引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年05月29日

空木

今回は空木と名のつく木についての特集です。
ところで「空木」って読めましたか?「うつぎ」と読むんですよ。
木を切って見ると幹が空洞になっていて、「空ろ木(うつろぎ)」が変化して「空木」になったと言われています 。

ウツギ(空木) ユキノシタ科
別名 「卯の花」(うのはな)、卯月(旧暦4月)に咲くことから、または最初の「う」をとって呼ばれているとも。
   「雪見草」(ゆきみぐさ)、見た目が雪のよう。
   「夏雪草」(なつゆきそう)。雪のように花が白いことから
五月の呼び名に「吹雪月」と言う名前があるのは空木を吹雪に見立てたものです。

空木5/27 皇居東御苑にて

花がたわわに咲いている様子がなくてごめんなさい。
わかるような写真の撮り方はまだまだです。



マウスを乗せると、蜜を吸いに来たアオスジアゲハが見られます。


バイカウツギ(梅花空木) ユキノシタ科
バイカウツギ5/5 皇居東御苑にて

梅の花に似ているウツギの花からこの名前になりました。
ウツギの花よりも1ヶ月ぐらい早く咲きます。


マウスを乗せると、蜜を集めにきたアリが見られます。


タニウツギ(谷空木) スイカズラ科
ウツギといってもユキノシタ科の木とスイカズラ科の木があるんですよ。花が色鮮やかなのはスイカズラ科のようですね。
名前の由来は山の「谷間」に多く生え、茎の中が空洞の木であるところから。

5/5 皇居東御苑にて

タニウツギの蜜を吸いに来たクロアゲハです。
タニウツギ.JPG


花の周りに集るのは人ばかりではなくいろいろな虫も集ってきます。
昆虫って蜜があるからとどの花にも寄っていくというわけではないんですよ。ちゃんと棲み分けをして分け合って生きているのです。しかし、どうやって棲み分けるんでしょうね。長い年月の末に出来上がった自然の仕組み。私たちに出来るのは壊さないようにすることだけですね。でも、これが一番の難題です。

「うつろなど どこ吹く風と ウツギ咲く」

「我(わ)も虫も 卯の花違えど 食すなり」


*追記
nenemu8921さんのイーハトーブ・ガーデンではウツギが出てくる宮沢賢治の詩を紹介してくださっています。
どうぞこちらもご覧下さい。→イーハトーブ・ガーデン「うつぎ」

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り



参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:40 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上から二枚目のマウスオンの写真、アオスジアゲハが蜂の巣に見えてしまい、自分のボケ振りに少々辟易してしまいました(^-^;)。
バイカウツギのお花、カワイイですね!
白色もピンク色も、それぞれの良さを感じます。
それにしても、名前の由来がすごいですね。
キチンとした名前になる所が、すごいです。
私が付けたら…変な名前になっちゃいそうです(汗)。
Posted by MAI at 2007年05月30日 08:51
MAIさん
蜂の巣ですか。私はわかってみてるから蝶にしか見えませんが、パッと見た瞬間にそういうイメージも湧くのかもしれません。それが詩につながってるのではないですか^^
MAIさんが着けたら花のイメージから綺麗な名前をつけると思いますよ。
Posted by ブドリ at 2007年05月30日 23:53
ウノハナの実が面白いのです!
去年期待していたら、植木の伐採があり、バッサリ切られてしまいました。
なかなか咲いていないので、探しているのですが・・・
Posted by 森のどんぐり屋 at 2007年05月31日 14:47
森のどんぐり屋さん
卯の花の実ですね。
記憶して実のなるころに注意してみます!
Posted by ブドリ at 2007年05月31日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック