引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年05月15日

ギンラン(銀蘭)

「キンラン」で予告したとおり、「ギンラン」をお届けします。

ギンラン名前の由来は花が白く、黄色のキンランに対しての呼び名。
「根に共生している菌との関係が特殊であるため、育てるのはたいへん難しく、持ち帰っても育つ可能性はほとんどない。」


銀蘭持ち帰る人が多く、翌年、姿を消している場所が多いのが実状。環境省のレッドデータには掲載されていませんが、各都道府県が発表するレッドデータでは32府県で絶滅危惧種にしてされています。


高さ50cm以上になるギンランに比べると、ギンランは大きなものでもその半分ほど、多くは15cmほどです。
ギンランの花


木洩れ日に輝くキンランとギンランです。わかりますか?
キンラン・ギンラン


「驕らない ギンランの花 咲き誇り」

「咲き誇る ギンランに見る 慎ましさ」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り



参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真を見て、俳句を読んで、うんうんって頷いています。
ギンランを見た瞬間の印象が、まさに『慎ましい』『可愛い』だったんです(*^^*)
こんなにも可愛い姿を見たら、持ち帰りたくなる気持ちも分からないではないですけど、野に咲く慎ましいギンランが、来年も再来年もずっと咲き続けてくれるようにと願いながら、見る事は出来ないのかなと残念な気持ちになりました…。

4枚目の写真、すごくいいです!
お互いがお互いを見守っている…そんな風に見えます♪
Posted by MAI at 2008年05月16日 08:44
キンランに比べ、きゃしゃな姿が、はかなさをよりいっそう漂わせているように見えるのは、絶滅危惧種となってしまっている寂しさを感じながら撮影しているからかしら・・・。

と言いつつ今年も、「キンキンギラギラ〜〜♪」と歌いながら見させていただきました(^^;
Posted by なぎママ at 2008年05月16日 11:49
MAIさん
庭で咲いてたら可愛らしいので持ち帰りたくなる気持ちもわからないではないんですけどね。庭よりも野に咲いている方がもっと綺麗だということに気付いて欲しいですよね。
お互いを見守って、来年もここで会おうねって約束してるんですよ(^^)

なぎママさん
気持ちが写真にのるということはあるでしょうね。華奢なので、まずは見つけるのが大変なんです。そういう辛さもあるかもしれません。
ここでは楽しく見てもらえれば嬉しいです〜
Posted by ブドリ at 2008年05月17日 00:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック