引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年11月19日

ビワの花

木枯しが吹いてから一気に冷え込みました。もう冬なんですね。
冬になると咲く花の数がグッと少なくなりますが、これからの時期が盛りなのが「ビワの花」です。初夏にオレンジ色のみずみずしくて美味しいあの実がなる「ビワの花」です。

ビワ(枇杷)  バラ科
びわの花学名:Eriobotrya japonica
葉の形が楽器の琵琶(びわ)に似ているところから名づけられました。

1cmぐらいの花が密集して咲くのですが、なかなか気付きにくい花です。


新宿御苑のビワの木ですが、ようやく咲き始めたところでこれから賑やかになります。マウスオンでご覧下さい。


「控えめに 枇杷の花咲き 日向ぼこ」


花は咲いていなくても、咲く時期を知っているのか、ちゃんと虫が飛んでくるんですね。
ビワ


これから咲かんとする蕾が冬の空目指して伸びをしています。これからどんどん咲くでしょう。
冬空とビワの木


「北風に 促されたか 枇杷の咲く」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:58 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あら、ビワの花って冬に咲いていたのですね〜。
花を見たことがあるのに、冬に咲いていることを忘れているようです(^^;

と言うより、我が家の庭にも数年前に植えたビワの木が並んでいるのですが、花が咲いていません(;。;)
今年も実らないのねぇ・・・(>。<)
Posted by なぎママ at 2007年11月20日 06:45
ビワの名前の由来は、琵琶から来ていたんですね!
ビワの実が和風な雰囲気を持つように、ビワのお花もまた和風な可愛らしさを持っていますね(*~o~*)
ミツバチちゃんがお花と保護色になっていますね。
蜜を摘んでいる間も、外敵から襲われないようにしてるのかななんて思ったんですけど、他のお花ではそんな事はありませんよね(汗)。
一番下の写真、本当に冬の空ですね。
この色合いが何とも冬の色っていう感じです。
Posted by MAI at 2007年11月20日 08:55
なぎママさん
実には気がついても花は忘れられてしまうんですよね。目立たないけど重要なのに。
ビワの木は「桃栗三年、柿八年、枇杷は9年でなりかねる」とか、「桃栗三年、柿八年、枇杷十三年」といわれるほど実がなりにくいんです。気長に待ってください。きっとなぎ君がもうちょっと大きくなって自分で取れるぐらいになる頃にはたわわに実をつけてくれるでしょう。

MAIさん
琵琶とは名前が同じと思っても、そこから来てるなんて思いませんよね。
虫たちも見つからないように工夫してますよ。似た色を探して飛んでるのでしょうね。
Posted by ブドリ at 2007年11月21日 00:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック