引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年03月18日

咲く椿 散る椿

暖かい日が続き、桜の蕾も段々膨らんできましたね。

咲く花もあれば、散る花もあるのはどの季節にもあることですが、なぜか春は感慨深いものがあります。
それを色濃くあらわす花が椿です。花の形のまま落ちることも多いからでしょうか。

そんな椿をマウスオンでご覧下さい。


続いてもマウスオンでどうぞ。


こんなに激しく散る椿も。
ツバキ


花が散るところには咲く花も。散った花はやがて土に返り、他の命のためにその身を捧げるんです。
落ち椿


「咲く椿 落ちる椿も また命」

「散りてなお 色鮮やかに 落椿」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

タグ:椿
posted by ブドリ at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブドリ様

ありがとうございます。
なんか、ミャーのことについて、お話しているように感じてしまい、嬉しくなっちゃいました。
自己中でごめんなさい(^^;

オオイヌノフグリの花畑は、ミャーが大好きなベットだったんですよ(^^)
Posted by なぎママ at 2008年03月19日 07:46
『感慨深い』←同感です。
二枚目のマウスオンの写真が、特に淋しさを誘う感じです(/_;)
咲いている椿が、落ちてしまった椿を悲しげに見つめているようで…。
こんなにも色鮮やかなのに、悲しい気持ちになっていたんですけど、ブドリさんのこの言葉(散った花はやがて土に返り、他の命のためにその身を捧げるんです)でその気持ちも少し軽くなりました!
Posted by MAI at 2008年03月19日 09:30
精一杯咲いた後は、迷うことなくポトリと落ちる椿、その潔さが好きです。
あんなにあっさりと落ちて、よく実が出来るものだと感心してしまいます。

<落ち椿 母と拾いし懐かしさ>
母に手を引かれて神社の境内へいくと、たくさんの椿が落ちていて、母はそれを繋げて首飾りを作ってくれました。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2008年03月19日 16:03
椿だ!昔、うちの実家にも椿の木があったと思いました。。。赤の椿だったかな。
満開に咲いた花も散って葉になるんですよね。
毎年毎年頑張って咲いてるから大切にしたいです。
Posted by あすかママ at 2008年03月19日 16:48
なぎママさん
自己中じゃありませんよ。写真を撮影したのは日曜日でしたが、記事を書いている時にはミャーのことも意識しました。オオイヌノフグリは偶然ですね。ひょっとしたらミャーが私に合図を送ってきたのかもしれませんね。
ミャーも花を咲かせ、そして新たな種を心に植えつけてくれたんですよ。なぎ君の中でどんな花が咲くのでしょうね。

MAIさん
いろいろと感じてくれて嬉しいです。
命は途切れることなく繋がっているんです。物理的に子孫を残さなくても、何らかの形で次代に種を植えたり、栄養となったりしていると感じてます。
だから花が散るのは寂しいけど、悲しいことではないんですよ。

森のどんぐり屋さん
そうなんですよ、よくこれで実が出来るなと思います。
お母さんが椿の花で首飾りを作ってくれたのですか。素敵な思い出ですね。

あすかママさん
椿の木があるのですか!花の色を確かめて大切にしてくださいね。
うちの庭にもあるのですが、野良猫に占領されてて庭に出るのが怖くて・・・猫が苦手な私です。
Posted by ブドリ at 2008年03月19日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック