引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年01月05日

凧揚げ

今日は凧揚げ!

DSC14921.JPG
公園で和やかに、さぁ凧揚げだ!



ちょっと一言

下の4枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
雲に届けと揚がる凧 右へ左へ風に吹かれて舞い躍る凧 凧同士で高さ比べ! こっちじゃ凧のデザイン比べ
青い空に白い雲、そして舞い上がる凧 どこまでも舞い上がれそうな凧達 みんな仲良く舞い上がろうよ! 一本の糸で繋がる凧


DSC14957.JPG凧が見難いけどたこと飛行機雲の競演です


DSC14977.JPGわかりにくいでしょうが、凧と飛行機の競演です。


形や飛び方は違えど、同じように空に踊るものたち。
それは全て人の憧れの対象だった。

「高き空 風をとらえて 凧が舞う」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ
タグ:凧揚げ
posted by ブドリ at 00:23 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

東京タワー2006

午後から時間に余裕が出来たので
もうすでに年越しへの準備が整った東京タワーをお届けします。

ライトアップ前後の東京タワー。マウスを載せると写真が変わります。


DSC14518.JPG




ちょっと一言

下の4枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
東京タワーに浮かぶ2006の文字 東京プリンスホテルレストランビラの灯りと東京タワー ビルに映る東京タワー 東京プリンスの光の回廊から見た東京タワー


東京プリンスホテルパークタワーに続く道のツリー越しの東京タワー。
年越しを迎えるじゅんびは出来ているようです。
DSC14548.JPG


東京タワーも新東京タワー計画の後はどうなるのでしょうね。それでも私にとって東京タワーはこの東京タワーです。

「東京の 真ん中タワーで 松飾る」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ
posted by ブドリ at 22:57 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

光と東京タワー

今日もまた東京タワーです。
でも今回は皇居近くの和田倉噴水公園からの東京タワーです。

でも、ただの東京タワーではありません。
12月15日から千代田区丸の内地区では
「光都東京・LIGHTOPIA」(こうととうきょう ライトピア)
というイベントが行なわれています(実は知らずに皇居に行った帰りに遭遇したんですけど)。

詳細は「光都東京・LIGHTOPIA 公式ウェブサイト」をご覧下さい。

和田倉噴水公園は皇居外苑・アンビエント キャンドルパークとしてキャンドルを主とした光のファンタジーが繰り広げられています。
この模様は近いうちに(写真を選びきれないので落ち着いて整理してから)掲載します。

で、今回はその会場の雪をモチーフにしたオブジェと東京タワーのコラボです。
余計な言葉は省きます。ゆっくり見てください。

DSC13300.JPG


DSC13293.JPG


DSC13304.JPG


「キャンドルを タワーで灯す 冬の夜」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ
posted by ブドリ at 23:58 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

東京タワー

今日は初冬の東京タワーからクリスマスに染まる東京タワーまでを。

まずは初冬の東京タワーから



ちょっと一言

下の3枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
モミジと東京タワーの組合せを捉えた! ついでにイチョウと東京タワーも捉えた! 初冬の夕暮れ空の東京タワー。空もタワーも息が合ってる



世界貿易センタービル展望台シーサイドトップ内のクリスマスツリーと東京タワーです。東京タワーの足元のツリーも綺麗ですけど、こういう写真はなかなか見ませんよね。

下の8枚の写真をクリックすると上に大きく表示されます。
   
   


上のクリスマスツリーの先端越しに東京タワーを眺めてみました。季節はずれの蛍が飛んでるみたいですね。マウスを載せるともう一枚現れます。


R0023313.JPG

最後に、高いところから眺めないと撮れない写真を一枚!
東京タワーの左側の東京プリンスホテルパークタワーに出来たクリスマスツリーと、右側の東京プリンスホテルのクリスマスプレゼントがわかりますか?
見難かったら写真をクリックすると大きい写真が開きます。
ちなみに東京タワーの奥が六本木ヒルズです。

「うきうきと もう間もなくの クリスマス」

「タワーまで 心浮かれて 聖夜待つ」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ
posted by ブドリ at 23:49 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(1) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

雨宿り

今日は夕方前まで雨がそぼ降る天気。
雨の間隙を縫って何か見つけて撮影しようと思ったら雨がザーッと降ってきて一眼は構えられなかったので機種変更したばかりの携帯で撮影した16:9のワイド写真です。

右の4枚の写真をクリックすると大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
ちょっと一言

今日の舞台は林試の森の池のほとりの休憩所です。 土曜日の写真ですけど、白と黒の猫が雨宿りして丸まってました。 今日は茶と白の猫が陣取って、毛づくろいしてました。


「雨宿り 猫丸くなる 冬の雨」


SN380014.JPG  SN380016.JPG

散った葉も一息つこうとそれぞれの場所で雨宿り。風に吹かれたら次はどこへ行くのかな。

「落葉まで 肩身せまそに 雨宿り」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
タグ:雨宿り
posted by ブドリ at 22:45 | 東京 ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

ともに歩む並木道

今日は小石川植物園に紅葉の情報収集。植物園だけにいろいろな木が色付いていました。知っている木もあれば知らない木もあって、あっという間に枚数が進みました。
園内の木々は確かに色付いていますが、この時期にしては色付きが遅く、色付き方もまちまちで、綺麗に色付く前に散り始めているものもありました。
どうやらグッと冷え込むことがないので色付きがもう一つのようですね。

今日は紅葉の様子は置いといて、「ともに歩む」をテーマにお届けします。

『ママと一緒』
DSC11609.JPG「ママ、なんか付いちゃった。」
「どれどれ、もう、しょうがないわね。」


DSC11741.JPG「こっちに行くわよ、早くしなさい!」
「ちょっと待って。お水出るの!」


『みんな仲良く』
DSC11779.JPG「いろいろな葉っぱがあるよ」
「綺麗なの拾おうよ」
「沢山あるから迷っちゃうね」
「私も拾う!」


DSC11597.JPG「わたしは何拾えたかな?」
「ぼくはちゃんと歩けるかな?」


DSC11729.JPG「花筏ならぬ落ち葉筏だ。」
「紅葉の筏も綺麗だよね。」
「ナンキンハゼの落ち葉なんだ。」
「ナンキンタマスダレ?」
「誰が演芸やるか!」


『共に白髪まで』
DSC11570.JPG「暖かくていい日だなぁ」
「そうですねぇ。いい日ですねぇ。」
「お前百まで、わしゃ99までかな」
「何言ってるんですか。もう。」
「まぁ、これからもよろしくな。」
「こちらこそ」


そんな小春日和の師走の始まりでした。

「秋なのか 冬かわからぬ 師走来る」
「片寄せて 共に迎える 親子月」


親子月とは師走の別称で他に
梅初月(うめはつづき) 弟子月(おとこづき) 限月(かぎりづき) 季冬(きとう) 苦寒(くかん) 暮古月(くれこづき) 極月(ごくげつ) 茶月(さげつ) 大呂(たいりょ) 年積月(としつみづき) 果ての月(はてのつき) 春待月(はるまちづき) 晩冬(ばんとう) 三冬月(みふゆづき) 雪月(ゆきづき) 鑞月(ろうげつ) 余月(よげつ) などと呼ばれますって、こんなにあったのかぁ。

おまけ写真
DSC11632.JPG

風に舞うイチョウの葉。イチョウの葉は扇形を上にしてくるくると回転して落ちていくんですよ。写真じゃわかりませんね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 22:32 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(2) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

色付く池田山公園

今日はちょっと五反田に行く用事があったのでその前に先日訪れた池田山公園に紅葉の色付き具合を見に行ってみました。

入り口近くの色付き始めたばかりのモミジはこのとおり真っ赤に色付きました!


ちょっと一言

下の4枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
これがこの前のモミジか!と思うぐらい鮮やかです。 ほらモミジがこのとおり! 入り口のモミジに日が当たって眩しい! 入り口のモミジを園内側から。どっちから見ても綺麗なものは綺麗!

「艶やかに 木々色付いて 秋が過ぐ」


園内も着実に色付いているのですがもうちょっとですね。
マウスを乗せると11月17日の写真になります。


そしてそして、『誰かと隣り合って紅葉をゆっくりと眺めたいものです。』と書いたベンチからの眺めは?
まずは以前の写真。マウスを乗せると今日の写真になります。
見比べてみてください。

「君と見る モミジが互いの 頬染めて」




ちょっと一言

下の4枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
モミジの向こうのコブシの黄葉 池の上にもまだ色付ききらないモミジが佇んでいます。 苔むすスタジイの向こうの紅葉。歴史を感じる瞬間! 公園の高台にある休憩所を望んで。モミジは絵にする力があるなぁ。

「木々彩々 時々刻々と 秋深む」


11月17日の記事 「色付き始め」も参照下さい。

また、来週あたり時間があれば更なる変化を楽しみに足を運ぼうと思います。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:51 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

木漏れ日

今日はちょっと思うところあって、小春日和の中、お墓参りに行きました。
帰りにお墓と同じ井の頭線沿線の駒場東大前にある駒場公園に寄ってみました。

駒場公園は、加賀百万石(今の石川県)の当主だった旧前田家の前田利為侯爵駒場邸跡で、現在は目黒区の公園となっています。公園内には、化粧レンガやタイル張りの施されたおしゃれな洋館がや書院造りの和館があります。

今日はその駒場公園で撮影した写真の中から木漏れ日と陽射しをテーマにお届けします。



ちょっと一言

下の6枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
桜の紅葉も日に照らされ輝いています。 広くない芝生広場ですが人が少なくてとても静かな時間が流れていました。 長閑な公園の1コマ。妹が妊娠したので余計に小さい子供が愛おしく思えます。
洋館の脇のイチョウ。隙間から漏れる光に金色に輝いています これぞ木漏れ日。気持ちのいい緑道。 前の写真の途中にあるモミジ。まだ色付いてないけど光に輝いてる。

「色付く葉 光蓄え 秋惜しむ」
「母と子の 光とたわむる 暮れの秋」
 

DSC11234.JPG

和館の和室から庭園を眺めた図
額縁ように撮影してみました。
昔の人はこのようにして庭園を眺めていたのでしょうね。

「冬支度 済みし庭にも 陽射しあり」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:15 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

色付く東京駅

今日は皇居東御苑で曇り空の下でしたが、紅葉・黄葉をたっぷりと撮影しました。
枚数はα100のメモリーカードは300枚で満杯、GR-DIGITALでも120枚、携帯まで使って撮影して、優に400枚を超えてしまい整理が追いつきません。
少し考えて撮らないといけないとわかってはいるのですが撮り出すと止まらなくて、目に留まるもの目に留まるものと反応してしまって。
この模様は順次掲載していきます。

そこで今日は比較的枚数が少ないものの、有名な黄葉スポット東京駅前をお届けします。

東京駅の正面、皇居へと続く銀杏並木です。帰りに寄ったのでちょっと暗めですがそれでも、イチョウの鮮やかなことに道行く人も立ち止まって思い思いに撮影していました。
R0022496.JPG

内堀通りを挟んで皇居側から東京駅に真っ直ぐ続く銀杏並木を眺めてみました。車が通るので信号のタイミングを見計らって撮影しました。



下の3枚の写真それぞれにマウスを乗せると上に表示されます。
マウスをしばらく載せるとコメントが見られます。
内堀通りを渡りイチョウ並木の入り口から 東京駅に向かってズームイン 近寄って上の写真とほぼ同じように。


DSC11012.JPG

こうしてみると東京駅っていい駅ですよね。
周りには高いビルが立ち並び、景観を脅かしています。経済性を優先させることだけを考えるのではなく、周辺の企業も含め官民一体でこういう景観は大切に守って欲しいですね。
景観一つかもしれませんが、こういう心を大切にしないということが現代の様々な問題に繋がっているのではないでしょうか。

「真っ直ぐな 黄色き銀杏の 在り難さ」
「東京を 銀杏黄葉(いちょうもみじ)が 彩って」
「鮮やかな イチョウ黄葉が 足止めし」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:05 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

小春日和に

この季節初めての小春日和だった昨日、色付き始めた新宿御苑の模様をご覧下さい。
DSC00448.JPG

大イチョウの下を歩む男の子とお母さん。イチョウの前で写真を撮ったり楽しそう。しっかり歩くんだよ。

DSC00463.JPG

芝生の上でお母さんを追いかける女の子。そっち行きたくない!
わがまま言わないでしっかりお母さんに付いていくんだよ。

DSC00542.JPG

大きなユリの木の下で子供を抱えて写真を撮るお母さん。
大きくなったら写真を撮ってもらったこと覚えているのかな。

ここまではTHE BOOMの「つばき」という歌のイメージの小春日和の和やかな風景です。

つばき  〜THE BOOM〜
小春日和に咲く花の名前を
君につけよう 実りよ多かれ

いつかどこかで 尊き恋して
私たちの家を出て行く

幸せであれ その小さな手で


このあとの歌詞は歌詞GETでどうぞ

「母と子が 小春日和の 空の下」


新宿御苑といえばフランス式庭園と並んでいるプラタナス並木が有名です。そのプラタナス並木も色付いています。


ちょっと一言

下の3枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
小春日和にベンチでくつろぐ人も大勢です。 この撮り方が定番ですね。 前の写真からスローシャッターでズームしてみました。


「風そよぎ ふれる葉音に 秋惜しむ」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:36 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

色付き始め

五反田の近くにある池田山公園へ。
ここは紅葉のメッカ。
去年も11月の終わりに行ったのですが完全な紅葉にはちょっと早くて残念だったので、今年はちょくちょく様子を見ていこうと思います。
去年の様子は「風の又三郎的散策記・目黒界隈12・ねむの木の庭/池田山公園」に掲載しています。

池田山公園は「大崎屋敷」と呼ばれた岡山藩池田家下屋敷の跡を整備した公園です。高低差を生かした池泉回遊式で、高台部は遊戯・休憩ゾーン、低地部は回遊ゾーンとなっています。

入り口近くのカエデの木の1本は赤く色付き始めていました。
DSC10203.JPG

DSC10202.JPG DSC10201.JPG

「わずかでも これから期待の 初紅葉」


公園全体を見晴らせる所から見ると園内の紅葉はご覧のとおりまだまだです。
DSC10206.JPG


DSC10214.JPG園内では秋の植物から冬の植物へしっかりと命のリレーが行なわれていました。

「ススキから
  命のバトン
  つわぶきへ」



園内の一隅にあるベンチ。ここから見る風景は・・・マウスオンでご覧下さい。
少しだけ色付き始めていますが、あと半月もたてばこの風景は赤の世界に変わります。今は想像して見て下さい。
誰かと隣り合って紅葉をゆっくりと眺めたいものです。


「淡き恋 淡く色付く 薄紅葉」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:12 | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(1) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

秋色(しゅうしょく)

久し振りに富士山を離れて街中へ。
人が集って写真を撮っているところから落ち着いた世田谷の九品仏浄真寺に。
去年も行ったなと思ってブログを見直してみたら11月3日に訪れていました。
ほとんど同じような時期に行きたくなるなんて何か縁があるのかもしれません。

九品仏についての詳しい説明は「風の又三郎的散策記 九品仏編」に掲載しています。

DSC10037.JPG

本堂から上品堂への参道の脇に生えるエノコログサ越しの上品堂。晩秋の色が濃くなっています。
「猫じゃらし 弱き陽射しに 輝いて」


DSC10029.JPG DSC10032.JPG

上品・中品・下品の三仏堂を望んで。木々も落ち葉ももう冬間近の色になっています。


イチョウの葉と銀杏の実。(マウスを乗せて見て下さい。)
木になっていても銀杏、落ちても銀杏(この行はイチョウでもギンナンでもいいです)
気になって銀杏。
イチョウは本来、孫の代になって実がなることから公孫樹と書くんだそうです。

DSC10043.JPG東京都指定天然記念物 大イチョウ
真っ青な空の下
黄色く色付き始めたイチョウの木
歴史の証人
大切にしなければ


DSC10048.JPGイチョウの木にとまるカラス
銀杏のみを狙っているのかい?
それとも晩秋の空も見つめてるのかい?


「そこここで 匂い漂い 秋深し」

「秋の色 秋の香漂う 雑木かな」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 22:33 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

はやくもクリスマスツリー

昨日の記事で年賀状も発売されて、と書いたばかりですが、はやくもです。
チョット曇っていたのですが、東の空に青空が見えたのでダイヤモンド富士とは言わないまでも途中まで太陽ぐらいは見えるだろうとガーデンプレイスタワーの38階へ。
やはり一面の曇り空で太陽の気配すら見えず、がっかりしてガーデンプレイス内にいい被写体はないかとブラブラしていて、調整中のクリスマスツリーを発見!

SN320244.JPG11/3が点燈式と知っていたので一足早く見ることが出来てラッキー!
綺麗だ、綺麗だと、メールをしようと携帯で撮影。
ホントにきれいですよね。
これで完成なのかと思っていたら、これが吊り上げられて点灯されたんです!



吊り上げられた様子がこちらです。画像をクリックするとアップの写真、マウスをどけると元の画像になります。

綺麗ですね。
バカラの250燈シャンデリアだそうです。




ちょっと一言
下の4枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
ちょっとピントをずらして幻想的に。 ツリーの下の部分をアップで。バカラが見事ですね! ツリーの上の部分も綺麗。見事だなぁ。 下から見ても綺麗だなぁ。


同時にガーデンプレイス内の他のクリスマスツリー、クリスマスイルミネーションも点燈試験を行なっていました。



ちょっと一言
下の4枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
シャトー広場にツリーが立てられ木々もライトアップ 時計広場もツリーと共にライトアップ! 坂道のプロムナードもライトアップ! 月も雲の間から覗いてました。


最後に、時計広場にあるライトアップの色が変わるクリスマスツリー!
マウスを乗せてゆっくりとクリックして下さい。色が変わります。
順番はこのとおりとは限りませんよ。近い人はご自分の目でお確かめ下さい。


11月3日はあちこちでクリスマスツリーの点燈式が行なわれるようですね。どうぞ楽しんでください。

写メを送った友達から「一人で歩くのが辛い季節になってきたんじゃない?」と。
はい、そうですよ。独り身には1年で一番嫌な季節がやってきましたよ。
クリスマス→年末年始→バレンタイン
冬は嫌いだーーーーーーーーー!
「北風は 吹いてないけど 身に沁みる!」凍えそう!

「気が早い 立冬前に ツリーかい」
「独り身に 冷たい季節 もう間近」

俳句がひねくれててごめんなさい。今日は許して。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:47 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

秋深まる

はやくも11月、年賀葉書も発売されました。
秋になったと思っていたら、もう冬が近づいていることに気付かされますね。
それは、時事的なことだけでなく、こんなところにも・・・(昨日撮影した写真ですけども)

静かな草むらあんなにトンボが飛び交っていた草むらも静かな様子。かと思ったら・・・


バッタ食事中ガサ、ガサ、と草むらで音がするので良く見てみたら、バッタが一生懸命に食事中。さらにチョット探してみたら・・・


バッタの交尾冬を前に子孫を残すために頑張っていました。カメラを下ろして、チョットひいて見たら・・・


交尾を眺める「交尾をするカップルを羨ましそうに見つめてるのかい?」
「バカ言わないで!栄養取るのに忙しいんだから!羨ましいのはあなたじゃないの?覗き見して嫌らしいんだから!しかもカメラで撮って。変態!」
「そんなんじゃないのに〜」


ホコリタケ足元にはいろいろなきのこが最後の力を振絞っています。
このきのこはホコリタケ(ほこり茸)。梅雨から秋にかけて群生します。
頭に穴が開いていますよね。皮が非常に薄くて、雨滴などがぶつかる衝撃でそこから胞子を吹き出します。手でつついても簡単に埃が立つように胞子が出てきます。その様子からホコリタケと呼ばれています。


下ばかりでなく上に目を向けてみたら・・・

DSC08119.JPGいつの間にか枝の間から空が見えるようになった木も。葉っぱを少しずつ散らし、冬支度を始めているのですね。


DSC08121.JPG

日除けとなっていた木もいつしか暖かな陽射しを注いでくれるように変わっているんです。
ちょっとした自然の気遣い?

「気が付けば 葉も散り始め 秋深む」
「気が付けば 今は昔の 虫の声」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:39 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

風に吹かれて

今日は朝から雨と風が強く、気温も11月下旬並みの寒さで一気に冬が来たような天気でした。
午後になって何とか雨が止んだのでちょっと外を歩いてみた。
気分は「風に吹かれて気まぐれブドリ」
何かに似てるかもしれませんが、まぁそれは置いといてください。

DSC07052.JPG

強風と雨に打たれて横に倒れてもなお頑張っています!

DSC07054.JPG

強風に吹かれて、それでも負けずに精一杯しなって耐えています。

DSC07069.JPG雨風にうたれて落ち葉の量が一気に増えました。
気温も下がり、これからどんどんハラハラと舞う落ち葉の量が増えてきて、ここは落ち葉の絨毯で敷き詰められることでしょう。
それもそう遠くないお話です。


「足早に 季節をめくる 野分立つ」


day of autumn storm
round seasons
at a quick pace


そんな今日の天気でも、遠くを見ればほらご覧のとおり
DSC07073.JPG

今いる場所に雨が降っていようとも、曇っていようとも、雲が切れて晴れ間の見える場所があるに違いない。そういっているような空でした。

 The answer, my friend, is blowin' in the wind,
 友よ、答えは風に吹かれている
 The answer is blowin' in the wind.
 答えは風に吹かれている

  "BLOWIN' IN THE WIND 〜 BOB DYLAN"より

「身に沁みる 風に答えを 探し見る」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り

posted by ブドリ at 22:32 | 東京 ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

秋の陽に

今日も昨日、多摩川で撮影した写真をお届けします。
テーマは「キラキラ」

DSC06425.JPG「汗がキラキラ」

川べりを走る君達の汗も川面に負けずにキラキラと輝いてるよ

「流す汗
  秋の日きらり
      輝いて」


DSC06428.JPG「汗がキラキラ 2」

君達の汗をえのころ草も見つめてるよ

「光る汗
   光る穂きらり
     秋陽射し」


DSC06439.JPG「えのころ草もキラキラ」

えのころ草も秋の陽に照らされ負けずに輝いてるよ

「猫じゃらし
  陽射し集めて
      一眠り」



DSC06407.JPG「川面もキラキラ」

秋になり人も少なくなり淋しくなった川もキラキラ輝いてるよ

「穏やかに
   川面揺らめき
     秋うらら」


DSC06454.JPG

全てを照らす太陽も輝いています。太陽の真下には見えませんが富士山があるんですよ。
皆さんの心の目で皆さんなりの富士山を描いてみてください。
「見えぬ富士 静かに見つめ 秋思う」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
タグ:多摩川
posted by ブドリ at 21:33 | 東京 | Comment(6) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

ポケモン飛ぶ

秋の澄んだ空を見てたら、空を飛びたくなってちょっと羽田空港まで行ってしまいました。
別に飛んだわけじゃなくて飛行機を見てました。はい。

で、見つけた全日空のポケモンジェットをお届けします。募集したデザインから選ばれたデザインのジェット機「ボーイング747-400/テクノジャンボ」です。
α100で連続撮影した写真をアニメーション化してみました。

その1 お花ジャンボ編
滑走路に移動していくところからどうぞ。
クリックするとアニメーションが始まります。アニメーションは延々繰り返します。終了する場合はダブルクリックして下さい。


その2 ピカチュウジャンボ編
上と同じくクリックするとアニメーションが始まります。アニメーションは延々繰り返します。終了する場合はダブルクリックして下さい。


日本航空も負けじとたまごっちジェットです。
たまごっち誕生10周年記念の「たまごっちジェット」ボーイング777-200型機です。
DSC05289.JPG


「秋空に 羽ばたく翼 夢乗せて」
「子供らの 夢乗せ越えろ 高き空」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ
posted by ブドリ at 23:57 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

東京タワー八景

昨日はたっぷりと富士山をお届けしました。
今日はまたまた高所からの眺め、場所はJR山手線浜松町駅のすぐ隣にある貿易センタービルから見た東京タワーをお届けします。

今日はマウスオンで東京タワー八景をご覧下さい


下の8枚の写真それぞれにマウスを乗せると上に表示されます。
マウスをしばらく載せるとコメントが見られます。
16:38 夕方の陽射しになりつつある 17:00 かなり陽が傾きましたね 17:03 ちょっとズーム 17:05 陽が沈むのが早い!
17:09 もう沈んじゃった 17:12 ちょっとズームで 17:34 どんどん暗くなってます 18:22 もうすっかり暗くなって東京タワーが浮かび上がってます。


DSC04746.JPG

夕方のグラデーションを背景に東京タワーが佇んでいます。
デジタル放送が開始され電波塔としての東京タワーの役割が新タワーに移ろうとしています。
それでもいつまでもこの東京タワーは東京タワーであり続けることでしょう。

「秋の暮れ 東京タワーも たそがれて」
「赤き塔 秋の入日に たそがれて」


貿易センタービルから見た今日の月、十八夜・居待月です。

月は「銀河鉄道の月」に載せているですが、きれいに撮れたのでおまけです。「銀河鉄道の月」も是非ご覧下さい。
左の高い建物は聖路加ガーデン、橋は隅田川に架かる勝鬨橋です。
DSC04871.JPG

「撮ったぞと 勝ち鬨上げて 居待月」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:16 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

どんぐりのせいくらべ

今日は不覚にもデジ一のメモリーカードを入れ忘れてしまってカバンの肥やしとなり、GR-DIGITALでの撮影になりました。使えないと思うだけで重さが倍増します。

それはさておき秋は実りの季節。ちょっと可愛らしく。
秋の入り口でドングリさんたちが遊んでいました(MAIさんの詩「秋の世界(秋)」を参考にさせてもらいました)

どんぐりガマン比べ
相方は落ちてもまだ落ちないぞとしがみついています。


あいたたたたぁ。
何も地面に突き刺さらなくても・・・
(マウスオンで横からの写真になります)


ちょっと探し回って何とか集めてみました。
R0021208.JPG

20個ぐらい見てみたのですけどそれほど大きさが変わらないんですよね。
ほんとにドングリの背比べでした。

「ドングリを 拾い集めて 背比べ」

collect up
lots of acorns;
compare heights


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り

posted by ブドリ at 23:02 | 東京 ☁ | Comment(10) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

噴水・虹

今日はあいにくの雨ですね。明日も雨のようです。
こんな雨の日は雨を楽しむのも一興ですが、気持ちを明るくするものを見るのも一興。
ということで、お休みしている間に撮影していたものの中から虹の写真をお届けします。

撮影日は9月23日(土)、撮影場所は日比谷公園のカモメ広場の噴水。
休憩時間にふらりとGR-DIGITALを胸ポケットに忍ばせて外に出て、噴水の前で一息ついていたら、ちょうど太陽が後ろから射してきたので、これは!と虹色探検隊の血が騒ぎ、噴水の周りを回って見つけちゃいました!
秋空の下で頑張る虹を!

R0020753.JPG 朝の噴水の様子です。
 まだ噴水が出る前の静けさを保っています。


まずは太陽を左手後方の位置で撮影した虹です。
R0020807.JPG R0020801.JPG
噴水の左側に虹が見えていますね。

R0020826.JPG 上と同じ場所で向きを変えて右手後方に太陽がある時です。
 虹の向きが変わっていますね。



R0020833.JPG 今度は位置を変えて、太陽を左手後方の位置で撮影しました。
 どうです?
 虹の向きは最初と同じですが位置が変わってますね。


少しだけ右にずれて虹をよーーーーく見てみると。わかりますか?
R0020840.JPG

左の方のオブジェの縁あたりになにやら赤と緑にうっすらと色付いている部分がわかりませんか?
噴水の虹に出来た副虹です。
主虹の外側にもう一本、やや色は薄いですが、虹が見えることがあります。この虹を副虹といって、色の配置は主虹とは逆に、外側が青、内側が赤になっています。

「秋空に 届けとばかり 橋架けて」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 23:00 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする