引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年04月24日

思い出の桜 林試の森

いよいよ桜シリーズの最終回は林試の森の桜(ソメイヨシノ)です。
実はこの桜は記事にしようかしまいかと今月の最初からずっと考えていました。去年も一昨年もここの桜(ソメイヨシノ)は載せて来なかったんです。写真の準備だけはしていたんです。でも、なかなか記事にすることが出来なかったのですが、桜の最後に気持ちの整理として載せます。
実はここの桜は姉が亡くなる前、最後に花見をした場所なんです。
だからここの桜を見ると悲しくなるんです。

マウスオン・クリックでご覧下さい。


林試の森の桜1この桜並木の間を連れ立って


このベンチに座ってお昼を食べたり、お菓子を食べたり

マウスオンでどうぞ


こうして桜を見上げたりしてたんですよ。
まさかここの花見が最後の花見になるなんてね。そういう桜なんです。
林試の森の桜2


思い出すとついこの間のようだけど、あれから7年。
花見をした次の年、桜が咲きだした頃、母の末期がん告知。桜が散るのと一緒に姉が旅立ち、2か月後母も旅立ってから6年。
だから桜の季節は本当は心から喜べないんですよね。
何かがつかえている様で。
今年は二人とも7回忌。
これを一区切りにちょっと気持ちの整理できるかな。

「それぞれに 桜の数ある 心模様」


というわけで(どういうわけだとの声が・・・)、今年の桜シリーズはこれにておしまいです。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

タグ:林試の森
posted by ブドリ at 23:50 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 桜  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブドリさん、とってもきれいな桜並木を見せてくれて、ありがとうございます。

青空の下、大きく枝をのばした満開の桜がとってもキレイですね!!
1枚目の写真、手間の広場が、雪が降り積もっているように見えてしまいました。

お別れはこの桜が舞う季節だったのですね・・・。
でも満開の桜の下で楽しんだ、家族のシーンがたっぷり伝わってきました。
誰も座っていないベンチ。たっぷりの光を浴び、桜の影がうつるそのベンチ。寂しさから楽しかった思い出の場所へ・・・。

ブドリさん、いつもいつも命の大切さをたくさん教えてくれてありがとうございます。
これからも小さな命を守る大きな存在として、ご協力お願いします!!

Posted by なぎママ at 2008年04月25日 07:35
ブドリさんの思い、ファンの私達の心にしっかりと刻まれました。

一枚目の写真のクリックで現れる飛行機雲、これはきっとお姉様にブドリさんの気持ちを届けようと現れたんだと思います。

ブドリさんの心の中で生き続けるお母様とお姉様との日々、今もなお輝き続けているんですよね。
これからもそのお気持ちを大切に、気持ちが向かう方向に逆らう事なく、過ごされてもいいんじゃないかなって思うんです。
俳句から伝わってくるブドリさんの思いが、それを物語っているように感じられるんです…。

ブドリさんのコメントから何となくですけど、『そろそろ気持ちの整理をしないとな』という気持ちが感じられて…。
風向きが変わった時には、自然と気持ちにも変化が表れるように思うので…。

生意気な事を言ってすみません。
ブドリさんの気持ちのままに…そうお伝えしたかったんです。
Posted by MAI at 2008年04月25日 09:17
なぎママさん
私の心を感じてくださりありがとうございます。
誰もいないベンチの脇ではゲートボールが繰り広げられていてギリギリのところでの撮影だったんです。よく見ると旗が立ってますよ^^
桜の花はいろいろな想いと共に咲いては散って、心の中に思い出として積もっていくのかもしれません。
こちらこそ、なぎ君の成長を見守らせていただいて、成長の素晴らしさを感じさせていただきありがとうございます。

MAIさん
やっぱりMAIさんです。隅々まで見て私の目線で思いを馳せてくれましたね。嬉しいです。
悲しい思い出にとどめず、楽しかった思い出として輝き続けさせたいと思います。
生意気な事なんて全くありません。優しい言葉に感謝です。
Posted by ブドリ at 2008年04月26日 00:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック