引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2006年11月30日

ひとりぼっちのきみへ

今回は写真ではなく、とある文を紹介します。

昨日、寝る前にパソコンに保存してあるTEXTファイルを適当に開いては閉じ、いらないものは削除なんてことをしていていつ保存したのかもわからず誰の文章だったかもわからない文章を発見。それが「ひとりぼっちのきみへ」。
調べてみたらこの文章はR25というフリーペーパーに石田衣良さんが連載しているエッセイの一文でした。

ホントにいつ保存したのか記憶が全くないんですけど、なぜか孤独感を感じている時にこういう文章に出逢うのですね。
人と衝突したり、人間関係に疲れた夢を見たりしている方もいるでしょう。
慌ただしい師走を迎える前に、ちょっと気持ちを落ち着けて貰いたいという思いと、エールを込めて(ホントは自戒の意味で)紹介することにしました。

全文を載せたかったのですが著作権に抵触してしまいますので一部抜粋で紹介します。

「ひとりぼっちのきみへ」
きみは毎日いそがしく仕事に追われ暮らしている。
上司や同僚にはきちんと気をつかい、職場ではほがらかな態度を崩さない。
のみ会の誘いはあまり断ると角が立つので、半分くらい参加する。
年に数回しか会えないが、学生時代からの友人も片手であまるほどいる。
ガールフレンドはいたり、いなかったり。
異性にもてるというほどでもないが、まるで縁がないわけではない。
なにが不自由ということもないし、きっとそこそこ幸福な人生なのだときみは思っている。

ぼくの見るところ、多くの若い日本人はそんなふうに日々をすごしている。
それなのに、なぜかきみはひとりぼっちなのだ。
それもときに身を切るようなつらさで孤独感におちいることがある。
きみは周囲の人々や職場の慣習にあわせて、自分をきゅうくつに折りたたみ生きている。
自分の色を消して、組織のなかに溶けこもうとしているのだ。

(中略)

ぼくがきみに期待するのは、この共感と想像の力なのだ。
誰にも理解されずにひとりぼっちだなんて思いこんでいないで、自分のほうから他者を理解する気もちを聞いてみよう。
心をつなげるための力を育ててみよう。
もちろん完全に理解することなどできないかもしれない。
ぼくたちは自分自身のことさえ、いつだってわからなかったりするのだから。
でも、ときには驚くほど誰かと気もちがつうじることだってあるかもしれない。
そしてそれはとても素晴らしい瞬間なのだ。

最後にひとつ、きみはあまり無理をして、人とおなじようにしないほうがいい。
きみはきみらしく、ゆっくりとすすむ。
ただし、ひとりぼっちだと嘆きながらではなく。
自分の速度で。

全文を読みたい方は次をクリックすると表示されるサイトのどこかに全文が載っていますのでご覧下さい。
 "ひとりぼっちのきみへ"  

また、R25に連載された石田衣良さんのエッセーが本になり「空は、今日も、青いか?
」として出版されていますので、興味のある方はこちらもお読み下さい。
この文章も載っています。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 12:13 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | お薦め | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
一気に読ませてもらいました
じーんとくる部分や そうだなぁ〜と納得する部分などなど
優しさが感じられる素敵な文ですね…
教えていただき ありがとうございます
もっと 読みたいと思います
Posted by 海莉 at 2006年11月30日 15:43
>海莉さん
読んでくれたのですね。ありがとうございます。
私がなぜこの文章に出会ったのかわからないけどいいタイミングで読み返せたのと同じで、何か縁があったのでしょうね。
何かを感じてもらえたのなら紹介した甲斐がありました。
Posted by ブドリ at 2006年12月01日 00:21
『人間関係に疲れた夢を見たりしている』←ブドリさんのこの文章に、まさしく・・と思ってしまいました(^^;)。

エッセイ、惹き込まれるように読みました。
『自分をきゅうくつに折りたたみ生きている』←この言葉に共感しました。
自分らしく、自分の歩幅で進んで行こうと思いました。
紹介して下さって、どうもありがとうございました。
Posted by MAI at 2006年12月01日 09:33
>MAIさん
MAIさんの詩を読んで追加しちゃいました(汗)
ふとしたタイミングで文章に出逢うのも、心を揺さぶられるような風景に出会うのも同じなのかもしれませんね。
共感できる部分があって参考になるようで何よりです。
Posted by ブドリ at 2006年12月01日 19:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック