引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2008年01月05日

一富士・二鷹

新年も5日を過ぎたのですが、一富士二鷹をお届けします。

まずは一富士
富士山は年初から撮りたいと思っていたのですが、見える場所に行くと調度雲がかかっていて見えないという繰り返しでした。見たいときに見られないというのが都会の悲しさ。
今日も夕方の都庁展望室では見えなかったのですが、日が沈むにつれてその姿がうっすらと見えてきました。

マウスオン→クリックでご覧下さい。


太陽が山の向こうに沈んだ後の富士山のシルエットです。
富士山


続いて二鷹
お正月の2日、3日に浜離宮庭園で諏訪流放鷹(ほうよう)術の実演がありました。私は2日の午後に見に行ってきました。

まずは鷹の姿と飛ぶ姿をマウスオンでどうぞ


これは鷹の仲間ですが種類がわかりませんけど、キリッとした顔をマウスオンでご覧下さい。


もう一つ!飛んでる姿を繰り返しご覧下さい。
taka.gif


「富士に鷹 初夢よりも 効果あり?」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

タグ:富士山
posted by ブドリ at 23:54 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | .イベント・風物詩  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
富士山、写真のようにうっすらと見えるのも風流でいいなと思います!
やっぱり、太陽と富士山の組み合わせはいいですね(*^-')/
鷹のアップの写真、こんなに近距離で見たのは初めてなので驚きです。
正面アップは、思っていたよりも優しい顔をしているように見えました。
マウスオンの横顔は、私が描いていた鷹の表情そのままで、凛々しいですね。
Posted by MAI at 2008年01月06日 05:41
今回の旅行は、席と天候に恵まれ、行きの飛行機と帰りの新幹線の窓から、富士山を見ることが出来たんですよ〜。
真っ青な空をバックに白い富士山がとってもきれいでしたが、赤く染められた空に浮ぶ富士山のシルエットも正月らしさが引き立ってきて、きれいですね〜!!

富士山は見られても、鷹はなかなか見ることが出来ないので、縁起のよさがましますね♪♪
今年もたっぷり良いことがありそうです(^^)
Posted by なぎママ at 2008年01月06日 12:18
で、ナスビは?(笑)

現代は冬にもナスビがありますが、この言い伝えはかなり古いでしょうに、なんでナスビなのでしょう?
なにか訳ありなんですか?
Posted by 森のどんぐり屋 at 2008年01月06日 15:30
MAIさん
富士山はとにかく見えると絵になる山、どんな組み合わせでも見せる不思議な山ですよね。
鷹を見る機会なんてそうはないですから私もちょっと興奮気味でしたよ。
凛々しい姿にちょっと惚れ惚れしちゃいました^^

なぎママさん
上から横から富士山を見られたのですね。うらやましい^^
本当に富士山はどこから見ても、どう見てもいい山ですよね。
鷹とあわせていいことありますよ!

森のどんぐり屋さん
どなたかにナスビは?って指摘されるかもと思っていたのですが^^;
一富士二鷹三茄子にはいろいろな言い伝えがあるようなんですけど、「富士」は日本一の山、「鷹」は賢くて強い鳥、「茄子」は“生す”“成す”で物事の発展するさまを言い表わしているというのが一般的なようです。
Posted by ブドリ at 2008年01月07日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック