引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年04月01日

桜巡り 目黒川2(中里橋〜日の出橋)

今回は田道橋の先、中里橋から東急東横線中目黒駅近くの桜橋までお届けします。
案内図

中里橋
DSC21813.JPGすぐ脇には目黒清掃工場があり大きな白い煙突が空に伸びています。「目黒の秋刀魚(さんま)」の舞台になったとされる「爺々が茶屋」は田道橋と中里橋の間、この清掃工場から恵比寿方向に上る細い坂「茶屋坂」にあります。
DSC21806.JPG


川下(田道橋)側、マウスを載せると川上(田楽橋)側です。クリックで桜です。


田楽橋
DSC21833.JPGJR恵比寿駅方向から来る折れ曲がった細い坂「別所坂」を下りてくると田楽橋にたどり着きます。この坂の途中には「庚申塔群」があります。
ドラマ「白線流しスペシャル 二十五歳」や「ラストクリスマス」「空から降る一億の星」などにも登場!


川下(中里橋)側、マウスを載せると川上(皀樹橋)方向です。クリックすると川の途中から田楽橋を眺めました。


この辺りは流れがほとんどない状況で水面を漂う花筏の横を悠々とカモが泳いでいました。
ハナイカダ

*桜の花びらが舞い散って、水面に漂う様子を「花筏(ハナイカダ)」と言います。花筏という花もちゃんとあります。

「咲いて散り 思い漂う 花筏」


次は駒沢通りにかかる皀樹(さいかち)橋なのですが、周りに桜が咲いていないため省略し、駒沢通りを渡って次の宝来橋へ

宝来橋
宝来橋中目黒駅の近く。皀樹橋と宝来橋の間で蛇崩川との合流があり、合流付近に緑地公園があります。。
この辺りから上流は川幅が狭くなり、両岸の桜の木が川に多いかぶさり見事です。


日の出橋方面の川面。左手が緑地帯で左上が合流部です。
マウスオン、クリックで東横線を臨んでいます。


日の出橋
DSC21866.JPG東急東横線中目黒駅のガードのすぐ下にあります。
落書きが痛々しい。


宝来橋側の風景です。マウスを乗せると・・・


橋から上流方向のガードを眺めました。マウスを乗せるとガードの向こうの桜、クリックすると・・・


「散り際に もう一花と 花吹雪」


今回はここまで。これでまだ半分まで行ってません。
この調子で行くとあと3回ぐらいは続きますのでもうしばらくお付き合い下さい。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:08 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日も、沢山のキレイな写真をありがとうございますm(_"_)m。
白色の桜もキレイだけど、ピンク色はまた一段と心に響くキレイさだと思います。
ドラマの撮影に使われる場所は、やっぱりステキなんでしょうね♪
橋から上流を眺めた写真、これもすごくいいなと思います。
川を隔てた桜同士が手を差し出して、観覧する人達を歓迎してくれているかのようです。
『ようこそ、いらっしゃいました』って…。
Posted by MAI at 2007年04月02日 08:41
最後の写真がいいですね〜。
電車と桜の写真は撮りたい被写体の1つです。
いいな〜、この写真。
Posted by babathegiant at 2007年04月02日 09:09
>MAIさん
こちらはちょっとホワイトバランスを調節して撮ったのでピンク色が強調されちゃってます。
「川を隔てた桜同士が手を差し出して、観覧する人達を歓迎してくれているかのよう」
なんてまさにMAIさんの詩の世界。
素敵な表現をしてくれてありがとうございます。

>babathegiantさん
東急線沿線には桜と共に撮影できるところが結構あるんですけど、babathegiantさんの周りではなかなかないのですか?
いつか撮れるといいですね。
Posted by ブドリ at 2007年04月02日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック