引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年01月16日

ゴイサギ

今回から数回、鳥シリーズになります。

第1回はゴイサギです。
今回紹介するゴイサギはいつも訪れる某公園(珍しくはない鳥ですが、ようやく棲みついたばかりでそっとしておきたいので場所は伏せておきます)に、元旦の日に始めて対面しました。それから足しげく通っているかいないか確認の日々。
そして14日・成人の日の早朝から出向いて確認に行き、明るくなると共に撮影を始めました。
この鳥は夜行性なのであまり明るくなると茂みの中などに隠れてしまうので短時間の勝負でした。

池の真ん中にある朽木にじっと止まっているのがゴイサギです。
五位鷺


一羽しかいないので後姿が寂しそう? マウスオンでどうぞ。


「一人身の 姿寂しき 冬の池」

サギの後姿と一人身の私の姿を掛けてみました。

池の周りを歩き回って池の中に餌を探し回ってます。
ゴイサギ


池の中をちょっと飛んだりして移動しているうちに徐々に近くに!
マウスを載せた写真が最接近で1.5mあるかないかの距離です。


ゴイサギ後姿ゴイサギ(五位鷺) コウノトリ目サギ科
英名 Black-crowned Night Heron
ゴイサギはサギの中でも鷹などの猛禽類に似た顔をしてます。
写真を撮るのに夢中になっていると、水路脇の茂みの中から野良猫が接近してきていました。思わず猫を威嚇するとゴイサギが驚いて飛んでしまいました。


その飛んだ姿がこちら。
ゴイサギ飛翔


「飛ぶ鷺の 後ろ髪引く 冬の池」


次回はゴイサギが飛ぶ姿を追いかけた写真をお届けします。

昔を振り返ると、去年の2月7日に井の頭公園で撮影したゴイサギを載せていたんです。ほぼ1年たって載せるというのは考えることが同じサイクルなんでしょうか^^;

ついでにその記事で載せていた豆知識をここでもう一度
醍醐天皇が、神泉苑の池にいたこの鳥を見つけ、捕えるように六位の者に命令じ、その者が近づいて「帝の命なるぞ」と鳥に言ったところ、逃げることなく、大人しく捕らえられた。そこで天皇は、勅命に逆らわず神妙であると、褒美に五位の位を賜わり、それ以来、五位のサギ、五位鷺と呼ばれるようになったそうな。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:55 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴイサギ、写真で見ると結構大きそうに見えますね。
猫背気味に見えるのは、寒さのため身をすくめているからでしょうか?
2月7日の記事、拝見しました!
今年の写真のゴイサギの方が、優しい表情に見えます。
見比べてみると、去年のゴイサギは何となくペンギンちっくな気がしました(*^^*)
Posted by MAI at 2008年01月17日 08:41
名前の由来を見直すと、確かに位の高そうな風格に見えてしまうのは、私だけかしら・・・(^^;
頭の後ろに1本だけ長く延びているように見える羽(かな?)が、そう見せているのかなぁ(^^)
Posted by なぎママ at 2008年01月17日 16:43
MAIさん
体長は30cmぐらいだと思いますから、そんなに大きくはないんです。ちょっと首をすくめて猫背に見えるのは、餌を狙ってるんですよ。見つけると首がシュッと伸びます。
見比べてくれてありがとうございます。籠の中の鳥と自由を手にしている鳥では人間同様気持ちが違うと顔に表れるのかもしれませんね。

なぎママさん
じっとしている姿は格好いいですよ。落ち着いていて風格があるといえます。
頭の後ろの羽根は冠羽というんです。五位の位を頂いた時の烏帽子なんでしょうかね^^
Posted by ブドリ at 2008年01月18日 00:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック