引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年07月10日

浅草ほおずき市

入谷・鬼子母神の朝顔市(7/6〜8)が終わると浅草・浅草寺のほおずき市(7/9・10)と続き、江戸の夏を彩ります。
というわけで、9日の仕事後、浅草まで行ってきました。
仕事で行けない予定だったので一眼を持っておらず、GR-DIGITALのみでの撮影です。GR-DIGITALもいいカメラなのでじっくりご覧下さい。

ほおずきと五重塔ほおずき市の日は 「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼ばれ、浅草寺の「功徳日」にもあたり、この日にお参りすると「四万六千日分、日参したのと同様の功徳を得られる」との言い伝えがあります。
なぜ四万六千日かというと、四六時(一日)の千日分が四万六千だという説や、お米の一升は四万六千粒にあたり、一升と一生を掛けてこの日にお参りすると一生無病息災になれるのだという説など色々あります。


まず、マウスオンでご覧下さい。


ほおずき市浅草寺の境内に並ぶほおずき売りの屋台の間は人でぎっしりです。


お祭そして縁日といえば浴衣が一番。萌え〜なんていいませんけど、こういう場所には欠かせませんね。マウスオンでどうぞ。


ほおずき市に来るのは日本人ばかりではなく、さすが国際都市浅草です。マウスオンでどうぞ!

でも、ほおずきの英名はJapanese Lantern Plant ではなくてChinese Lantern Plantなんですけどね。

未来の親方もお上さんの腕に抱かれて修行中です。
ほおずき市2


五重塔 R0031287.JPG
ほおずき
五重塔とほおずき市2 ほおずき市3


「一つどう? ほおずき市の 声響く」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:19 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | .イベント・風物詩  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
朝顔市に続いてほおずき市。これまた江戸情緒たっぷり感じられますね〜。

ほおずき市のにぎわいを、ニュースで見るたび行きたいと思っていたのですが、いつも平日で行けなかったんです。
理由を知らずにいたら、ちゃんと日付に意味があったのですね〜(^^;
「四万六千日分、日参したのと同様の功徳を得られる」それはそれは、平日休みをとってでも行かなくてはですね(^^)
Posted by なぎママ at 2007年07月11日 06:22
五重塔と提灯とほうずき市…和風の煌きが風流ですね(*~o~*)。
訪れた人達の喜びとざわめきが聞こえてきそうです!
ブドリさんのコメント、今日も楽しく読ませて頂きました。
『未来の親方もお上さんの腕に抱かれて修行中です。』←このコメントと写真が特に好きです♪
Posted by MAI at 2007年07月11日 08:37
なぎママさん
ちゃんと意味があってありがたいものなんです。
ほおずき市も昼間からやっているので、是非お休みを取って、なぎ君を連れて行ってあげてください^^
ほおずきの実の皮の笛に挑戦してみても面白いですよ。

MAIさん
まさに日本のというより江戸の夏なんです。ブログをはじめてからいろいろな風物詩に出会えて日本人のありがたさを感じてます。
なぎママさん所のなぎ君を見ているせいか、未来の親方のような子にも目が行くんですよ。可愛いですよね。
Posted by ブドリ at 2007年07月11日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック