引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年06月26日

掃いたような雲

前回に続いて、雲の写真をお届けします。
今回は刷毛で掃いた様な雲の特集です。

たくさん散らかって掃除し切れません!
筋雲1


雑に掃くとこんなに広がっちゃいます!
筋雲2


通称”肋骨雲”と呼ばれるのですが、どう見ても空の背骨です!
この写真の中にお月様が隠れていますが、わからないと思います。
肋骨雲


太陽を頭に据えた聖なる杖とでも名付けましょうか。
モラルの乱れた昨今、世直しのために現れて、掃き清めようとしているのかもしれません。
「天知る、地知る、子知る、我知る」
お天道様はみんなを見てるんだよと諭しているかのようです。
DSC32076.JPG


右の雲がこうもりのように見えませんか?
カラスは負けずに大空を飛んでいましたよ。
DSC32087.JPG


刷毛雲の中に巻かれた様にお月様が浮かんでいました。


「雲を掃き 梅雨まで掃いて くれるなよ」

「夏の雲 空の彼方で 掃き清め」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

タグ:
posted by ブドリ at 23:28 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | .空色日記  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
青い空に描かれた雲の様子を見ていると、何時間でも飽きないですね。

色々な物に例えるのも、大好きです。

聖なる杖、ギリシャ神話に出てきそうな感じがします♪

Posted by なぎママ at 2007年06月27日 06:34
『刷毛で掃いた様な雲』←この発想が素晴らしいですね〜。
ブドリさんのコメントもとてもユーモアがあって面白くて、楽しませてもらいました(*^▽^*)。
青空を掃くと、表情を変えていく雲の姿が何シーンも見られていいなと思いました。
青空、太陽、雲、この三つが揃うとスケールが違ってきますね。
本当ですよね、モラルの乱れた世の中、太陽はいつもどんな僅かな事も見逃さず、見ていると思います!
Posted by MAI at 2007年06月27日 08:45
なぎママさん
雲の変化を見てると飽きませんね。人それぞれのたとえ方があってそれを知るのもおもしろいですから。
杖の雲はギリシャ神話を連想されましたか。実は私もそんなイメージだったんですよ^^

MAIさん
コメントにユーモアだなんて^^;
MAIさんの言うとおり、青空・太陽・雲の3つがそろうと本当にスケールが違います。見ている方の気持ちも広げられます。
Posted by ブドリ at 2007年06月28日 07:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック