引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年06月04日

梅雨の中休み

月曜日から梅雨に入り雨模様。やっと梅雨の中休み。でも、東京は午前中はわずかに雲間から太陽が顔を出すぐらいでした。午後になってようやく雲が切れ始め青空も覗きだしたので、本を探しに行くついでに写真撮影。

雲が切れてきてもまだまだ灰色の雲と青空のせめぎ合いが続いていて、太陽は顔を出していいのか悪いのか悩んでる様子でした。
中休みの青空


カーブミラーは雲間に見える青空に喜んでるようですよ。
「やっと雨に打たれなくてすむよ」なんてね。でも梅雨だから安心めさるなよ!
ミラーの中の青空

「梅雨晴間 ミラーも嬉し 空映す」


影法師私の影法師も久し振りの太陽に気持ちよくなって顔を出して、写真を撮れというのでパチリ!
もうちょっと男前に撮れよと言われそうです。


「影法師 梅雨の晴間に 影を干し」


太陽が控えめに雲の中から顔を覗かせた瞬間です。そんな控えめにしなくてもいいのに。右下には夏を思わせる雲も顔を覗かせてるんだよ。
切れ間から

「控えめに お日様顔出す 梅雨晴間」


電車もGO電車も雨の中より青空の下のほうが好きみたい。だって汚れなくてすむからね。


夕方には夕陽もきれいに見えました。車は贅沢にもボンネットとフロントガラスに夕陽を映しちゃって!
でも僕は他の車のも合わせて5つも夕陽を見ちゃってるよ〜
(夕陽を写したかったので暗めに写しました。ほんとの明るさはマウスオンで)

「束の間の 夕陽数えて 梅雨晴間」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:54 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | .空色日記  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真一枚一枚から、そのものの持つ美しさを感じました。
今日は、三枚目と五枚目が特に気に入りました(*^^*)
三枚目の方は、とってもカッコいいブドリさんの影法師をよりカッコよく見せてくれるような、輝きのある光のカケラが見えます。
五枚目の方は、建物の上で夕陽を見つめる人間のようなブロック(レゴとかそういう系)と、車を照らす夕陽がとてもロマンチックに見ます♪

P.S
ちょっとお知らせを…。
数日前からなんですけど、『お名前』の欄に入力して確定enterキーを押すと、入力出来ないんです。
他の欄に入力後、改めて『お名前』の欄に入力すると入力完了〜となります。
私のPCの問題だったら、本当にすみません(汗)
それ程支障はないので、お知らせするのもどうかなって思ったんですけど、一応お知らせしておきます。
Posted by MAI at 2008年06月05日 08:38
昨日の晴れ間は、本当に気持ちが良かったですよね〜〜!!
私も昼休みの時間に、カメラを持ってプラッと、一人お散歩に出てみました(^^)

今までは、ブドリさんの影法師から、ブドリさん像を創造していたのですが、想像がついちゃうので、面白く感じちゃいます♪♪
実物も影法師も男前ですよ(^^)
Posted by なぎママ at 2008年06月05日 18:02
MAIさん
イエイエ、カッコよくないですよ。だからせめて影法師ぐらいです^^
なるほど〜!あれがレゴブロックの人ですね。それもロマンティックにする夕陽はいいですね。

P.S.
お名前欄の入力ですね。ゆうママも名前が入力できないと同じようなことを言ってました。パソコンのせいにしてましたけど、ちょっと違うようですね。
システム上のことかもしれません。
何か不具合があったらこれからもどんどん知らせてくださいね。

なぎママさん
プラッとお散歩するのもほんとに自然に近いですから羨ましいです。
なぎママさんまで〜、男前じゃありませんて(^^;)
Posted by ブドリ at 2008年06月05日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック