引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2007年03月15日

春の花々

今回は新宿御苑の春の花々をお届けします。

まずは桜の木の足元に咲くハナニラです。

ハナニラ(花韮) ユリ科
学名:Ipheion uniflorum
英名:spring star flower   ←追加しました
葉っぱをちぎったり揉むと名前のとおりニラのにおいがするのでハナニラです。
マウスオン→クリックで大きくなります!


「足元で 春の日告げる 星の花」


シデコブシ(梓辛夷;四手拳) モクレン科
学名:Magnolia tomentosa
この花もマグノリアと呼ばれます。
咲いた花が、神前に供える玉ぐしの「四手」に似ていることから。 現在、絶滅の危機にひんする種類。
花の開き具合がきれいな花がなくて苦労しました。


「花びらに 春乗せ開く シデコブシ」


ハチジョウキブシ(八丈木五倍子) キブシ科
学名:Stachyurus praecox var. matsuzakii
木五倍子(キブシ)より大きな花で八丈島などに多いので。

ちょっと一言

下の4枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
雨が降ってるわけじゃありません。キブシの花穂です。 花穂はこんな感じなんですよ! 花穂は鈴のような小さな花の集まりなんです。 花の中と雄しべと雌しべが春の音を奏でているようです。


「花五倍子(ハナキブシ) 集(つど)いて鳴らす 春の鐘」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:52 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 花歩記 いろいろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハナニラは、本当お星様のようで可愛いですよね〜。私の散歩道にも咲いていますが、やはり大木のそばに咲いていました。そういう習性なのですか??
Posted by なぎママ at 2007年03月16日 06:36
>なぎママさん
書き忘れましたが、ハナニラは英語でsprig star-flowerといって、帰化植物なんです。外国でも星と見えるのは共通のようです。
大木のそばに咲く習性は特にないと思います。ただ小さな球根なので、ちょっと大きめの鳥に食べられて糞で落とされるとか、大木の周りにつめた土に混じって広がることはあるようです。
Posted by ブドリ at 2007年03月16日 07:29
ハナニラ、とっても可愛いお花ですよね♪
俳句も可愛らしくて、『星の花』の部分がすごく好きです。
シデコブシ、絶滅の危機だなんて(涙)。
蕾のケバケバが柔らかそうですね、触れてみたくなりました。
ハチジョウキブシの左の写真、チーズドッグに見えてしまいました。
お腹空いてないのに(^▽^;)。
Posted by MAI at 2007年03月16日 08:56
>MAIさん
春の花が沢山咲き始めたのに寒い日が続いていますね。
花を見ていろいろ想像するのも面白いですから、いろいろ想像してください^^
Posted by ブドリ at 2007年03月17日 17:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック