引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年04月11日

森のエビフライ

いきなり問題です。
さてこれは一体なんでしょう!
マウスを乗せてごらん下さい。


これは一体なんでしょうね。

この正体はこれです。正確にはこれらです。マウスをのっけてください。


わかりましたか?
材料はアカマツのまつぼっくり。大きさも大体想像がつくかと思いますが、大きくても3、4cmといったところです。
シェフは森のリスやネズミ達だそうです。
ちなみにマツボックリは自然教育園から大きな松の下から「一つだけ頂戴ね」と松に断わって頂いてきたものです。

これらは先日、コメントを下さるというより身近な自然への眼差しを常日頃学ばせていただいている「そよ風つうしん」の森のどんぐり屋さんから頂いた森のエビフライです。
以前からブログで紹介されていて一度この目で見ていたいと思っていたところ、2周年を記念してお分けしてくださるとのことなのいただきました。本当にありがとうございます。

写真で見ているより実物は本当に素晴らしい自然の芸術です。
マツボックリのまわりを食べ芯を残すリスやネズミが知ってか知らずかエビフライを作ってるんですよ。

ビックリです!たくさん頂いたのでその一部ですが皆さんに見ていただきました。

おまけですが、私が種から育てて8年ぐらいのサボテン君とのツーショットです。
DSC23065.JPG

サボテンは鉢の大きさを大きくしなければ大きくならないので小さくまとめてるんです。大きくした方が気持ちよく育つのでしょうが、こんなのが部屋に10鉢以上あるので大きくすると置き場がなくなっちゃうので我慢してもらってます。

私のブログでも森のどんぐり屋さんの「そよ風つうしん」を介してお越しいただいたり、伺わせていただいたりしている方がいらっしゃいます。本当にいろいろとお世話になっております。
まだ、知らない方は一度遊びに行ってみてください。
コンパクトデジカメで捕らえたとは思えないほど素敵な世界が広がっています。
こんなところに素晴らしい自然が!と思いますよ。
いつどこで出会えるかキョロキョロしたくなりますからね^^

そよ風つうしん」←こちらからどうぞ

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:59 | 東京 ☔ | Comment(7) | TrackBack(0) | .木々の色づ記  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしもいただきましたW森のエビフライ”
なぎにみせてあげると、「これ食べ物?」
と、とっても不思議そうでした。
我が家の裏山にもいっぱいマツボックリが落ちていますが、見たことがなかったので感動ものです!!
Posted by なぎママ at 2007年04月12日 06:59
自然の中の可愛らしい一場面を見せてもらった様な気がします。
自然の神秘も感じられました(^^*)。
森のエビフライのシェフがリスやネズミという表現がとても可愛らしくて、ほのぼのとしました。
色形から、何となくマツボックリなのかなとは思っていました。
実物、私も一度見てみたいです!

P.S
又三郎ちゃんの新しい食べ物、ありがとうございました!
季節先取りで、カキ氷をあげました♪
Posted by MAI at 2007年04月12日 08:59
こんにちわ
凄いですねぇ…ホント 海老フライに見えます
初めて見ました
感動を分けていただき ありがとうございます

サボテン 小さいんですね
でも かわいくていいかもしれませんね
Posted by 海莉 at 2007年04月12日 15:12
エビフライ、サボテンくんとツーショットでうれしかったでしょうね!
気に入っていただけてうれしいです♪
そして、私のブログを宣伝していただいて、これまた光栄です!!

ブログを介して広がるお友達の輪、とっても楽しいことですね☆

ところでブドリさん、シャボテンと仰らずにサボテンとお書きなのは、何かこだわりがありますか?
サボテンと言えば「埴沙萌(萌の字が違いますが、変換しないので・・・)」さんですが、いつもサボテンとお書きになります。
HPご存知と思いますが
http://www.tg.rim.or.jp/~hany/です。
(埴沙萌というお名前で検索してもトップに出てきます)
サボテンのこと、お書きになっています。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2007年04月12日 17:58
>なぎママさん
なぎママさんも頂いたのですね。なぎ君が食べ物と思うのもうなずけます。
私もこれを知ってからマツボックリが落ちているところ周辺を良く見てるのですが見かけなかったので感動してます。

>MAIさん
自然の芸術家はすごいですよね。人の目も持ってるとは^^
そこらへんではなかなか見かけませんから見るのは大変ですよ。

P.S.
餌追加したんです。冷たいものあげすぎておなかこわさないようにして下さいね。なんちゃって。

>海莉さん
感動しますよね。私も始めてみたときビックリしましたから。
実物はいやぁ、可愛いですよ。

サボテンも可愛いでしょ^^
でもつい袖に引っ掛けて倒したりして大変なんですよ。

>森のどんぐり屋さん
本当に面白いものありがとうございます。
素敵な輪が広がって楽しいですね。

サボテンですか。
特にこだわりはありませんが、サボテンのほうが親しみがある感じなのでこっちを使ってます。
Posted by ブドリ at 2007年04月12日 23:37
私も頂きました。エビフライ!!

確かになぎママさんが仰るように食卓に置いておくとスナック菓子の新製品みたいです。

自然の芸術品ですよね。本当に森のどんぐり屋さんには感謝です!!

ところで、森のどんぐり屋さんのコメントにある「シャボテン」と「サボテン」ですが、私は「シャボテン」という呼び方は知らなかったです。

調べてみると鮭を「シャケ」と読んだり「サケ」と呼んだりする位の違いだそうですが、面白いですね。
文部科学省編の学術用語集では「サボテン」が採用されているそうです。
Posted by ゆうさく at 2007年04月14日 08:35
>ゆうさくさん
やはりゆうさくさんも頂いたのですね。
自然の芸術って面白いですよね。

シャボテンの呼び方、調べられてて頂きありがとうございます。
訛りみたいなものですかね。
シャボテンというと伊豆シャボテン公園というのがあるんですよ。
Posted by ブドリ at 2007年04月15日 09:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック