引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2006年09月19日

雲流れる

今日も訪問していただきありがとうございます。


今日は午後からはすっきりとしない天気になってしまった。
でも、いい雲見つけた。

雲のすきまに青空発見!名づけて「雲の穴!」
DSC02290.JPG

<α100>


薄い雲が列を成して次から次へと流れていきます。名づけて「行列の出来る雲」
まだまだ台風の影響が見られるようです。
DSC02311.JPG

<α100>



車が走るように、季節も走り、一雨ごとに秋が深まっていくのを感じますね。
DSC02332.JPG

<α100>


「雲流れ 一雨ごとに 秋めいて」


scudding cloud
every time it rains
show signs of autumn


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:16 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

ガーデンプレイス

今日は5時前に家を出て、いい空はないかと歩いているうちに気が付けば目黒を過ぎ、恵比寿に到達。つい、ガーデンプレイスまで歩いてしまった!
ガーデンプレイスタワーから写真をと思ったのですがいまひとつ。
というわけで夕方のガーデンプレイスの写真をちょっとだけ。
今日は雨が上がっても台風の影響かちょっと風があって気温が上がりませんでしたね。

R0020530.JPG 今日撮影したのは三越前にあるオープンデッキのところ中心です。
 なぜって?
 人が多いガーデンプレイスにあってここだけは人が少ないし、他に写真撮ってる人もいないからのんびり撮影できるんです。
 <GR-DIGITAL>


DSC01814.JPG シャトーレストラン ジョエル・ロブション
 この写真を一番最初に撮影。上の写真が最後なんです。
 <α100>


三越前のデッキを右からと左からです。マウスを乗せてご覧下さい。<α100>


R0020528.JPG 夕暮れのガーデンプレイス
 これからもっと人出が多くなるでしょう。
 そうなる前に私は退散。
 ガーデンプレイスの周りでも虫が鳴き始めていました。
 <GR-DIGITAL>

「ビールより 虫の声だと 風が吹く」


when autumn wind blows
insect sounds
better than beer


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 22:37 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

水滴キラキラ!

天気の悪い日が続きますね。
そこでほんのちょっと前に撮影した水滴の写真を掲載します。

雨の後に日が照り始めた時の写真です。
マウスを乗せて見て下さい。ちょっとフォーカスをずらしてみました。
宝石が散りばめられていました。


萩の葉の縁にきれいに並んだ水滴です。
DSC01304.JPG

しっかりと萩の葉も水滴を捕まえてます。
でも、もうちょっと大きく撮ればよかったですね。

「萩の葉も 雨粒ドレスで おしゃれして」

bush clover leaf
dress up in raindrops
like a diamond


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
タグ:水滴 ハイク
posted by ブドリ at 22:50 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

秋雨前線

暑い暑いといってたら、あっという間に秋雨前線の真っ只中にいる日本です。
間違いなく季節は動いていると実感させられますね。
今日の写真は身軽にGR-DIGITALで撮影しました。

R0020490.JPG いつもの林試の森公園です。
 晴れていれば人で賑わっているのですが、この雨ではひっそりとして雨音だけが響いていました。
 そういえば、あれだけ賑やかに鳴いていたセミ達が今日は静かでした。
 もう、夏ともお別れなのですね。


R0020491.JPG 夏落ち葉も秋雨に濡れ、過ぎ行く夏を惜しんでいるのでしょうか


「秋雨に 追われて終わる 蝉時雨」

autumn rain
cicada's chorus
changes position


初の試みで英語ハイクにしてみましたが意味通じるのでしょうか?
英語に詳しい方、ご意見下さい。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:20 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

虹色

今日は目黒に行く用事があったのでそのついでにナンバンギセルが咲いている自然教育園によって撮影をしたのですが、ちょっとズームで遊んでしまいました。
だって、ズームで遊びやすいのが一眼レフなんだも〜ん。
ほんと今回の写真はα100のおかげです。
ナンバンギセルの写真は次回お届けする予定です。

さて、いきなり問題です。
宙に浮かぶたくさんの宝石は一体なんでしょうか?
DSC01131.JPG

ちょっと近づきますよ。
まだまだ、たくさんの宝石が輝いています。
DSC01135.JPG

さらに近づきますよ。
DSC01136.JPG
どうですか?わかりましたか?

それでは答えです。と、言いたいところですが、ここでその写真を見せると気絶する人が出る恐れがあるので答えは一番最後に。次の写真を見ていただければなぜかがわかりますけど。

それではパート2
またまた輝く宝石です。一体なんでしょう。
DSC01231.JPG

これで大体わかりましたね。
DSC01234.JPG
ご覧のとおりのクモの巣でした!

くもの巣と太陽が織り成す芸術をちょっとばかし覗かせて貰いました。

それではパート3、パート4はマウスオンで!
パート3は横糸に注目バージョン!


パート4は縦糸に注目バージョン!夕陽に輝くクモの巣、題して「花火」


「初秋の 森に宝石 ちりばめて」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
最初の答えはこちら。見たい人だけどうぞ。
タグ: 蜘蛛の巣
posted by ブドリ at 22:47 | 東京 ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

東京タワー

久し振りに東京タワーの下まで行きました(でも登ってません)。
登ろうかと思ったけど時間なかったし、観光客が多かったですからね。

R0019722.JPG

お隣の芝 増上寺からお決まりの光景です。手前が増上寺大殿、奥が安国殿です。
雲はまだ夏ですね。

R0019772.JPG

流れる雲を遮って二つに引き裂いているような東京タワー。
ひょっとして夏と秋の線引きをしてるのか?

R0019755.JPG

やっぱり雲を遮ってる。
今日は処暑だ!ということは暑さの線引きをしようとしているのか?
それにしても暑いよ。日向にいると耐えられない!

「処暑の空 二つに分ける 高き塔」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
タグ:東京タワー
posted by ブドリ at 22:31 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

雨の日には雨の

台風の影響で連日晴れなのか曇りなのか雨なのかめまぐるしい天気が続き、ただただ蒸し暑い日々です。
そんな天気の不安定な日にはそれなりに楽しみましょう。
今日の写真は、昨日、目黒の自然教育園で撮影したものです。

雨上がりといえば水滴ですね。というわけで
R0019324.JPG
 ヤブマオの花穂についていた雨だれです。
 必死にしがみついているのか
 花穂が放さないのか



蜘蛛の巣にのっかっている雨だれをマニュアルで焦点をずらして虹色観察


ちょっとだけ顔を出した太陽に照らされて虹色蜘蛛の巣(のはずだったのに)
R0019393.JPG

見たときはもうちょっと虹色だったのですが、雲が流れて太陽が見え隠れするので写真に撮ると難しいですね。

「夏雨に 虹を求めて 野を歩く」 


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
タグ:虹色 水玉 水滴
posted by ブドリ at 21:59 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

影との対話

朝から激しい雨が降ったり止んだりしていた東京。昼過ぎにはほぼ台風の影響圏から抜けた感じで静かな午後となりましたが、写真撮影する余裕がなかったので最近撮りためていた写真から選びました。

ここのところ太陽の光による自然の芸術が続いています。
今回は太陽による一つの創造物「影」をテーマにお届けします。

1.「藻に乗る自分」
P6270119.JPG
 旧浜離宮恩賜公園の心字池で撮影
 池を見たらちょうど藻に乗る自分がいた
 気持ちさえあればどこにでもいけるのかもしれない


2.「見送る影」
R0017861.JPG
 横浜港大桟橋で飛鳥Uを見送った後
 いったい自分は何を見送ったのだろうか


3.「涼しげな影」
R0017959.JPG 等々力渓谷で撮影
 都会のオアシスで涼む自分と影
 暑くて水浴びしたい気分
 水浴びしたいのか?本当は何がしたいんだ?


4.「高所の影」
R0018028.JPG 東京都庁南展望室で撮影
 都内で無料でいける最も高いところの影 その1
 どうしたら自分は高いところへいけるのか


R0018040.JPG 東京都庁北展望室で撮影
 都内で無料でいける最も高いところの影 その2
 どうしたら自分は高いところを飛べるのか 


こうして振り返ってみると、自分の影は小さいなぁ。
背中は物語るじゃないけど、影も物語ってるなぁ。
自分で見ると楽しそうな影ではないなぁ。
そういえば楽しくて撮ってなかったなぁ。
何か心に痞えている状態で撮ってたなぁ。
いつか自分の影を楽しく撮れるのだろうか。
いつか自分の影が大きく見える日が来るのだろうか。
大きく見えるようになるために努力するべきことが先か。
でも、影はいつもそばにいてくれるんだよね。
共に大きくなろうな。なぁ、影くん!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
タグ:
posted by ブドリ at 22:07 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

豪華客船 飛鳥U その3 船出

ちょっと間が開いちゃいましたけど飛鳥Uの第3回!
出航する飛鳥Uの様子をご覧下さい。

横浜港大桟橋を離れ、小さなタグボード1艘に曳航されて進み、向きを変える飛鳥2です。その行く手には・・・
今回は外にアルバムを作成しましたのでそちらでスライドショーでご覧下さい。
http://photo.thi.jp/v/20060608/asuka2/
追加情報を表示、ディレイ3秒、最大サイズ640×640がお薦めです。
下の写真をクリックしてもアルバムのページが開きます。
asuka001.JPG


飛鳥Uは今回で終了です。

「橋越えて 漕ぎ出す先は 夏の海」
 

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ
posted by ブドリ at 23:22 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

ちょっと一涼み 等々力渓谷

(一部追加しました)

連日の猛暑!
あまりに暑いのでちょっと涼めるところへ。

日の当たるところに較べ、渓谷のせせらぎはちょっと涼しか。

R0017941.JPG

 樹上は強烈な日が当たっているのに、木々に覆われた渓谷は気温が低めで気持ちいい!

R0017979.JPG
 日陰になっている穏やかな水面が鏡のようになり、木々の緑が鮮やかに映って、気持ちよさが増します。


ここからはせせらぎの陽だまり四態です。下の4枚の小さな写真にマウスを乗せると上に表示されます。


せせらぎの陽だまり1せせらぎの陽だまり2せせらぎの陽だまり3せせらぎの陽だまり4


「街逃れ 渓谷に避暑 たずね行く」
「道行けば 暑き町の横 水涼し」


ネネムさんが等々力渓谷の素晴らしさをコメントに記入してくれました。
素晴らしい観光ガイドになっております。
是非こちらもご覧ください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
タグ:等々力渓谷
posted by ブドリ at 23:07 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

豪華客船 飛鳥U その2 出航

豪華客船 飛鳥U 第2回です。
今回は出航時の様子をお届けします。

船の出港の風景は今もテープを投げるのですね。船の上ではビューティフルサンデーなどの演奏が賑やかでした。

「今やクルーズ客船の出港の際には欠かす事が出来なくなった紙テープですがこれを船の出港時に使い始めたのは日本人といわれています。1915年サンフランシスコで開かれた万国博覧会に日本の会社が商品を縛る為の紙テープを出展したところ、すでにリボンを使用する習慣があった為、売れ残ってしまった。それをサンフランシスコでデパート経営をしていた日本人が買取り、船の出港時に船上と岸壁の人をつなぐものとして売出したものが当たり定着するようになったといわれています。」
(海の言葉から引用)

周りの小さな8枚の写真それぞれにマウスを乗せると真ん中に大きく表示されます。
インターネットエクスプローラーであれば小さな写真にマウスを乗せておけば写真の簡単な説明が見られます。
見送りのテープをキャッチした私の手。テープの先は真ん中の女性私のテープの先はこんな感じさすが船員さんはテープを投げるのが上手い!出航の風景はいつでも同じ

見送る人と見送られる人出航! 離れたテープは海に夕陽に照らされ航海にみなとみらいを後にして楽しい未来へ

「船に乗る 写真を撮るも 夏休み」

「航海に 後悔せぬよう いこうかい」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ
posted by ブドリ at 11:08 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

豪華客船 飛鳥U その1

今日はちょいと野暮用で横浜へ。
横浜へ行ったついでだからみなとみらいまで行かなきゃ!と、足を運び、赤レンガ倉庫を抜けるとなんとそこには日本の誇る豪華客船「飛鳥U」が!
午後5時に出向するそうな!
聞けば秋田竿燈祭・青森ねぶた祭クルーズへ8/3〜8/9までだそうです。
値段は調べたところ 客室により28万〜120万だそうです。
というわけで飛鳥Uを何回かに分けて掲載する予定です。

今回は飛鳥Uについてを

まず、飛鳥Uについて(郵船クルーズHPより)
全長・全幅        241m×29.6m
総トン数        50,142t
定員一人あたりトン数 67.5t
航海速力       最高23ノット
販売客室数/乗客数    400室/720名
乗組員数         約400名



下の8枚の写真それぞれにマウスを乗せると上に表示されます。
飛鳥Uの全体像飛鳥U全体像2 さすがにでかい!飛鳥Uの文字にも風格が飛鳥Uを船首から きれいな顔してます
飛鳥Uにすればみなとみらいも陸の上のこと飛鳥Uに近寄るも大きすぎて入りきらないカモメも飛鳥Uの大きさに呆然飛鳥Uの船尾から 何階建てか数えてください
本当は大きく写真が表示されたら写真の説明も表示するつもりだったのですが未完成なので写真だけ楽しんでください。
おそらくインターネットエクスプローラーであれば小さな写真にマウスを乗せておけば写真の簡単な説明が見られると思います。

「夏の海 漕ぎ出す船は それぞれに」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ
posted by ブドリ at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

武蔵小山駅 地下化後1ヶ月

東急目黒線の武蔵小山〜西小山間が地下化され早1ヶ月。
使われなくなった線路やホームは今・・・

R0017644.JPG 奥のクレーンの付近が武蔵小山駅です。駅の付近ではすでに線路が撤去されているところも。
 ここはビルかバスターミナルになるんだったっけかな?



 マウスを乗せると逆側から見た駅舎が見られます。
 旧武蔵小山駅舎です。屋根もホームゲートも撤去され、階段も徐々に撤去が進んでいます。完全になくなるのも時間の問題です。


R0017650.JPGR0017652.JPG

 架線は撤去されているもののまだ線路が撤去されていないところも。
 このあたりも徐々に撤去されていくのです。ここは何になるのでしょうか。


マウスを乗せると夕陽を少しアップにした写真が見られます。
私の家から最も近い踏み切り跡地。この先が少し下り坂でその先が緩やかな上り坂で高い家がないので条件がいいと夕陽が見える私のなごみスポットです。
ここにはまだ隙間は埋められていますが線路があります。
この付近は公園か駐輪場か一体何になるのでしょうか。

「二度と見ぬ 夕焼け電車を 想い撮る」

「日も暮れて 思いにくれて 撮る線路」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ
posted by ブドリ at 22:13 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

水のカーテン 和田倉噴水公園

今日は東京駅近辺に行ったのですが、いろいろと当てが外れたため、和田倉噴水公園へ。
時間によって吹き上がり方が違うので、変化を眺め、写真はどう撮ろうかなぁとか、虹が見えないかなぁと歩き回って撮影ポイントを探したりしながら1時間ほど写真とってました。

R0017454.JPG 長さ30m、高さ5.5mの落水施設
 水が流れ落ちてきたり、水中からの噴水と切り替わったりいろいろな表情を見せてくれます。
 シャッタースピードを遅めにして水が流れている感じに撮影してみました。
 下からの噴水になると水が霧状に広がり絶好の虹撮影スポットに!
 下の写真にマウスを乗せて虹の拡大写真をご覧下さい。




R0017525.JPG 噴水の向こう側から覗いてみたら、こちらからも虹が!
 ついてるよ!

 「噴水に
   虹を求めて
     右左」


 
R0017535.JPG 霧状の時に裏側から公園を見てみました。


雲と戯れる高さ8.5mに吹き上げる中央の噴水を始めとする三基の大噴水
R0017585.JPG

R0017586.JPG R0017588.JPG

「噴上げの 水が雲止め 戯れし」

R0017590.JPG
 何で人間は
 そんなに噴水ごときに騒ぐのかね。
 大人しく見てもいいかもよ。
  まぁ、せっかくだから
 みんなも見にカモ〜ン
 なんちゃってね!

 「噴水を 
   眺める友は
     お前かも」



場所はここです。


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り

posted by ブドリ at 23:07 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(1) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

虹の向こうに 代々木公園

東京は久し振りに一面の青空!
この青空ならば空を撮るか、涼しげなものがいいと考え、渋谷に行くついでもあるからどっちの写真も撮れる代々木公園に早めに行っていろいろと撮影。
でも、昨日のレインボーブリッジの次はちゃんとした虹です。

1枚目。青空に吸い込まれていくような噴水。
噴水も久し振りの青空に気持ちよく噴き出しているようでした。
R0017184.JPG


この噴水といえば、以前も虹の写真(ぶらぶら歩記 代々木公園 虹色)を載せましたが、今回も虹です。
太陽の位置や風向きで虹の見える位置はちょっと違うんです。
マウスを乗せて見て下さい。虹の向こうにもう一つの噴水が。
ただ、風向きが私の方に。
飛沫がかかる!カメラが濡れる!とヒヤヒヤ、でも写真がのジレンマ。


噴水のしぶきが風に乗って広がり、噴水脇の広場に達したしぶきにも虹が。
R0017185.JPG


もう一つの噴水にも虹が。手前の噴水の方から望遠で撮影しました。
P7260005.JPG


もう一つの噴水の近くに移動して撮影しました。虹の見え方がこれだけ変わるんですよ。
R0017188.JPG


「間もなくか 虹の向こうに 夏の空」

「噴水の 伸び行く先に 青い空」

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:48 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(1) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

天王洲周辺ぶらぶら

今日は品川へ行ったついでに天王洲方面をぷらぷら。
品川駅に着いたときには空に明るさが出て、にわかに青空も見え出していたので用事が済めば久し振りに青空と雲がと期待していたのですが・・・
以下の写真を見ていただければ、空はそんなことなどお構いなしです。
青空〜、青空はどこ〜

R0017125.JPG

天王洲アイルから京浜運河をレインボーブリッジ方向に眺めてみました。
ご覧のとおり空にはどんより分厚い雲が横たわっておりました。


新幹線の向こうにレインボーブリッジが!
ここは本線じゃなくて新幹線の引込み線なんですけどね。
電車マニア垂涎?レインボーブリッジと新幹線が写せる数少ないポイントではないでしょうか。
マウスを乗せると新幹線とレインボーブリッジの部分を拡大できます(粗くなってますけど)

ちょっとここからゆっくり!

まず、マウスを乗せないで考えてください。これは何でしょうか?

R0017131.JPG マウスを乗せて見ちゃいました?
 モノレールをしたから写してみました。
 天王洲アイル駅のすぐ近くから写したモノレールの写真でした。

R0017148.JPG

場所を変えてレインボーブリッジを眺めてみました。青空が広がっていればと思ってしまいます。

「梅雨空を 晴らしておくれ 虹の橋」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ
posted by ブドリ at 22:53 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

雨上がりの夕方

今日も朝から梅雨模様。夕方になってようやく止んだのでちょっとだけ林試の森を散歩。
デジカメを持っていかなかったので携帯で撮影。

SN320204.JPG
 雨上がりの煙った感じ。
 湿度は高くて蒸し暑い。
 つかの間の止み間、お母さんも子供を連れてちょっとお散歩。

「梅雨明けを
  待ちわびている
       夏休み」




SN320205.JPG

 ホントにモヤァっと煙ってました。


SN320206.JPG 
 この道の向こうに
 何が待っているのだろう
 梅雨明けが待っているといいな

「長梅雨の
  出口はどこと
    見て歩き」




参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


地図追加です。
posted by ブドリ at 22:56 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

スモークツリー 小石川植物園

今日は一つの木を探しに小石川植物園へ。
それはハグマノキ、通称スモークツリー。
見ていただければ見たいと思われるはずです。

R0017046.JPG ハグマノキ(白熊の木) ウルシ科
  別名:スモーク・ツリー,ケムリノキ(煙の木)
 花の後の花序が羽毛状になりハグマに似ていることから付けられた名前です。ハグマ(白熊)とは、動物のヤクのしっぽで作られた旗竿や矛先につける飾りのことです。
 木の上のほうがもやもやっとしているのがそうです。

 P7220203.JPG



マウスオンでご覧下さい。

ヘツカニガキ(辺塚苦木) アカネ科
R0017025.JPG  丸いトゲトゲのウニみたいな「頭状花序」が、「ヘツカニガキ」の花です。
 「辺塚」とは、九州は大隈半島の辺塚にて始めて採集された事に由来します。

この写真だと小さい木に見えますが、枝は周囲5mぐらいに広がっています。


R0017031.JPG R0017033.JPG

R0017028.JPG

幹に苔のついた感じが良かったので木の下から見上げてみました。
結構上手く撮れたと思っています。

ラクウショウの気根(膝根)
うっそうとした林の中なので見易く撮ろうとしたらブレちゃいました。
P7220197.JPG

ラクウショウ(落羽松) スギ科 別名ヌマスギ(沼杉)
普通の場所に植栽すると気根を出すことはないが、湿潤地に生育すると独特の気根を形成する。気根は根の上側が生長して空気中に出てくるもので、膝根(しっこん)とよばれる。
トトロの森かもののけ姫の世界か?といった感じです。

「様々な 木々に抱かれて 森林浴」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 22:44 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

雨上がりの行列

今日も梅雨空。いつまで梅雨が続くのでしょうか。
夕方ようやく雨が上がったのでちょっと外へ出て葉っぱを覗いてみました。

やはり雨上がりは雫。

R0016851.JPG
 名前はわからないけど細い葉っぱの上に整列!
 お父さん、お母さんと3人兄弟。
 「一人だけ遅れるんじゃないよ!」
 「待ってよ、おいてかないで」


R0016865.JPG
 カタバミの葉の上にも整列!

 「はみ出さないでちゃんと2列に並びなさい!」
 「ハーイ、先生!」


R0016876.JPG
 アロエの葉の上にもしっかりしがみついて

 「こんな急な坂にしがみつくのも楽じゃないよ」
 「登れるわけないじゃん」
 「こら しずくにしなさい!」
 「先生、親父ギャグさむいよ〜」
 「いいんです。梅雨寒なんだから!」


「まだ明けぬ 梅雨に気持ちも 湿りがち」
「まだ明けぬ 梅雨に楽しむ 露遊び」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ 

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
タグ:雨上がり
posted by ブドリ at 22:10 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

隅田川の橋

今日は午後からちょっと門前仲町へ行ったついでに橋巡りをしてきました。
酷暑の中、歩き回ってしまいました。2時間で500mlのペットボトル2本を飲み干しました。

まず、弾正橋。これは川に架かってはいませんが、国産第1号の鉄橋です。
富岡八幡宮の脇にかかっています。

マウスを乗せると橋の上の写真に変わります。

R0016267.JPG 橋の説明です。橋の近くにあります。


ここからは隅田川に架かる橋です。
まず、永代橋(えいたいいばし)
元禄11年(1698)に永代橋は上野寛永寺本堂の材木を使い深川と日本橋を結ぶ橋として架けられました。赤穂浪士が討ち入りの帰りに渡った橋として有名です。また文化4年(1807)には富岡八幡祭礼の多くの見物人により、橋の一部が落ち多くの死者がでたという大惨事がありました(この供養塔は目黒にある海福寺にあります)。現在の橋は、大震災復興事業の最初の工事として架け換えられ重量感あふれるシンプルなアーチ型で、テレビドラマのロケ地としてよく登場しています。


橋の下を水上バスが行き交います。空はすっかり夏の雲です。
マウスを乗せると佃島の方向になります。高層マンションが立ち並んでいます。

R0016308.JPG ハトも永代橋の向こうの高層マンションを見て何を思う。
 時代の移り変わりを感じているのか。
 「もう昔のような風景にはハト戻りできないんだよなぁ」


隅田大橋(すみだおおはし)
清洲橋と永代橋の中間にあるのに、高速道路との2階建てで機能性重視の設計のため、壁のように見え、双方の橋が見通せず、隅田川の景観破壊として悪名高い橋です。マウスオンでちょっとアップになります。


清洲橋(きよすばし)
震災復興事業の一環として、ドイツライン川にケルンの吊り橋をモデルに作られ、隅田川の架橋の中で一番美しいといわれています。
橋のライトも西洋式のランプのようで美しさを引き立てています

隅田川にはいろいろな船が行き交います。ボートに曳かれた艀や近代的な船まで(マウスを乗せて見てください)。


清洲橋の向こうにも夏の雲が沸き立っています。鳥も夏を感じて飛んでいるのか(マウスを乗せて見て下さい)。

「花火より 一足先に 夏の雲」

「花火より 夏の雲咲く 隅田川」


本日のおまけ

隅田川を照らす夏の陽射し。1枚目は清洲橋を照らす。2枚目は水上バスを照らす。マウスを乗せて見て下さい。

「照りつける 陽射しきらめく 夏の川」



弾正橋はここです。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ
posted by ブドリ at 23:27 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする