引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2006年11月25日

木漏れ日

今日はちょっと思うところあって、小春日和の中、お墓参りに行きました。
帰りにお墓と同じ井の頭線沿線の駒場東大前にある駒場公園に寄ってみました。

駒場公園は、加賀百万石(今の石川県)の当主だった旧前田家の前田利為侯爵駒場邸跡で、現在は目黒区の公園となっています。公園内には、化粧レンガやタイル張りの施されたおしゃれな洋館がや書院造りの和館があります。

今日はその駒場公園で撮影した写真の中から木漏れ日と陽射しをテーマにお届けします。



ちょっと一言

下の6枚の写真をクリックすると上に大きく表示され、コメントも表示されます。
(但し、WindowsもMacもFirefoxではコメントが表示されません。)
桜の紅葉も日に照らされ輝いています。 広くない芝生広場ですが人が少なくてとても静かな時間が流れていました。 長閑な公園の1コマ。妹が妊娠したので余計に小さい子供が愛おしく思えます。
洋館の脇のイチョウ。隙間から漏れる光に金色に輝いています これぞ木漏れ日。気持ちのいい緑道。 前の写真の途中にあるモミジ。まだ色付いてないけど光に輝いてる。

「色付く葉 光蓄え 秋惜しむ」
「母と子の 光とたわむる 暮れの秋」
 

DSC11234.JPG

和館の和室から庭園を眺めた図
額縁ように撮影してみました。
昔の人はこのようにして庭園を眺めていたのでしょうね。

「冬支度 済みし庭にも 陽射しあり」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:15 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひそやか落ち葉の声が風に乗り
    母子の耳に秋を告げてる

秋惜しむ葉末に光る明るき陽
Posted by 森のどんぐり屋 at 2006年11月26日 15:21
最後の写真のように、和室から撮った日本庭園の写真を撮ってみたいです。
綺麗ですね。
Posted by babathesiant at 2006年11月26日 18:57
>森のどんぐり屋さん
素敵な句をありがとうございます。
貴重な晩秋の一日、思い思いに楽しんだことでしょうね。

>babathegiantさん
和室から帰ろうと思って下がった時に何気なく振り返って気がついたんです。
昔の人はこのように見るために窓と庭を設計したのですからすごいものですね。
和室から見られる庭園はなかなかないので私にとっても貴重な一枚です。
Posted by ブドリ at 2006年11月26日 20:00
秋深しとなってきました。・
駒場公園の木々や木漏れ日の母と子、そして座敷からの庭の光景とまるで漱石の世界のような。
ブドリサンはまだお若いのにどこかしら風格が出てきたような。
それもそのはずもうすぐ妹さんのお子さんのオジサマになるのですね。おめでとう。
妹のおめでたを心から喜ぶ気持ちが幼子への優しいまなざしとなっていることがよくわかりましたよ。
Posted by ネネム at 2006年11月26日 23:07
>ネネムさん
夏目漱石の世界のようなと形容していただきありがとうございます。文学者の世界に近づけたのなら嬉しい限りです。
友達の子供は何人も産まれているのですが、妹の子供となるとまた別の感情が湧いてきますね。普通なら気軽に頼れる母親がすでに他界し、かなりの不安があるようなので頼りない兄ではあるのですができる限り力に慣れたらと思っています。
自分の子供ではないのですが、子供が急にいとしく見えるものなのですね。自分の子供だったらどんなに嬉しいことでしょうか。当分ありそうにないのが・・・
Posted by ブドリ at 2006年11月27日 00:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック