引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年04月16日

春の花々3

今回は新宿御苑で咲き乱れる八重桜にそっぽを向いて撮影した春の花々です。

ハンカチノキ オオギリ科
昨年は小石川植物園で撮影したのですが、今年は新宿御苑で。
新宿御苑のHPを見たら咲き始めたとあったので、根津に行く予定を変更してまで撮影に行ってしまいました。
咲き始めたばかりなので全体に数は少なく小ぶり。ほとんどの人は八重桜の撮影に夢中でこちらには見向きもしてなかったのでのんびり撮影出来ました。木の上の方にしか咲いていないので首が疲れます。
二枚あるヒラヒラしたものは,ほんとうは花ではなくて葉(苞)です。黒く丸く見えるのが、小さな花がたくさん集まったものなんです。


さてこの小さな花はなんの花でしょうか?
イロハモミジの花
葉っぱを見ればわかると思いますが、モミジ(イロハモミジ)の花です。モミジにもとても小さな花がたくさん咲いて新緑と赤い花の組合せが綺麗なんですよ!
マウスを乗せるとちょっと広い範囲の写真が見られます。
">


続いてタケヤマモミジの小さな花と新芽です。
タムケヤマモミジは、ヤマモミジ系の園芸品種のモミジで、枝がくねくねと曲がり枝垂れた樹形が特徴。紅色の新芽は開ききると青みを帯び、夏には深緑色に変わります。
マウスを乗せると全体の写真が見られます。


「小さくも 力蓄え もみじ咲く」


このぶら下がった青虫のようなものは何でしょうか?
正解は葉っぱを見てもらえればなんとなくわかるでしょう。マウスを乗せるともう少しわかりやすいかもしれません。

それではちゃんとした正解です。イチョウの雄花です。
イチョウは実がなる雌の木と、雄の木が別々の雌雄異株の植物です。雌花も咲くのですが、踏み込むにはちょっとという場所なので今回は無しです。ちなみに雌花はこれが花?という形です。

「目立たずも 銀杏の花 ここにあり」


セイヨウバクチノキ(西洋博打の木) バラ科
木が生長すると木皮が剥がれ落ちて、樹皮が肌色になることを、ばくち打ちが勝負に負けて丸裸になることに例えたのが名前の由来。日本原産のバクチノキとヨーロッパ原産のセイヨウバクチノキがありますが、後者の木皮は老木にならないと剥がれ落ちないことで区別できます。(新宿御苑HPより)
日本にあるバクチノキは秋に花が咲き、このセイヨウバクチノキは春に花が咲きます。
ちなみにこの木はバラ科サクラ属なのでソメイヨシノなどの仲間に当たります。信じられますか?

ちょっと一言

下の4枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
セイヨウバクチノキの全体です 房状の花序をたくさんつけます。 花序はあっても花が終わりかけてます 先端にわずかに5弁の花が残っています


「どこ見ても 花咲き競う 春爛漫」


*新宿御苑の大温室が立替のため平成19年5月14日から新温室開館までの間、臨時閉館します。新温室は、平成23年に完成する予定とのことです。しばらく見られなくなりますので、お早めにどうぞ足をお運び下さい!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:37 | 東京 ☔ | Comment(8) | TrackBack(3) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モミジの花のかわいらしさには、私も足が止まりました♪
色合いもとっても魅力的!!

なぎの気の向くまま歩いていたで、温室の入り口にたどり着いたときは、閉館してたんですよ〜。
次回のお楽しみと思っていたのですが、相当先になってしまいそうですね。
Posted by なぎママ at 2007年04月17日 06:38
ハンカチノキ、二度驚きました。
お花に見えるのが葉(苞)で、黒く丸いのが小さなお花の集合体だったなんて(*^∇')。
イロハモミジのお花、とてもカワイイです。
夜になったらモミジの葉の向こう側から、小さなお花がキラキラと光を放つんだろうなって、ちょっとメルヘンの世界に浸ってしまいました(汗)。
秋には美しい色に染まる葉が、春のこの季節にはお花を付けるんですね!
沢山の写真、ありがとうございました♪

P.S
又三郎ちゃんのご飯に、メロンがプラスされてますね。
豪華ですね〜。
Posted by MAI at 2007年04月17日 09:00
早いですネエ、ハンカチノキ、もう咲いたのですか!
待っているのだけれど、まだなんですよ。
去年、実を拾って「はて、何の実か?」と調べたらハンカチノキと判明。
大喜びして咲くのを待っている所です。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2007年04月17日 13:14
なぎママさん
やはりもみじの花に目がとまったんですね。色の取り合わせが綺麗でしたよね。
温室は間に合わなかったのですか。残念でしたね。見られるときにはなぎくんはしっかりした男の子になっているのでしょうね。


MAIさん
ハンカチノキは実際に見て欲しい花です。
風があるとひらひらと本当にハンカチのようですよ。
もみじの奥から光を放つなんてステキなメルヘンの世界ですね。もみじは春も楽しませてくれますね。
又三郎は少し贅沢させてあげました^^


森のどんぐり屋さん
ハンカチノキが咲くのが1週間ぐらいは早いようです。ゴールデンウィーク頃がいつも見頃のようなんですけど。
ハンカチノキが咲いているところに出会えるといいですね。
Posted by ブドリ at 2007年04月17日 19:51
TBありがとうございました。
ハンカチの木がもう咲いてるんですね。
まだ実物を見たことがないんですよ〜
ここで拝見できてよかったです。
それにバクチノキ!
これも咲いてるんですネ〜
知らないと見逃してしまいそうな木なんですね。
これが桜の仲間なんてびっくりですよね。
Posted by やんやん at 2007年04月21日 22:33
やんやんさん
ハンカチノキは都内だと新宿御苑、小石川植物園、赤塚植物園にあるそうです。ちょっと遠いですかね。
バクチノキもあるって知らないと通り過ぎますね。写真を撮ってると何かしら?と近寄ってくる人がいるぐらいです。桜の仲間なのに可愛そうですけどそんなこと誰も知りませんしね。
トラックバックありがとうございます。
Posted by ブドリ at 2007年04月22日 00:20
こんにちは。
ハンカチノキって面白いですね。
黒い部分が花ですか。

紅葉の緑が綺麗ですね。
今年は私も花に気づくことができました。

私からもトラックバックさせていただきますね。
Posted by babathegiant at 2007年04月25日 07:17
babathegiantさん
ハンカチノキは面白いですよ。どこでも人気者でカメラマンに囲まれちゃいます。

もみじの緑も花の赤も綺麗です。ちょっとしたことですけど、気がつくと見る世界が広がって楽しいですよね。

トラックバックありがとうございます。
Posted by ブドリ at 2007年04月25日 18:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

目に青葉
Excerpt: AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mmF4.5-5.6G(IF) 桜の頃から芽を出していたモミジも、 すっかり青葉になって花を咲かせています。 花を追うのに忙しくて、..
Weblog: まぁ、お茶でも♪
Tracked: 2007-04-21 22:18

もみじの・・・
Excerpt: TAMRON SP AF90mm F2.8Di MACRO 新芽のもみじの葉。 端が少し赤くてキレイです。 もみじの向こうにあるのは・・・
Weblog: PhotoBlog PremierQuartier 〜その時々の写真を載せています
Tracked: 2007-04-25 07:18

もみじの花
Excerpt: 2007/04/17 秦野市戸川公園 一日中雨模様で、レイングッズもあることだし、翁草、チューリップ、雫に濡れた姿を撮りに行こうと、、、 閉園のアナウンスが流れ出し、雨も激しくなりだし、得意の「ふと..
Weblog: 光の職人
Tracked: 2007-04-27 23:21