引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年05月11日

トチノキ・ナンジャモンジャの木

今日はちょっと「おおっ!」と目を惹くものや、何これ?というものをお届けします。

樹上に咲くにもかかわらず、花が一際大きく目立つトチノキから。

トチノキ(栃の木) トチノキ科
「橡の木」とも書く。日本固有のトチノキ科の落葉高木。
昔、ある山村で土地ぐるみでこの木を守ったことから、「土地の木」という名前がつきました。(新宿御苑HPより)
白い花がロウソク状に盛り上がって咲きます。この実でトチモチを作ります。
マウスを乗せてご覧下さい。    撮影地:皇居東御苑


ベニバナトチノキ(紅花栃) トチノキ科
その名の通り、花が紅色とトチノキです。
マウスを乗せてご覧下さい。    撮影地:新宿御苑


「ロウソクを 灯して知らせる 栃の花」


名前が何じゃ?物じゃ?の木
はい、ナンジャモンジャの木です。

ナンジャモンジャの木(ヒトツバタゴ・一葉たご) モクセイ科
プロペラ型の小さな白い花が密集して咲きます。
ナンジャモンジャの木といわれるものには「くすのき」「あぶらちゃん」「かつら」等いくつかあるのですが、たいていはヒトツバタゴのことです。
明治時代、東京の青山練兵場(今の明治神宮外苑)の道路沿いにこのなんじゃもんじゃがあって、名前がわからなかったので「何でふ物ぢゃ」とか呼ばれているうちにいつのまにか「なんじゃもんじゃ」という名前になってしまったそうです。
撮影地:新宿御苑


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:59 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(1) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トチノキ、この実からトチモチを作るんですよね。
確か、トチの実ってものすごく渋くて、トチモチを作るのには手間が掛かっているんでしたよね?
トチの実が灰色と黄土色を混ぜた様な色というイメージなので、こんなにステキなお花が咲くとは想像出来ませんでした(^o^;)。
何となく、クリスマスツリーを連想させられました。
ベニバナトチノキ、こちらはカワイらしいですね♪

P.S
又三郎ちゃんの食事メニューに、スイカが登場しましたね。
季節は夏に向かっているんですね!
相変わらず、キレイに皮だけ残してますね(笑)。
Posted by MAI at 2007年05月12日 08:12
なんじゃもんじゃ 面白い名前だと思ったらそんな由来だったんですね(^^)

職場の高い木に花が咲いていて、「なんて言う名前?」って聞いたら「アカシア?」というので、調べてみました。

葉の形状からするとどうも「ニセアカシア」みたいです。

たくさん名前があってそれぞれに由来があって、それを調べる、大変なことです。

ブドリさんのおかげでまだまだですが博学になりつつあるゆうさくです(^^)
Posted by ゆうさく at 2007年05月12日 08:57
MAIさん
トチモチよく知ってますね。作り方とかまでは知りませんでした^^:
クリスマスツリーですね。言われて納得!
冬に見たら間違いなくそう思ったのに季節って発想まで変化させますね^^

スイカ、気付いてくれましたね。又三郎も徐々に夏に向かってます。


ゆうさくさん
私も最近知りました。
ニセアカシアの木も偽物じゃないのにかわいそうな名前ですよね。
少しずつでも皆さんに知ってもらって興味を持っていただけたら嬉しいです。私も雑学博士に近づけますし^^
Posted by ブドリ at 2007年05月12日 09:51
ブドリさん,コメントありがとうございました.
ナンジャモンジャの木,私の住んでいる地方に自生しているようなことを聞きました.実は,実家にもこの木が植えられてあり,先日までは,見事な花を咲かせておりました.といっても,花というには変わっていますね.昔の人の気持ちがよくわかります.
Posted by yanz at 2007年05月21日 11:50
yanzさん
訪問ありがとうございます。
ナンジャモンジャの木が自生している方なんですね。
しかも実家にあるのですか!
花は確かに花なの?って感じですけど、今やかなり貴重な木ですよ。
Posted by ブドリ at 2007年05月21日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

栃の花@終焉のいつか来たらむ栃の花
Excerpt: 終焉のいつか来たらむ栃の花存在が認識を規定するのではなく認識が存在を規定する(
Weblog: 株と思索と短歌のサイト
Tracked: 2007-05-21 04:59