引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年06月01日

ついにやりました。撮影したかったものの一つの撮影に成功!
それが雷・稲妻・稲光・いかづち等いろいろ呼ばれるとにかく雷の写真です!
月は月で皆さんに知って欲しかったことでもあり、雷は雷であまりの嬉しさで、一晩に2度の更新となりました。

天気が崩れるという天気予報をもとに高いところに上って、崩れていく空を見ようと文京シビックセンターの展望室に!

上から見ると天気の様子がよくわかります。
池袋のサンシャイン60の方向を見ると、サンシャイン60よりも遠く埼玉方向では雨が降っているのがわかる降水雲が見えました。
マウスオンでご覧下さい。


しばらく見ているとこの雲の周りで稲光が何度も見えました。でも見えてからシャッターを切っても後の祭り。

そのうち都内にも黒い雲がかかりだし、ピカピカと稲光があちこちで見えるようになりました。その中でも最もよく見えた新宿から渋谷の間、世田谷方面に狙いをつけ、連続して光る稲光もあるので光ってからの連写でチャレンジした結果!
マウスオンで稲光の部分の拡大写真が見られます。


バンザーイ!と一人で喜び、その後もチャレンジしますがなかなかうまくいきませんでしたが、もう一度だけきました!
ちょっと見にくいのですが写真の中央やや右側に筋が走っています。
マウスオンで稲光の部分の拡大写真が見られます。


「雷に 驚く指で 写し撮り」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 00:52 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | .空色日記  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雷の鳴り響く中での撮影、お疲れ様でした!
稲光の写真、すごいですねΣ(|||▽||| )
こんなにハッキリと写るんですね。
白いペンで波線を書き込んだ様に、クッキリで驚きました。
不穏な雰囲気が漂うのに、どんどん写真に引き込まれていく感じがしました。
Posted by MAI at 2007年06月01日 08:53
すごい、すごーい、稲光もすごいけど、降水雲もすご〜〜い!!

雷の音も光も怖くて苦手ですが、稲妻が走る姿を見るのは大好きです。
理想は、音もなく遠くで光っている姿を窓から見るのが一番!!
しかし我が家の窓からは、山の上にピカピカしている姿しか見れませんので、都会のビル街に落ちている姿は、まるで怪獣映画のようで、迫力がありますね〜〜。
・・・あら、あまり上手な表現ではなかったでしょうか(^^;

Posted by なぎママ at 2007年06月01日 18:50
これは興奮しますね。
いつか撮りたいとは思っていますけど
なかなかチャンスというかタイミングというか
その場になっても撮れる技術が無かろうとか・・・。

いや〜、スゴイ!
良いもの見させていただきました!

私も興奮気味です。
Posted by babathegiant at 2007年06月01日 19:55
おお!凄い!難しいタイミングで良く撮れましたね!
私は雷が怖いんで真似できませぬ……
Posted by Wao!! at 2007年06月01日 22:45
皆さんに返事をする前にお断り。
文京シビックの中では外の音は全く聞こえないので近くで光ろうと雷の音は一切聞こえないんです。ですから実は音に驚くことがない場所なんです。

MAIさん
私もこんなにはっきりと写るとは思ってもいませんでした。自分でもビックリですよ。

なぎママさん
降水雲は森のどんぐり屋さんのところで知って、都庁やここで天気の悪い日に眺めたりしていたのですがようやくはっきりとわかりました。この雲は面白いです。
高いところから見てると雷が上から下だけじゃなくて横にも走るのが見えて壮観ですよ。ここは音が聞こえないからきっと大丈夫ですよ。

babathegiantさん
撮影した後に確認して写っていたので思わず「おおぉー!」とうなってしいました。大興奮です。
これははっきりいって技術というより雷とのタイミングだけですよ。どこに落ちるかわかりませんから、
よく落ちている方向に向かって光ったと思ったら連射か、そろそろかなと思ったら連射ですね。
2枚目の雷はそんな感じで撮影したんです。

Wao!!さん
自分でも驚くタイミングの良さでした。
外で出会う雷は私も嫌いですよ。ここなら雨も当たらないし音も聞こえないので安心して撮影ができたというわけです。
Posted by ブドリ at 2007年06月02日 01:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック