引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年11月03日

ツワブキ その1

皇居東御苑で撮影したツワブキを2回(予定)に分けてお届けします。
誰ですか?妻夫木?なんて思ったのは?
ダメですよ、私が撮影しながら「ツワブキ聡、なんちゃって」って一人でオヤジギャグをつぶやいてたんですから真似しないで下さいよ。

本題に戻って、ツワブキをお届けします。

ツワブキ(石蕗) キク科
ツワブキ名前の由来は蕗(ふき)に似た葉の表面に”つや”があるから、”つやぶき”。それが変化して「つわぶき」になりました。

ツワブキの葉は民間薬として使われ、葉の開く前の伸びた葉柄(ようへい)を摘み取り、葉は捨てて柄だけを食用にします。

津和野は「つわぶきの生い茂る野」をその名のルーツにもつといわれています。


皇居東御苑のあちこちに咲いているのですが、今回は二の丸池の滝の周りに咲いているツワブキです。マウスオン→クリックでどうぞ。


滝のそばのツワブキです。マウスオンでどうぞ。


二の丸池を照らす光に照らされるツワブキです。
石蕗


「陽に照りて 色づき鮮やか 石蕗(つわ)の花」


ツワブキの季節は分類上「冬」になるんですよね。だからこの俳句も早くも冬の俳句ということになります。はや〜!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:55 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ツワブキ聡、なんちゃって」←私も同じ事思っちゃいました(^o^;)
オバサンギャグ?(涙)
山の中の一部という雰囲気で、こういう場所大好きなんです!!
ツワブキって、菊やマーガレットのような形なんですね。
カワイイお花ですね〜。
Myお気に入りランキングに登録しなきゃ♪
川面を見つめるツワブキの姿も、印象的です。
Posted by MAI at 2007年11月04日 07:35
MAIさん
MAIさんもですか!?言葉遊びは頭を柔らかくしますから^^
ツワブキはキクの仲間なので風情がありますよね。。
お気に入りに入れてあげてください。
Posted by ブドリ at 2007年11月05日 00:18
玉川も二の丸池もキラキラ輝いてきれいですね〜。
ツワブキも反射鏡で照らされ、可愛らしさが引き立てられているみたいです(^^)
Posted by なぎママ at 2007年11月05日 12:43
なぎママさん
水辺に立って、太陽が輝いているとまず探すのが水面の輝きです。それから周りを探すんです^^
ツワブキも気持ちよさそうにしてましたよ^^
Posted by ブドリ at 2007年11月06日 01:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック