引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年10月08日

モクセイ

今日はモクセイをお届けします。といっても宇宙を漂う木星の天体写真ではなくて、この時期、何処からともなくいい香りを漂わせる木犀の花の仲間です。

皆さんが良く知っているのはオレンジ色の金木犀(キンモクセイ)でしょう。まずはキンモクセイから。

キンモクセイ(金木犀) モクセイ科
金木犀咲いているあいだじゅう強い香りを放ち、かなり遠くからでも咲いていることがわかります。花が終わって散ると、木の周りが金色の雪が降り積もったようになります。
中国語では”桂”は木犀のことを指し、桂花陳酒は金木犀を漬けたお酒です。
撮影場所:皇居東御苑


小さな花をマウスオンでご覧下さい。


金木犀とほとんど同じ花で銀木犀があります。

銀木犀ギンモクセイ(銀木犀) モクセイ科
ギンモクセイは白い花をつけます。匂いはキンモクセイほど強くはありませんがいい匂いです。中国名は「桂花」
撮影場所:新宿御苑



ギンモクセイの花をマウスオンでご覧下さい。日当たりの関係で黄色く見えてますがご愛嬌ということで。


ギンモクセイの変種にウスギモクセイ(薄黄木犀)というものがあります。

DSC37972.JPGウスギモクセイ(薄黄木犀) モクセイ科
花の色は薄い黄色。金木犀ほどではありませんが匂います。
実ができて、5〜6月頃に黒く熟すそうです。
撮影場所:皇居東御苑


ウスギモクセイの花をマウスオンでご覧下さい。


この写真で見比べると、ウスギモクセイとギンモクセイが逆のように見えますね。実際にギンモクセイはウスギモクセイと間違えられているようなのでひょっとしたらってことも・・・

「木犀の 香りはるかに 振りまいて」

「遥かから 香りを辿れば 金木犀」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 21:09 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
奇遇ですね!
私も今日の詩にキンモクセイに登場してもらったんです。
この時期、どこかから漂ってくる甘い香りは、この写真の様に可愛らしいお花が放っているんですよね('-^*)
ギンモクセイはキンモクセイに比べて少し繊細さを感じます。
こういう風に比較出来るのが、すごく嬉しいです。
ウスギモクセイの葉が、虫に食べられちゃっているのがカワイそうです(涙)。
虫にとっては、花より団子なんでしょうね…。
Posted by MAI at 2007年10月09日 08:34
金・銀・薄黄。頭だけとるとどれもちょっとリッチな感じの響きですね(^^)
実際は、小さいくってかわいいお花がいっぱいついていて、あま〜い香りに誘われます。
どちらにしても、魅力的なお花ですね(^^)
Posted by なぎママ at 2007年10月09日 11:23
MAIさん
MAIさんの詩にも登場してましたね^^
こんなにも小さな花から遠くまで香りが届くんですよね。
ウスギモクセイの虫食いに目が行くのはさすがMAIさん、優しい目で見ているなって嬉しくなります^^

なぎママさん
名前は金・銀とリッチなんです。香りも遠くまで飛ばすほどリッチですよね。
小さな花が力を合わせて魅力的な花です。
Posted by ブドリ at 2007年10月09日 22:12
最近、至る所でいい匂いがしていますね。
私の地元ではキンモクセイはもっと遅くに咲きます。気候の違いをしみじみ感じている今日この頃です。
木犀にもいろいろあるんですね(^-^)
Posted by かのこ at 2007年10月13日 21:36
かのこさん
今年はこれでもキンモクセイが咲くのは1週間ぐらいは遅いと思いますよ。猛暑の影響でしょうね。
場所によって咲く時期がちょっとずれるほど日本は広いってことですね。それを肌で感じられて良かったですね。
Posted by ブドリ at 2007年10月14日 00:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック