引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年05月09日

モクレン科の花

前回はモクレン科の花のうち、モクレン科モクレン属の学名Magnoliaceae Magnoliaでマグノリアと呼ばれるものをお届けしましたが、今回は今咲いているそれ以外のモクレン科の花をお届けします。

カラタネオガタマ(唐種招霊)Michelia figo(モクレン科 オガタマノキ属)

唐種招霊撮影地:新宿御苑
トウオガタマ(唐招霊)とも呼ばれます。小賀玉とも書き、小賀玉木蓮と呼ばれることもあります。親指の先ほどの小さな花。
江戸時代に渡来したと言われます。「おがたま」は「招霊(おきたま)」からきていて、神社などに植栽されていることが多い。バナナのような甘い香りがします。


マウスを乗せてご覧下さい。


ユリノキ(百合の木)Liriodendron tulipifera(モクレン科 ユリノキ属)
チューリップノキ、ハンテンボクなどの別名
チューリップに似た黄緑色の花が木の高いところに咲きます。
学名は ユリに似た花の樹木+チューリップの形。なんともややこしい。甘い香りがします。

ユリノキ撮影地:新宿御苑
ユリノキと呼ばれるのは・・・
明治23年、大正天皇が皇太子の頃に小石川の植物園を訪ね、そこにある日本最古のユリノキ属の木を見て、その木を「ユリノキ」と命名したとされるそうな。
当時まだチューリップがメジャーではなかったため、身近だったユリを想像されたのでしょう。
(昨年は林試の森で撮影したユリノキを載せています)



ちょっと一言

下の4枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
高いところに咲くんですよ! ちょっと寄って見ますよ どこから見てもチューリップです ちょっとだけシベが見えました!

クリックしてもコメントが見られない方のために
1.高いところに咲くんですよ!   2.ちょっと寄って見ますよ
3.どこから見てもチューリップです 4.ちょっとだけシベが見えました!

「咲いたよと ユリノキの花 香(か)の便り」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:36 | 東京 🌁 | Comment(6) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当だぁ〜、チューリップですねぇ〜♪♪
葉っぱも河童さんの手みたい!!
キラキラのお日様があたってとってもかわいらしいですね。
Posted by なぎママ at 2007年05月10日 00:10
ブドリさん。ご紹介くださってありがとう。
賢治はカラタネオガダマのことは書いていないのが残念ですね。
私も昨年、佐倉の歴博に付属している「くらしの植物苑」というところで見ました。
小さな花だけれど、香りはすばらしかったです!
いい写真ですね。
Posted by nenemu8921 at 2007年05月10日 00:59
こんにちは。
写真だけを見て、大きな花を想像していましたけど、
小さいお花なんですね。

2枚目のお写真のお花、綺麗に撮られていますね。
この花を一度見てみたくなります。
Posted by babathegiant at 2007年05月10日 05:49
なぎママさん
チューリップですよね。どこで花の形が似るのか不思議です。
葉っぱも大きくて独特で、面白い木なんですよ。

nenemu8921さん
皆さんに知っていただきたくて勝手に紹介させていただきました。
宗教的な香りのある花だけに賢治の作品にカラタネオガタマが無いのがあれ?という感じですね。あまりにもそのまま過ぎて避けたのかもしれませんね。

babathegiantさん
花の大きさを書いていませんでしたね。どちらも大きくなくユリノキは5cmぐらいの花です。木の上に咲くので見にくいのが難点です。見つけるとちょっとウキウキする花ですよ。
Posted by ブドリ at 2007年05月10日 08:33
カラタネオガタマ、少し硬そうな葉と厚みのあるお花の組み合わせがいいですね。
バナナの様な甘い香り、納得です!
花びらの感じが、何となくバナナの皮を連想させます(*^-^*)。
ユリノキ、本当にチューリップそっくりですね。
光を浴び、元気に育っている姿を、体全体で表しているように見えます♪
Posted by MAI at 2007年05月10日 08:54
MAIさん
カラタネオガタマの花はちょっと硬そうですよ。でも、甘い香りはいいですね。虫と一緒に誘われてしまいます。
ユリノキは最近は街路樹にも使われるようになってきたのでひょっとしたら街中で見られるかもしれませんよ。でも、上を見てないと花がわからないのでぶつからないように注意して下さいね。
Posted by ブドリ at 2007年05月11日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック