引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年06月17日

緑輝く その1

ここしばらく花の解説シリーズが続き、図鑑のような感じでしたので、ちょっと雰囲気を変えさせていただきます。

梅雨入りしたのに真夏の日々が続く空の下、小石川植物園で森林浴をしながら、太陽に輝く木々の緑を見上げてみました。
今回は頭は使わず見て感じてください。

マロニエ トチノキ科
和名:セイヨウトチノキ(西洋栃の木)
マロニエと聞くとほとんどの方は名前は聞いたことあると思いますが、パッと思い出せますか?
マウスを乗せてご覧下さい。
どうですか、ヤモリの足みたいでしょ?


タラヨウ(多羅葉) モチノキ科
タラヨウの葉の裏面を傷つけるとその部分が黒くなるんだそうです。これを利用して文字が書け、経文を書くのに使われたヤシ科のタラジュ(多羅樹)にあやかってタラヨウとしたようです。
子どもの手習いにこの葉を使い、手習いの木とかはがきの木などと呼ばれ、現代のハガキ(葉書)の語源になったとも言われています。郵政省では「郵便の木」と呼んでいるようです。
これを知っていれば文字を書いてここでお見せできたのに、残念!
マウスを乗せてご覧下さい。


カシワ(柏・槲) ブナ科
言わずと知れたカシワの木。雌雄異花なんだそうです。
マウスを乗せてご覧下さい。


アメリカスズカケノキ(亜米利加鈴懸木)
よく知られたプラタナスの1種です。
プラタナスは約100年前の明治末にスズカケノキとアメリカスズカケノキの種子が目黒の林業試験場(現在は私の家の近所にある林試の森)に導入されたのが始まりとされています。
マウスを乗せてご覧下さい。


ユリノキ(百合の樹) モクレン科
ユリノキの花はすでにお見せしたので、説明は省略しますが、小石川植物園に植えられている日本最古のユリノキの葉っぱです。
別名のハンテンボク(半纏木)といわれる所以がわかりますよね。
ユリノキの葉っぱにユリノキの葉っぱの影が落ちています。
マウスを乗せてご覧下さい。


「葉のパズル あわせて遊ぶ 夏木陰」


気が付けばいつものように解説付きでしたね^^;

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:50 | 東京 ☀ | Comment(9) | TrackBack(0) | .木々の色づ記  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
光を透過した葉がキレイですね
解説付きでもいいじゃないでしょうか?
あたしなんて何も知らないので勉強になります
これからも いろんなこと教えてくださいね
Posted by ayu at 2007年06月18日 01:09
はじめまして
同じものに感動する人がいるって
ステキデス

こんな木陰でポヨッてしているのが好き
Posted by ふろく at 2007年06月18日 03:17
緑の葉っぱが光で透けて見えて、とってもキレイですね。キラキラノ写真、大好きです!!

土曜日は、輝く太陽の下、富士山がとってもきれいだったんですよ〜〜。
千葉まで出かけてのですが、ベイブリッジからもアクアラインからも見ることができて感動しました。
ブドリさんの目にも止まることがありましたか??
Posted by なぎママ at 2007年06月18日 06:54
タラヨウ=郵便の木って面白いですね。
機会があったら、是非文字を書いた写真を載せて下さい(*^^*)。
柏は、あの柏餅の葉なんでしょうか?
ヨ、ヨダレが(汗)。
アメリカズカケノキを見ていたら、柊の葉を連想しました。
ユリノキの葉、アメリカスズカケノキの葉と並べて見ると、東洋と西洋の葉という感じがします。
今日の俳句、可愛らしいですね♪
Posted by MAI at 2007年06月18日 09:06
ステキな葉っぱたちが、夏の予感!

タラヨウに文字を書いたら、ライターの火などで軽くあぶっておくと、長く保存ができますよ。
彼女にあててラブレター書いてネ。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2007年06月18日 10:28
透過光が美しいですね!
ブラボー!!です!
Posted by Wao!! at 2007年06月18日 21:18
ayuさん
別の目的で見上げたら透けた葉っぱにも特徴があってこれだ!と思ったんですよ。皆さんに喜んでもらえて嬉しいです。
これからも解説付きで頑張りますから一緒に勉強していきましょうね。

ふろくさん
コメントありがとうございます^^
ここの木陰は通り抜ける風も気持ちいいし、人も少なくてポヨッとするにはもってこいの場所ですよ。
これからもよろしくお願いします。

なぎママさん
透けた葉っぱに太陽を感じられるのもとても気持ちいいですね。
富士山は昼間は見えたんですね!夕方、都庁に上ってみたんですけどぼやぁっと影しか見えなかったんです。午前中に富士山を見てから小石川に行けばよかったと思いました。残念です。

MAIさん
タラヨウは面白いですよね。身近で見つけられるといいんですが・・・
柏の葉は柏餅に使われる葉です。やはりゴクッですね^^
葉っぱにも個性があるので楽しいですよ。
俳句もそんな気持ちです^^

森のどんぐり屋さん
そうですね!ラブレターに使えますね!
超自然派のラブレター、効果大かもしれません。
その前に相手を見つけないと^^;

Wao!!さん
木々の下にいるといろいろなものが見られていいですね。
ブラボー!なんて嬉しいです。
Posted by ブドリ at 2007年06月18日 23:15
こんばんは。
葉っぱを透かしてみると綺麗ですよね〜。
私も今年はよく撮っています。
この時期の若い葉だと、色合いもさらに綺麗だと感じますね。
マロニエがヤモリの足に見えてしまうなんて面白いですよね。
Posted by babathegiant at 2007年06月19日 00:16
babathegiantさん
透けた葉っぱって綺麗ですよね。気持ちよくて私も好きです。
ヤモリの足のように襞があるって思っちゃったんですよ。自然はどこかで通じ合っているってことですよ、きっと^^
Posted by ブドリ at 2007年06月19日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック