引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2006年11月29日

紅葉百態 その2

いろいろな紅葉または黄葉の様子の第2回目。
今回も皇居東御苑で撮影したもののみです。

エゴノキハクウンボク(白雲木)(エゴノキ科)
高さ 6 〜 15 メートルの落葉高木です。
葉が丸いのが特徴で、枝の先端に付くものは30cm近くになるものもある。
エゴノキの葉


ナツツバキナツツバキ(夏椿)(ツバキ科)
落葉高木です。
幹はつるつるしていてサルスベリと呼ばれることがあるようです。
ナツツバキの葉


ガマズミの木ガマズミ(スイカズラ科)
枝は、弾力があって折れにくいので、樹皮を剥いで、薪を縛る縄の代わりにしたり、ざるの縁木などにも利用しました。
ガマズミの実と葉


シナマンサク(支那満作)(マンサク科)
花が咲く1月から3月にも落葉しないで褐色の枯れ葉が残っていることが多いようです。
シナマンサクの木 シナマンサクの葉

トサミズキ(土佐水木)(マンサク科)
高知県の蛇紋岩地帯や石灰岩地帯などに生育する落葉低木。
名前からミズキの仲間のようですがマンサクの仲間です
トサミズキ トサミズキの葉

コブシの木コブシ(辛夷・拳)(モクレン科)
3月から5月にかけ、白い花を咲かせ、山に春を呼ぶ植物として歌にも歌われています。

コブシの葉


今回は偶然にも黄色くなる黄葉ばかりでした。また近いうちにまとめて紹介します。

「木々の葉が 色付きかつ散る 道歩む」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:26 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | .木々の色づ記  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紅葉に名前が増えました。

木の名前今ひとつよく分からなくて。これで名前が六種類増えました。

今、上弦の月ですか?昨夜、少し滲んではいましたが、くっきりと月を見ることが出来ました。満月になったら「月光下の花」なんて思っていますが、今年はどうだろう、、、?

あ、そうそう PENTAX K10D 今日発売ですね。実を言うと予約しました。多分、今日手にすることは無理でしょうけど、。ラッキーなら、どうですかね?
Posted by ゆうさく at 2006年11月30日 08:05
黄色くなる葉も、静かでいいですね。
ガマズミなど、とても渋いです。
サルスベリの実の殻(タネを落とした後)も好きです。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2006年11月30日 09:46
紅葉、黄葉と一言で言っても、色々な木の葉の紅葉があるんですよね。
『ガマズミ』の実が小さくてカワイイですね♪
紅葉、黄葉、何度見ても心が動かされます(*^-^*)。
次回も楽しみにしています。
Posted by MAI at 2006年11月30日 10:39
>ゆうさくさん
少しでも参考にしてもらえたら嬉しいです。
今の月は28日のお月様で半月が沈む時の状態を上弦の月と言って、今の状態は上弦の月とは言わないんです。難しいんですよ。
K10Dを買われるのですね。巷ではなかなか評判がいいですね。さらに素敵な写真を楽しみにしています。

>森のどんぐり屋さん
森のどんぐり屋さんのようにおしゃれではないですが、いろいろと並べてみました。
皇居のサルスベリの木にも種がついていましたね。
近くで撮れなかったので見にくくて載せてません。
ごめんなさい。

>MAIさん
ガマズミってもっとはやく実が落ちるかと思ったのですが意外ともってました。子孫を残すために努力してるのですね。
紅葉も黄葉もそれぞれ趣があって楽しいです。
次回も?努力します。
Posted by ブドリ at 2006年11月30日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック