引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年06月22日

緑輝く その2

葉っぱシリーズ第2弾です。

ヤツデ(八手) ウコギ科
別名:テングノハウチワ(天狗の葉団扇)
葉が7〜9つに大きく切れ込むところに由来しています。
子供の頃に葉っぱを団扇代わりに使ったことがある人がいるはずです。私も使ったことがありますが、葉っぱは見た目ほどしっかりしてないので強くあおいでも涼しくはなかったのを覚えています。


モミジバフウ(紅葉葉楓) マンサク科
紅葉がきれいな木です。
紅葉葉風ではなくて紅葉葉楓です。楓(ふう)という字を「かえで」と読みがちですが、モミジバフウはマンサク科で、イロハモミジ(いろは紅葉)などはカエデ科に属します。


イロハモミジ(いろは紅葉) カエデ科
モミジバフウをお見せしたらモミジですよね。
別名:イロハカエデ(いろは楓)←「ふう」とは読みませんよ。


秋の木が来れば春の木も
ソメイヨシノ(染井吉野) バラ科
説明はいりませんね


最後にちょっと小ネタを隠して
コブシ(辛夷) モクレン科
つぼみが子供のコブシに似ているからとも、実のごつごつがコブシに見えたからともいわれています。
マウスオンして見るのはだ〜れ?


「空仰ぎ 楽しむ青葉の レントゲン」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 21:28 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | .木々の色づ記  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
光に透けるヤツデ、爽やかな夏を感じます。
ヤツデと言えば、天狗を連想させますね(*^∇^*)。
天狗が持っているヤツデは、硬く丈夫な感じがしたんですけど、実際はそれ程硬くはないんですね。
緑色のモミジって、清々しくてとてもいいですね♪
Posted by MAI at 2007年06月23日 09:53
MAIさん
ヤツデはなんといってもテングノハウチワですからね。広がっている葉っぱはしっかりしているように見えるのですが、扇ぐのには頼りないんです。
モミジは一年を通して楽しめる気だったんですよね。見直しました。
Posted by ブドリ at 2007年06月24日 00:49
どの緑も、光が透けてとってもキレイですね♪

またしても、虫食い穴が良い効果ですね〜〜。

こぶしの葉のお顔は、小さい頃なら少し怖い存在に見ええるかも(^^)
Posted by なぎママ at 2007年06月24日 14:44
なぎママさん
虫食いの魔術です!
絵を描いてるつもりはないんでしょうけど偶然の妙ですよね。
たしかに子供の頃だったら怖いかも知れません。
なぎ君ならおびえるんでしょうかね^^
Posted by ブドリ at 2007年06月24日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック