引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年05月03日

ハンカチノキ

一昨年、昨年に続いてハンカチノキをお届けします。

ハンカチノキこれが新宿御苑のハンカチノキです。よくわからないでしょうが木の周りの白いものが花です。


ハンカチノキの花ハンカチノキ オオギリ科
中国の中部から西部だけに自生する落葉性の高木
ハナミズキもそうでしたが、花びらに見える白い部分は苞(ほう)と呼ばれるもので、その中央にある球状の頭状花序とよばれる部分に、複数の小さな花が集まって咲いています。花は短い枝先から伸びる柄の先にぶら下がってついて、葉とほぼ同時に開きます。


ハンカチノキの花の部分をマウスオンでご覧下さい。
最初は固まっている花序も次第にシベが伸びて花火が開いていくかのようです。マウスオンでどうぞ。


花同士が向かい合って「こんにちは」と挨拶しているのか、恋人同士が愛を語り合っているのか。
向かい合うハンカチノキ


「ひらひらと 躍る花びら 春の園」


参考までに
一昨年の記事 花歩記 小石川植物園
昨年の記事 春の花々3

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:53 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハンカチノキ、こちらも花びらに見える部分は、苞だったんですね!
花序の部分、パチパチと音を立てる花火のようになってきて、その様子を横から見たいなって思っていたら…さすがブドリさん、横からも撮影して下さっているんですね(*^-^*)
ブドリさんが書かれているように、恋するハンカチノキが向かい合い、時々苞でほんのり紅く染まった花序を隠しながら、語り合っているのかなって思います♪
Posted by MAI at 2008年05月05日 08:02
ふんわりと柔らかな白いハンカチに包まれているようなお花。
何度見ても不思議な雰囲気のある花です♪
とは言っても、実物を見たことがないので、見に行きたいなぁ〜〜。
Posted by なぎママ at 2008年05月05日 12:57
MAIさん
やっぱりはっきりと見たくなるでしょ!そう思って撮影したんですよ^^
風に吹かれてひらひらと揺れてる様子はきれいですよ。

なぎママさん
まさにヒラヒラとハンカチが揺れている感じです。上手く名前を付けたもんです。
ヒラヒラと手招きしてますから機会があったら是非。
Posted by ブドリ at 2008年05月06日 09:46
一度でいいから見たいと思っているハンカチノキ!
きれいですねえ・・・
風が吹いたらフワフワと、すてきです。
自然は愉快なものを造りますね!
Posted by 森のどんぐり屋 at 2008年05月07日 17:59
森のどんぐり屋さん
一度見ると忘れられない花の一つです。
ひらひらと揺れる姿は見事です。
今年はもう散ってしまったので来年、是非ご覧になってください。
Posted by ブドリ at 2008年05月08日 00:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック