引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年05月03日

上野東照宮ぼたん苑2

今日は前置きが長いです。

牡丹の呼び方には「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」「花神」「花中の王」「百花の王」「天香国色」 「深見草」「二十日草(廿日草)」「賑富草(ふくよかとみぐさ)」「名取草」「忘れ草」「鎧草」「ぼうたん」「ぼうたんぐさ」など調べるとたくさん出てきます。

この中でも一番いいなぁと思うのは「深見草(ふかみぐさ)」でしょうか。
「人しれず 思ふ心は ふかみ草
          花さきてこそ 色にいでけれ」賀茂重保 「千載和歌集」

(通釈)人知れずあの人を思う心はあまりに深く、ふかみ草の花が色濃く咲くように、その思いがおもてに出てしまったよ。

ふかみは「深い」と「深見草」と掛けてるんです。募る思い、深まる思いを牡丹の色として表現していていいですね。

こんなことを思いつつ観賞下さい。

牡丹の周りにはおそらく投句された俳句が掲げられていて一層の雰囲気を醸し出しています。俳句の雰囲気は伝わるのですが、あまりの達筆に読めないものもあって情けない。
マウスを乗せて、クリックしてご覧下さい。




下の8枚の写真をクリックすると上に大きく表示されます。
ぼたん1 ぼたん2 ぼたん3 ぼたん4
ぼたん5 ぼたん6 ぼたん7 ぼたん8


上野東照宮の五重塔を望んで。マウスを乗せてご覧下さい。
この五重塔は動物園内にあって、ちゃんと写真を撮ろうと思うと動物園に入園しないといけないんです。


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:31 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ
牡丹の呼び方って たくさんあるんですね
ひとつひとつ 言葉から連想しながら思い浮かべるのも
なんだか 楽しいです
Posted by 海莉 at 2007年05月04日 22:44
海莉さん
言葉から連想するぼたんも面白いですよね。
いろいろな方向からぼたんの花は見られてきたというのもわかりますし。
やはり花の王様は牡丹なのでしょう。
Posted by ブドリ at 2007年05月05日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック