引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年08月15日

はるかのひまわり

久し振りにフィールドに出てみました。とりあえず皇居東御苑から再会です。

15日は62回目の終戦記念日。
戦争を記憶している人の数もかなり減少し、日本としての戦争の記憶が薄らいでいるような気がします。

ちょっと違いますが、いろいろな災害の記憶も復興が進むにつれ人々の記憶から薄らいでいるような気がします。

今日紹介するのは、「はるかのひまわり」とよばれるひまわりです。
昨年も紹介したのですが、いろいろな記憶をとどめるという意味と、形は違っても命の大切さを見直したいという気持ちで紹介させてもらいます。
はるかのひまわりの「はるか」とは、1995年1月17日午前5時46分に起こった阪神・淡路大震災で亡くなった、 小学6年生の「加藤はるか」ちゃんのことです。はるかちゃんが飼っていたハムスターと、隣の仲良しのオウムに餌として与えていたひまわりの種が、彼女の亡くなった場所からその年の夏にたくさんの花を咲かせて周囲の人を驚かせました。

地域の人たちはそのひまわりに亡くなった彼女の名前をつけて「はるかのひまわり」と呼び、震災からの「復興」と、亡くなった人への「慰霊」の思いを込めてひまわりを咲かせ続けています。

そして2005年1月に阪神淡路大震災10周年追悼に訪れた天皇皇后両陛下も、その種を御所にお持ちかえりになりました。
そして御所に咲いたひまわりの種を東御苑にも蒔いて花を咲かせています。

はるかのひまわり


はるかのひまわりのいろいろな段階です。

ちょっと一言

下の4枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
これから開こうとするひまわりです ちょっと遠慮気味に花を開いたひまわりです 満開のはるかのひまわりです 採種のために大切に袋がかけられています


コメントが見られない方のために
1.これから開こうとするひまわりです
2.ちょっと遠慮気味に花を開いたひまわりです
3.満開のはるかのひまわりです
4.採種のために大切に袋がかけられています

「ひまわりに 命の尊さ 教えられ」

「ひまわりも 命も大きな 花開け」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:49 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
亡くなった人々のことを忘れないために咲くひまわり。みんなの顔が思い浮かぶ気がします。
皇居に種を持ち帰ったというのは、いい話ですね。
気持ちが伝わります。
Posted by かのこ at 2007年08月16日 07:48
『はるかのひまわり』の言葉で、去年のブドリさんの記事を思い出し、その記事を見てみました。
去年の願い『来年もカワイイひまわりが咲きますように』がひまわりにも届いたようです(o^^)o
震災に遭われた方のご冥福をお祈りして、今年もまた来年のカワイイひまわりへ願いを込めたいと思います。
Posted by MAI at 2007年08月16日 08:35
とてもいい話ですね!

思いの純粋さが花になって咲き続け、語り継がれていく、美しいですね。

とても感動しました!

久しぶりのフィールドワーク、お疲れ様でした!
Posted by ゆうさく at 2007年08月16日 08:44
満開のひまわりが、はるかちゃんの笑顔を思わせますね。
一つ一つの大きなひまわりの花に、命の尊さを教えられます。

小さな小さな命。薄れゆく記憶の中に、しっかりと書きとめておかなければですね!!
Posted by なぎママ at 2007年08月16日 17:51
かのこさん
思いのこもったひまわりがいつまでも咲いて、思いを伝えてほしいですね。

MAIさん
去年の記事まで見てくれたんですね。ありがとうございます。
来年もきっとたくさんの人の思いをこめて咲いてくれることでしょうね^^

ゆうさくさん
単に語り継ぐというのは難しいですけど、花に姿を変えることでと伝えやすいですよね。
毎年あちこちで花を咲かせて語りついでほしいです。

なぎママさん
小さくても一つの大事な尊い命。記憶にとどめ、伝えていきたいですね。
Posted by ブドリ at 2007年08月16日 20:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック