引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年03月01日

満作

またまた昨年もお届けした春の花をお届けします。その名も「マンサク(満作)」
春に他の花に先駆けて咲くので「まず咲く」が転じて「まんさく」になったといわれています。

たくさんの花が咲き、光を浴びて金色に輝くマンサクの木をご覧下さい。
マンサク


こんな風にたくさん花が付いているんですよ。マウスオンでご覧下さい。


マンサクの花はこんな細長いひも状のちぢれた花なんです。
万作の花


花言葉は「霊感」「ひらめき」「直感」「神秘」「幸福の再来」
このうちだったら「幸福の再来」が一番いいですよね。

「マンサクの 花の数だけ 幸祈り」


昨年の記事はこちら→早春の花々


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:42 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マンサクの花を初めてこの眼で見たのが先週。古い人家の軒下にそこだけ光り輝くような様子にはっとさせられました。そんな光景を思い出させる見事な咲き振りです。近所の梅園にも10年ぶりに足を踏み入れてきました。この年になってから見る花々がなぜか魅力的に見えるようになって不思議な気がします。ブドリさんが眼にした河津桜、蕗の薹、ミツマタの花たちの登場で春の足音が聞き取れるようになりましたね。いつも季節を掴んで見せてくださるブドリさんに感謝です。
Posted by マルメロ at 2008年03月01日 23:32
金色に輝く満作のお花を見て、このお花の下に立ち、お花の間から覗く空を見上げてみたくなりました(*^ー^)/
去年の満作とは、お花の咲き具合が違うように感じます。
これからまだ、咲くんでしょうか?
俳句、ブドリさんの優しい気持ちが、たくさん込められていますね!
Posted by MAI at 2008年03月02日 07:46
「幸福の再来」かぁ。
思うだけでもいい言葉ですね。
マンサクの花、実物は見たことないですが、おもしろい形ですね。
それを全体で見ると、金色に輝いて見える。
素敵です。
Posted by だのん at 2008年03月02日 14:36
花々の存在は、実際に見ているはずなのに、ブドリさんに教えてもらって初めて気づくことが多いです(^^;
日曜日も、ハーブガーデンでミツマタを発見。
いままでもあったはずなのに気づかないんですよねぇ。
ただ、まだ蜂の巣状態でしたが・・・。
まんさくも来週のお出かけで、発見できるかな♪♪

発見すると、ブドリさんに呼び止められているような感じがして、ワクワクしちゃいます(^^)
Posted by なぎママ at 2008年03月02日 17:32
マルメロさん
満作の花を見られたのですね。初めて見たときはなんて花だ!って驚き、季節を伝えていると知ってまた驚きましたよ。
私のブログで季節を感じて貰えているなんて光栄です。これからも季節をお伝えしていきます!

MAIさん
ひも状の花の下から空を見てると不思議な気分ですよ。
昨年は咲き始めだったので花の数が少なかったんです。たくさん咲くとこんな風に光を浴びると金色に輝いているようになります。今年はちょっと遅めだったのでもう少し咲いていると思いますよ。

だのんさん
マンサクの花の名には万作という漢字も当てられて、たくさん成るという思いも込められています。一つ一つは小さいのに集まると金色に見えて本当にたくさんの福を届けてくれそうです。

なぎママさん
花って知らないと気付かないのが多いですよ。私もブログを始めて季節の花を調べるようになってから身近なところで「ここにもあった」「こんなところにもあったんだ」と気付くことがよくありますよ。なぎママさんが気付くきっかけになっているのはとても嬉しいです。これからも呼び止めますね^^
Posted by ブドリ at 2008年03月03日 07:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック