引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年02月19日

小さくとも大きな命

今日は思わぬところで育つ木をお届けします。撮影場所は小石川後楽園です。

さてさてどこに生えたのでしょうか?
下の写真を見れば一目瞭然!マウスオンでご覧下さい。


池に置かれた苔むす石の上で芽を出した木です。
マウスオン→クリックでどうぞ

どれだけの偶然が重なったんだろう
どれだけの力が働いたんだろう
種が落ち 芽が出て 成長して
どれだけの奇跡が重なったんだろう
ホントの居場所はここじゃない
そう思ったかもしれない

マウスオンでどうぞ

それでも
心もとない場所で
しっかりと根を生やし
空を見上げて
雲に届くことを目指してる
石の上にも3年
たくさんの奇跡のおかげで
ここで成長できることに感謝して

「柔らかな 陽射し感じる 雨水かな」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

タグ: 新芽
posted by ブドリ at 23:58 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日は、文章だけではなく、詩も登場ですね!
『苔むす石の上の木』なんて、すごいですね(゚∇^*)
偶然が重なって、ここに根を生やす事になったんでしょうけど、他の木とは離れた場所で、最初は不安や戸惑いもあったでしょうね…。
でも今は、陽の光を存分に浴びながら、四季折々変化する風景を眺め、幸せな気分でいるんじゃないでしょうか?
ブドリさんの優しい視点の写真に、心が穏やかになりました♪
Posted by MAI at 2008年02月20日 08:54
たくさんの偶然と力と奇跡がもたらしたこの命・・・。

とっても素敵な詩ですね!! 心がジーンと熱くなっちゃいました。
だって、詩だけ読んでいると、なぎが私のもとへ生まれてきてくれたことについての詩みたいに感じてしまったものですから♪♪

たくさんの偶然と力と奇跡によって、この世に生を受けて早三年。
でもお腹の中にいるときから、いやそのもっとずっと前から待ちわびていた大事な大事な小さな命。
なぎはもしかして、こんなところに生まれてきたくなかったと思っているかな。頼りない母に不満を感じているかな。

でも、日々少しずつ成長して、心も体も大きくなってくれています。

なぎを私のもとに運んできてくれた多くの奇跡に感謝感謝です。





Posted by なぎママ at 2008年02月20日 17:59
この木、大切にしたいですね〜。
1本でも頑張って育ってるんだから感動です。
この木がどんどん成長して、花が咲いてくれたらいいですけどね…
詩も感動しちゃいました。
Posted by あすかママ at 2008年02月20日 18:11
MAIさん
久しぶりにこちらにも詩を登場させました^^
最初はビックリしたかもしれませんけど今は喜んでいると思いますよ。
穏やかな気持ちになってくれたのですね。お役に立てて嬉しいです。

なぎママさん
なぎ君はなぎママさん達のたくさんの愛情をうけてますから、なぎママさんのところに生まれてきて良かったって思ってますよ。あんなに家族みんなのことを思ってるんですからね。
子供が生まれるのも奇跡的な出会いですから感謝ですよね。

あすかママさん
不安定な場所にしっかりと育つ姿は凄いですよね。
どこまで育つか楽しみです。
Posted by ブドリ at 2008年02月20日 20:45
縁ありてここに芽生えし命ゆえ
       そを受け容れてひたすら生きむ

<無>というテーマの禅問答のような写真ですね。
あるがままの姿に胸を打たれます。
       
Posted by 森のどんぐり屋 at 2008年02月22日 10:43
森のどんぐり屋さん
人為的ではなくホントに自然の中で芽生えた命だからこそ生の力強さを感じられると思います。
あるがままの自然て凄いですね。
Posted by ブドリ at 2008年02月22日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック