引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2006年12月13日

下弦の月

同じ写真を月のブログ「銀河鉄道の月」にも載せましたが、今日は他に写真を撮影できなかったのでこちらにも。
昼前まで残っていた下弦の月です。午前中に1時間おきにちょこっとだけほぼ同じ場所から撮影したので順番にお届けします。月の傾き具合がわかるかと思います。

参考までに、月を弓に見立てて、沈んでいく時に弦が下を向いている月を下弦の月といいます。

それではどうぞ

7時51分  太陽の高度が低いので月がはっきりしています。
DSC02923.JPG


9時2分 太陽の明るさが増したので月が薄らいできました。
DSC02929.JPG


10時17分 すっかり太陽の明るさに月も消えそうです。このあとは屋根の向こうに見えなくなりました。
DSC02932.JPG


月の没時刻が12時近かったのでこのあとも高いところに行けば見られたのでしょうが
朝から徐々に太陽の明るさが増して、月が薄らいでいく様子と月が沈んでいくにしたがって傾いていく様子がわかってもらえたでしょうか。
もう1時間早く撮れてればもう少しわかりやすかったのでしょうけど。

「吐く息も 月まで白し 冬の朝」

「冷え込みに 顔色白し 冬の月」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

タグ:下弦の月
posted by ブドリ at 22:37 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | .空色日記  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 とても分かりやすいです。それによく写っていますね。天体のメカニズムがいろいろ分かってくると面白いのでしょうね。

 この間、16:00頃、大山に紅葉を撮りにいた時、月が低い位置にあってHDRしたら面白いかなぁと、やったみたのですが、見事失敗でした。なかなか「月」は難しいです。
Posted by ゆうさく at 2006年12月14日 02:20
あれっ!昨夜コメント入れたのですが、反映されていない。もし、ダブっていたらどちらか削除お願い出来ますか?

 月が傾きながら沈んでいく様子、よく分かります。ブドリさんの丁寧な説明も、。
天体の仕組みよく分かってくると面白いでしょうね。特に太陽の動きと月の動き、興味津々です。
Posted by ゆうさく at 2006年12月14日 08:15
>ゆうさくさん
月は一番見つけやすく観測しやすい天体なのでいいですよ。
でも、知れば知るほど不思議な天体も月なんです。
月は写真に撮ろうとすると見た目以上に明るいので最初は設定がわからず苦労しました。いろいろと挑戦してツボを掴んでください。
コメントの件、ご迷惑をおかけしてすいません。
でも、折角なので両方残させてもらいます。
Posted by ブドリ at 2006年12月14日 09:01
下弦の月、こちらで何度か見せて頂き、ステキな名前だなと毎回思っています。
10時台まで月が見えるなんて・・薄っすらと空に浮かぶ朝の月もいいですよね♪
この写真の月にそっくりな物をイメージしたんですけど、これを言ったらせっかくのステキな写真が・・となってしまいそうなので、今回は自重します(^^;)。
私が今朝見た月は、キレイに見えていたと思ったら、その1分後位には輪郭さえも見えない程になっていました・・。
雲が通過したんでしょうか?(涙)
Posted by MAI at 2006年12月14日 09:10
>MAIさん
私も8時前に薄雲の中に漂う月を発見しました。すぐに雲がかかって見えなくなってしまいましたね。正午まで月が出ているのに残念です。
MAIさんは何をイメージしたんでしょうね。
オムレツだったりして?
私は良く夜の月では思い浮かべてますよ。
Posted by ブドリ at 2006年12月14日 09:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック