引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年08月30日

またまた虹色発見!

真夏のようなかんかん照りが収まったかと思ったら、連日の曇り空。なかなか調度よくはならないものですね。
曇りの日が2,3日続いてくると心まで曇りがちではないですか?
あ、それは私だけかもしれませんけど・・・

心に虹を描いて心が曇らないようにというわけで、今回は8/19に新宿御苑で探し回った虹色特集です。
でも、クモの巣の虹なので虫が苦手な人はちょっと心して下さいね。

それでは、まず深呼吸して〜、さぁどうぞ。

このクモの巣がちょっと向きを変えるだけで・・・マウスオンでどうぞ


そしてこの巣の一部分だけでも、ほらこの通り。
マウスオンでご覧下さい。


このクモの巣だってほら!マウスオンでどうぞ。


クモの巣を中心に寄ったり引いたりしても。
マウスオンで引いて、クリックで寄った写真です。見比べてください。


こんなに綺麗にクモの巣が張っているとはさすが新宿御苑です。太陽に照らされるクモの巣の探し甲斐がありました。

「虹色を 捕らえて放さぬ 蜘蛛の網」


虫が苦手な方、大丈夫でしたか?

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:43 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | .虹色探し  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
虫は苦手ですが、蜘蛛がはっきり写っているものがなかったので安心しました(^^)

蜘蛛の巣が捕らえて離さないものは、飛んでくる虫さんだけではなかったんですね〜。
捕らえられ虹色に、私もすっかり虜です。
Posted by なぎママ at 2007年08月31日 06:26
虫が苦手な人という事で、はいはいは〜い、挙手しちゃいます(笑)。
でも、クモの姿は一箇所だけだったので、大丈夫でした!
クモの巣にこんなにキレイな虹を見せてくれるのだから、クモにも感謝の気持ちを持たないといけないですよ
ね(*^o^*)
どれも輝いていて好きなんですけど、やっぱりマウスオン→クリックの写真が一番好きです♪
Posted by MAI at 2007年08月31日 08:36
そろそろジョロウグモの立派な網が目立ち始めましたね!
これからが楽しみです。
足元のささやかな網にも、驚くような虹色が見られるときもありますので、見逃さないで!
Posted by 森のどんぐり屋 at 2007年08月31日 10:17
ブドリさん。こんにちわ。
いつもご配慮ありがとうございます。
蜘蛛の巣の虹、きれいですね。
すばらしい!!
先日、日光の裏見の滝というところで、足元に虹が出て、実にきれいだったのですが、写真はうまく撮れませんでした。がっかり。(ーー;)
ブドリさんだったら、大傑作になったでしょうに。

小石川の植物園の分園に当たるそうですが、日光植物園に行ってきました。
広くて、歩くだけでくたくたになりました。
体力不足を実感。
ようやく、涼しくなって、ほっとしています。



Posted by nenemu8921 at 2007年08月31日 11:11
なぎママさん
クモは芸術も理解するようで虹も捕まえちゃうんですよ^^
是非なぎ君と探してみてください!

MAIさん
こわごわ見ることのないようになるべく蜘蛛が目立たないような写真を選びました^^
蜘蛛は苦手でもクモの巣を見つけたらちょっと太陽の位置を意識して見てみてください。詩作にいい影響があるかもしれませんから!

森のどんぐり屋さん
立派な巣が目立ちだしました。巣だけを見ていても見事さに感心しちゃいます。
足もとの巣にもですね。よく見てみます。

nenemu8921さん
クモの巣の虹はクモの無意識の中の美ですから綺麗なんでしょうね。
滝の虹も撮ってみたいもののひとつです。機会があれば!
日光の植物園は小石川の分園なんです。そこも見てみたいところの一つです。
Posted by ブドリ at 2007年09月01日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック