引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年02月27日

ふきのとう

今回は足もとから伝わってくる春の足音をお届けします。
2/24に皇居東御苑で撮影したフキノトウです。
昨年よりもやや遅く出蕾したようです。

「春の皿には苦味を盛れ」といって春の苦味は、冬眠状態のカラダを目覚めさせてくれます。それは人に限ったことではなくて冬眠明けの熊も食べ、これらで早く目覚めるのだそうです。

寒い冬を過ごし、雪にも耐えてようやく地面の中から顔を出した蕗の薹です。
フキノトウ


「蕗の薹 春が来るよと 顔を出し」


次々に顔を出すフキノトウをマウスオン・クリックでご覧下さい。
耳を澄ますと顔を出す音が聞こえてきそうです。


今日読んでいた本に金子みすずの詩が載っていて、他の詩もとインターネットで調べていたらみつけました。ちょっと花は違いますけど、感じてください。
見えるものだけがすべてじゃない。
見えなくてもちゃんとあるものを感じてください。

ほしと たんぽぽ 〜金子みすず〜

 あおい おそらの そこふかく、
 うみの こいしの そのように、
 よるが くるまで しずんでる、
 ひるの おほしは めに みえぬ。
 みえぬけれども あるんだよ、
 みえぬ ものでも あるんだよ。

 ちって すがれた たんぽぽの、
 かわらの すきに だぁまって、
 はるの くるまで かくれてる、
 つよい その ねは めに みえぬ。
 みえぬけれども あるんだよ、
 みえぬ ものでも あるんだよ。


昨年の記事の中でちょっと花への接し方へのお願いを書いていたんです
フキノトウは私に何かメッセージを伝えに足音を響かせているようです。
昨年の記事はこちら→蕗の薹(フキノトウ)

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り



参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:31 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
春の息吹が聞こえてきそうです♪
ふきのとうのこの柔らかな色合いが、春を心待ちにするもの達へ、優しく訴えるかのようです(*^∇^)
去年の記事、拝見しました。
『金子みすず』さんの詩のように、目で見るだけでなく、心の声に耳を傾ける事が出来るなら、一生懸命に土を押し上げ、蕾を出したふきのとうを摘むなんて事は出来ないと思います(悲)。
皆が少しずつ優しい心を持ちながら、自然と共存していけたらいいのになと思いました。
Posted by MAI at 2008年02月28日 08:49
ブドリさん、お花への接し方について、いつも心に留めてます。

そこで先日の愚痴を書かせていただいても良いかしら・・・。
吾妻山公園へ行ったとき、やさしく触りながら水仙の匂いをかいでいるなぎの隣で、中年のご婦人が、水仙畑の真ん中にズカズカと入り込んでいったんです。
その姿に思わず唖然としながら見ていたら、カメラを構えたご主人が、その姿に気づき、奥さんに対してきつくしかってました。
それでも水仙に囲まれて写真を撮りたいからと話す奥さんに対して、それなら写真を撮らないという旦那さんの姿を見て、ホッとしました。

そんな会話を繰り広げた後、そのご婦人が、懲りることなく去り際私たちに、「上の道から撮影した方が一面に広がっているし、囲まれているように見えるから綺麗よ。」との言葉を残していったんですよぉ!!

どうしてお花に囲まれていないと綺麗じゃないんでしょうね。
一輪の花を大切に、愛おしそうに匂いをかぐなぎの姿は、とっても可愛らしく、水仙だって飛びきり綺麗なのに・・・。

と、許可もなく愚痴を書いてしまってごめんなさい。
なぎは、菜の花もフキノトウも摘むのが大好きですが、公園では摘みません。
「ここは皆が見るものだからとっちゃだめなんだよね。」と言いながら、そっと触って匂いをかぐなぎには、ブドリさんの思いが伝わっているかしら(^^)
Posted by なぎママ at 2008年02月28日 18:39
MAIさん
今この瞬間だけではなくて、成長してきた過程や、土の中で動いていることなどの目に見えないことにも思いを馳せて、花を見つめて欲しいです。取っていいところと取ってはならないところ、守るべきところをまずはきちっと認識して欲しいです。

なぎママさん
なぎ君の心には言うこと無しですよ。その気持ちが心の底から嬉しいです。心無い人に影響されず、今の心を大事に成長して欲しいです。嬉しい!なぎママさん達の育て方も素晴らしいんですね。
新宿御苑の福寿草の上に三脚を置いて撮ってるおろかな初老の男性を見ました。注意されてもやめようとしてなくてブチ切れそうになりました。事を荒立ててはと気持ちをなだめるためにはなれましたけど本当に困ったもんです。なぎ君のつめの垢でも煎じて飲ませてやりたいです。
Posted by ブドリ at 2008年02月28日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック