引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年11月20日

お茶の花

茶と聞けばほとんどの人は「夏も近づく八十八夜」と歌われるように茶摘、そしてお茶の葉ですよね。
ここで登場するのは茶の葉で、茶葉は注目されますが花はまったくといっていいほど気にかけられません。そんな茶の花は10月から11月にかけて咲くんです。それを知らない人がほとんどなのでは・・・
書いている私も、写真を撮るようになるまでは知らなかったうちの一人です(^^;)
撮影したのは11/3(皇居東御苑)とちょっと前ですが、茶の花は冬の季語なので今頃がいいかなと、満を持しての登場です。

チャ(茶) ツバキ科
椿や山茶花(さざんか)の仲間なので、花の雰囲気はよく似ていて、小ぶりです。
マウスオンでご覧下さい。


茶の花の蕾です。10/6撮影
茶のつぼみ


茶の実です。花が咲いた翌年の秋に実をつけます。
茶の実


実の中には通常3個の種子があります。3個ある感じがわかりますか?
茶の種


実が弾けて種がこぼれ落ちます。マウスオンでご覧下さい。


「侘びとさび その身に秘める お茶の花」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

タグ:
posted by ブドリ at 23:32 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらは足柄茶の産地ですので、今日は堂々と「知ってましたよ〜」と答えたかったのですが、花は知っていても、実をつけるのが翌年とは知りませんでした(^^;
身近にありながら、情けないですねぇ・・・。

お茶の実と言えば、少し前に保育園からの連絡簿へ
「お散歩の途中でお茶の実を見つけ、夢中になって拾い、手にいっぱい持っていたのですが、保育園につくとすべてなくなっていました。」
と書かれていました。
なんとなく想像がついて、一人で笑っちゃいました(^^)
Posted by なぎママ at 2007年11月21日 06:52
お茶の花、椿やサザンカと同じ仲間なんですね!
お花を見たら、似てるなと思いました(*^^)/
お茶の実、お花が咲いたその年に成るのではなくて、翌年に身をつけるんですね…二年がかりなんて、すごいなぁと思います。
少しずつ少しずつ姿を変えていくんですね。
種子が3個、殻(?)の間から顔を出した種子が可愛らしいです。
最後の写真を見ると、長い間お疲れ様という感じです♪
Posted by MAI at 2007年11月21日 08:50
なぎママさん
お茶の花や実までってなかなか知りませんよね。
お茶の実を集めて保育園まで行くまでに全部なくなっちゃうなんて、かわいい^^
でも、そういうのってよくありますよね。小さな手で一生懸命に持ってても次々と落ちて行っちゃって、そのうち気にしなくなったりして。
いろいろ経験ですね^^

MAIさん
花の雰囲気は椿や山茶花に似てるでしょ!でも、なかなか見ることはないですから、知る機会は少ないですよね。
時間をかけてじっくり実る様がさらにお茶の世界を深く感じさせてくれますね。
Posted by ブドリ at 2007年11月22日 00:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック