引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年06月03日

カルガモの親子

野鳥の親子シリーズ第2弾「カルガモの親子」です。
土曜日に井の頭公園に行ったときに撮影しました。

池を眺めていたら悠々と泳ぐカルガモの親子を発見!
カルガモ親子

その行く先を確かめると、岸の近くに寄っていったので急いで後を追いました。


ちょっと一言

下の8枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
茂みの向こうに子ガモたちが遊んでいます親ガモが近くで見守っています親ガモは遅れた2羽が気になってますねみんな揃って移動を始めました
両親そろって子ガモを見守ってますカモの親子を亀も眺めています。親は警戒中!肩を寄せ合って移動中夕陽の中、仲よく泳いでますね


コメントが見られない方のために
1.茂みの向こうに子ガモたちが遊んでいます
2.親ガモが近くで見守っています
3.親ガモは遅れた2羽が気になってますね
4.みんな揃って移動を始めました
5.両親そろって子ガモを見守ってます
6.カモの親子を亀も眺めています。親は警戒中!
7.肩を寄せ合って移動中
8.夕陽の中、仲よく泳いでますね

「鴨の子の やんちゃ盛りと 親の愛」
「遅れずに ちゃんと付いてけ 鴨のヒナ」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:22 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | .生物日記 未分類 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですね〜。
何も言わないけど、見ているだけで心情が伝わってきますね。
親子っていいですね〜。
しみじみ。
Posted by かのこ at 2007年06月03日 23:36
かのこさん
動物の親子っていいですよね。
見ているだけで心温まります。
ガンバレ!って応援しちゃいます。
Posted by ブドリ at 2007年06月04日 00:39
親の視線、見習わないとですね(^^;
暖かく見守り、じっと待ってみんなで仲良く移動する♪♪

とっても心が温まりますね。
Posted by なぎママ at 2007年06月04日 06:30
癒される写真の数々に、心がホワホワしてますヽ(^^*)
カルガモの親は、子供の数をどういう風に認識してるんでしょうか?
普通に数で数えてるんでしょうか?
『親ガモは遅れた2羽が気になってますね』←ブドリさんのこのコメントの写真を見ていて、ふと思いました。
P.S
井の頭公園、色々なお花が咲いていましたか?
久し振りに行ってみたくなりました♪
Posted by MAI at 2007年06月04日 09:08
お久しぶりです。ちょっと見ぬ間に大きくなってではないけれどご無沙汰の間をいっぺんに拝見すること目が回りそうな季節の移ろいの早さですね。
連日の天地花鳥風月の見事な満載連載の様子にブドリさんの感性ますます醸造しつつふくよかに香り立つかのような兆しがいっぱいで楽しみな毎日です。もう一度じっくりと眺めなおしてしばし浮世の憂さを忘れて楽しみま〜す。いつも素敵な写真をありがとう。
Posted by マルメロ at 2007年06月04日 12:28
なぎママさん
見習うなんてとんでもない。なぎ君は素敵に育ってますよ。

MAIさん
子供の数の認識ですかぁ。卵の数からなんでしょうけど全部が孵ってるわけでもないでしょうしね。親子の絆は見えない糸で繋がっているんですよ。
井の頭公園は花が咲いていましたけど、今回は全然撮らなかったんです^^;

マルメロさん
お久し振りです。季節はどんどん移り変わっています。私も写し撮るのが忙しいです(笑)
いろいろなものを見て触れて調べて、皆さんからのコメントにヒントを頂いて勉強させてもらっています。
私のほうこそ皆さんに感謝です。
Posted by ブドリ at 2007年06月05日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック