿を追いかけた写真をお届けします。

昔を振り返ると、去年の2月7日に井の頭公園で撮影したゴイサギを載せていたんです。ほぼ1年たって載せるというのは考えることが同じサイクルなんでしょうか^^;

ついでにその記事で載せていた豆知識をここでもう一度
醍醐天皇が、神泉苑の池にいたこの鳥を見つけ、捕えるように六位の者に命令じ、その者が近づいて「帝の命なるぞ」と鳥に言ったところ、逃げることなく、大人しく捕らえられた。そこで天皇は、勅命に逆らわず神妙であると、褒美に五位の位を賜わり、それ以来、五位のサギ、五位鷺と呼ばれるようになったそうな。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:55 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

烏の行水

今回は今まで見ていただいた代々木公園の噴水の脇にいた烏の様子をご覧下さい。

枠内にマウスを載せると止まり、どかすと動き始めます。



烏の行水

烏は冬でも行水中!




バシャバシャバシャ!




跳ね上げた飛沫がキラキラ輝いています!




あ〜さっぱりした!




身なりを整えて、と。




一丁上がり!






「冬なんて 関係ないさと 行水中」

「おぉ寒い 行水をはや 切り上げて」


これはおまけ
太陽を洗う噴水と題して写真を撮ってたら上手い具合に烏が飛び込んできました。
太陽を洗う噴水


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
タグ: 行水 輝き
posted by ブドリ at 23:10 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

鳥撮り

今回は鳥の詰め合わせです。でも、よく見かけるけどあまり撮影しない鳥ではないでしょうか?そんな鳥さんに注目です!

カワウ(川鵜)
カワウカワウは羽を広げているのをよく見かけます。これは羽の撥水性がよくないためぬれた羽を乾かしているそうです。
近年、カワウは減少から増加に転じ、あちこちで糞害が見られるようになりました。でも、糞害で憤慨しているのは人間ですが、生息地を追われ減少の憂き目を見、わずかな希望を見出し増えてきたカワウの方が憤慨してるかもしれません。


カワウの糞でも、糞はすごいですよ。白くなっているのが糞の後です。遠くからでもその量の多さがわかります。この後、カワウが・・・


糞をした後に飛び立つカワウの様子をマウスオン→クリックでご覧下さい。


ハクセキレイ(白鶺鴒)
ハクセキレイ主に水辺に住みますが、水辺が近くにある場所ならば畑や市街地などでもよくみかけます。線路脇を歩き回っているのもよく見かけます。
そんなハクセキレイがトンボを捕らえてくわえていました。


くわえたトンボと戯れているようなハクセキレイをマウスオン→クリックでご覧下さい。
くわえてたら、うっかりトンボを落として大慌てで拾い上げて戻ってきました。


「とりどりに 鳥たち遊ぶ 暮の秋」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:57 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

秋のカワセミ

羊雲

11/4(日)の朝、見上げた空に広がる羊雲に誘われて出かけた林試の森
待っていたのは素敵な景色だけでなく、瑠璃色の宝石まで待っていてくれました。

まだ紅葉の進まない林試の森の中を歩き回り、そろそろ帰ろうかと池の脇を通り抜けようとした時、チィチィーという聞き覚えのある甲高い鳥の鳴き声が!この鳴き声は・・・
マウスオン→クリックでカワセミが飛ぶところをご覧下さい。
カワセミの写真はトリミングしています。


チョコチョコと石の上を飛び回っていました。
カワセミ


ちょっとずつ遠くに行って、ついには飛んでいってしまいました。マウスオンでどうぞ。


「朝の池 紅葉探して 瑠璃が飛ぶ」


ちなみにカワセミは宮沢賢治の童話「やまなし」に登場します。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 22:13 | 東京 🌁 | Comment(9) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

V字飛行

まだまだ続く多摩川リバーウォークシリーズです。
今回はダイヤモンド富士を撮る前に空を見上げていて撮影した鳥のV字飛行です。

その前に鳥達の編隊飛行をどうぞ。
上の2編隊は鵜で、下の白い鳥の群れはサギの群れのようです。
編隊飛行


それでは太陽の方向からやってきて遠ざかっていく鵜のV字飛行をご覧下さい。
V字飛行


折角なのでもうちょっと編隊飛行の写真をマウスオンでどうぞ。


「家目指し 鳥が群れ飛ぶ 秋の夕」

「文字描き 鳥飛ぶ姿も 秋の遊」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
タグ:V字
posted by ブドリ at 23:58 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

サルの親子

再び9/1に撮影した井の頭自然文化園のサルの親子の登場です。

さてこの親子はどんな会話をしてるんでしょうか?
アカゲザル


始まりがわかりにくいのでじっくりとご覧下さい。
枠内にマウスを載せると止まり、どかすと動き始めます。



アカゲザルの親子

サルの親子の会話ですよ




「こっちにおいで」「今行くから待っててね」





「大丈夫なの?」「何とか大丈夫」





「大丈夫だった?怪我ない?」「うん、大丈夫!」





「本当に大丈夫なの?」「大丈夫だってばぁ」





「本当に本当に大丈夫なの?」「うん、大丈夫!」





「心配かけないでよ。」「それはどうかな?」




「もう、この子ったら〜」「ごめんなさい」




「秋だけに 留まることなし 親子愛」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:46 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

ナミアゲハ

キバナコスモスの咲く野には、たくさんの人間が見学に訪れるばかりではなく、たくさんの命達が飛び回っています。それは昨年の「キバナコスモス2 飛び交う」でも紹介しました。

今年も同じように飛び交い、跳ね回っていましたが、その中でも特に1組のナミアゲハを見つけました。

ナミアゲハ1ナミアゲハのオスとメスが一組キバナコスモスの中に隠れています。
見つけられましたか?


ナミアゲハ2オスとメスが仲良く飛び回っているように見えますが、実はオス(白っぽい)がメス(黄色が強い)を追い駆け回って着地するように迫っているんです。
やっぱりこれぐらい情熱的にならないとダメかぁ・・・


ナミアゲハ3上手く仲良くなれたのかな?


ナミアゲハ4うまくいったみたいですね。仲良く飛び回ってますよ。


その後、くっついたり離れたりしながら、空高く舞い上がり、庭園の外の方まで飛んで行きみえなくなりました。
ナミアゲハ5

「睦まじく 空に溶け込む 秋の蝶」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:45 | 東京 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

親子それぞれ

またまた、井の頭自然文化園のお猿さんの写真に戻らせてもらいます。
前回はおっぱいをあげているところの特集でしたが、今回は親子に焦点を当ててちょっと数枚。

サルも人も抱っこされたいのね〜
アカゲザル親子1


お母さんはいつも一生懸命に守ってるのよ。
母子


子供は無邪気な〜のだ〜
親子


親子の肖像親も楽じゃないんだよ〜

でも、子供が喜んでくれればこんなことぐらい!

そうですよね。


おまけ

アカゲザルみんなを羨ましそうな顔で見つめる私

「みんな、いいなぁ」


「秋の日に 親子の姿 身に沁みて」


台風が久し振りに東京を直撃の模様で、我が家も暴風域に入ります。進路にあたる地域での被害が出ないことを祈ります。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 22:24 | 東京 ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする