引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年05月15日

なんでしょう?

今日はちょっとシンプルに。

さてこいつは何でしょう?
イロハモミジ

葉っぱを見ればすぐにわかるでしょう?

正解はいうまでもなくイロハカエデの実が赤く実ったんです。
春の花々3で新宿御苑のカエデを紹介したのとは違って小石川植物園のものですが、プロペラ状の実がついて赤く実っていました。
花が赤、実も赤、葉も赤と色彩を楽しませてくれるのですね。

「花も実も 目を楽します 夏楓」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

タグ: カエデ
posted by ブドリ at 23:40 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小さな可愛らしい花を見たのが、つい最近のように感じるのですが、もう実をつける時期なんですね〜。
葉の色も、花が咲いていたころより濃くなっているように感じるのは気のせいでしょうか!?

四季折々で、表情が違う植物たちのおかげで、同じ場所に何度行っても楽しめますね(^^)
Posted by なぎママ at 2007年05月16日 06:53
イロハカエデに実が成るなんて、知りませんでした(恥)。
実の側の赤く色づいた葉が、不思議な形ですね。
この二つを見ただけでは、イロハカエデには到底結びつきませんでした(^^;)。
秋には哀愁を感じさせるイロハカエデが、この季節だとこんなに爽やかに感じるんですね♪
Posted by MAI at 2007年05月16日 08:59
度々すみません。
上でコメントした『実の側の赤く色づいた葉』の『葉』は『花』です。
すみませんでしたm(_"_)m。
Posted by MAI at 2007年05月16日 09:01
まだ実が付いてるのですね♪
私のところでは、もうすっかりなくなってしまいました。
飛んでいったのか、小鳥に食べられたのか・・・
Posted by 森のどんぐり屋 at 2007年05月16日 15:58
なぎママさん
1ヶ月ぐらいで花から実へと変化して楽しませてくれます。
葉も色の薄い若葉がしっかりとした葉に成長してるんです。気のせいじゃありませんよ。
気にしてみると一つの木で何度も楽しめるんですよ!本当に自然てすごいです!


MAIさん
実がなるの知らなくても恥じゃないですよ。おそらくほとんどの人は紅葉は知ってても実は知らないと思います。だから今ちょっと得したんですよ^^
気にする気にしないで見る目も変りますから、MAIさんの詩作の参考になると嬉しいです。


森のどんぐり屋さん
そちらではもうないんですか。
東京でも無くなっている所も多いのですが、場所によってはまだ実がついているところもあったり、木によってもかなりまちまちでしたよ。
カエデは何度も楽しめていい木ですね。
Posted by ブドリ at 2007年05月17日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック