引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年04月30日

花水木(ハナミズキ)

ソメイヨシノから花のバトンを受け取るかのように見頃を向かえたハナミズキの花をお届けします。

まずは小石川植物園で撮影したベニバナハナミズキです。
ハナミズキの花って周りのひらひらした部分ではなくて真ん中の黄緑色の部分が本当の花ですよ。マウスオンでご覧下さい。


ひらひらした部分は総苞(そうほう)といって花序の下部にある、つぼみを包んでいた葉のことをいうんです。ドクダミの白い部分やミズバショウの白い部分も花びらではなくて苞なんです。
この苞の開く直前の様子をマウスオン・クリックでご覧下さい。
4枚の総苞の先端がくっついていて、向かい合った総苞ごとに開いていくんですよ。


新宿御苑で撮影した白い花のハナミズキです。
マウスオンでご覧下さい。


こちらも苞の状態をマウスオンでご覧下さい。


「たくさんの 花をつけても ハナミズキ」


1915(大正4)年に、東京市長の尾崎行雄氏がアメリカのワシントン市へ桜を寄贈した返礼として、アメリカから贈られたハナミズキが日比谷公園に植えられ、その木があるはずなのでちょっと立ち寄ってみたのですが、その木は?のままで、その木の子が 植えられていたので最後にお届けします。マウスオンでご覧下さい。
日比谷公園にはこの木だけでなく数多くの花木が植えられていますので是非お立ち寄り下さい。


「手を合わせ 友好願う ハナミズキ」


森のどんぐり屋さんの「そよ風つうしん」の記事に『ハナミズキとヤマボウシの??』があって、この二つの似た花の違いについてみんなで頭をつき合わせて考えてますので、参考にしてください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大きな木ですね!!
私の職場の駐車場やパパの実家の周りにも植えられていますが、庭木用に管理されているからかしら、とても小さいので、全く違って見えます(^^;

一面に広がる白いハナミズキの姿と、光をあびて、透けたピンクのベニバナハナミズキにうっとりです♪
Posted by なぎママ at 2008年05月01日 07:00
てっきり、赤ピンクいろの部分が花びらかと(^-^;)
虫によっては、一旦この総苞に降りてから、蜜を吸いに行くもの達もいるのかな?
開く直前、すごいですね…。
総苞がしなってる!
開く時期を、今か今かと待っているように見えます。

一枚目のマウスオンの写真、沢山の蝶々が羽音を立てて木に止まっているみたい…。
白色のハナミズキとはまた違った印象があります♪

Posted by MAI at 2008年05月01日 09:04
なぎママさん
公園や植物園等のハナミズキは手入れもよくのびのびと大きく育っていますね。だから花も結構撮りにくいんですよ。
この花は桜と違って春の終わりを告げているように感じてしまいます。

MAIさん
花びらと思いがちなんですけどね。きれいなものを見てそこまで考える必要はないんですけど^^;
蝶が羽音を立てて!
たしかに風が吹いてひらひらした瞬間は蝶のようですよ。そう表現すればいいんですね。勉強になりました^^
Posted by ブドリ at 2008年05月02日 00:14
いつもブログ記事をご紹介下さってありがとうございます。

この木が子孫なんだと思って見ると、感動もひとしおです♪
原木より育成ということは、挿し木?
それともタネを採って育てたのでしょうか?

初夏の訪れを告げる花、ハナミズキ! 青空に映えてステキですネ。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2008年05月02日 09:37
森のどんぐり屋さん
いつも自然に対する目を開かせていただいてありがとうございます。
おそらく挿し木か接木で育てたのだろうと思いますが、双方の思いをつなげる意味では大事な木ですよね。
Posted by ブドリ at 2008年05月03日 00:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック