引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2006年10月08日

秋の富士

今日は恵比寿ガーデンプレイスから見た秋の富士山です。
今日も空がスッキリとしていてはっきり見えました。

hujisan.gif
撮影時間は 1枚目 15:56  2枚目 16:32
      3枚目 17:22  4枚目 17:40

太陽の位置は最初の写真では富士山の真上にあります。それから傾いていき、右の方に沈んでいきました。
ただ、ちょうど日の入りの5時ごろはガーデンプレイスをフラフラしていたので抜けちゃいました^^;
「高き空 そびえる富士と 競い合い」



マウスを乗せると明るい部分のズーム写真になります。
日の入り後の山の端です。沈んだ太陽が下から照らしています。
小焼けというのは、沈んだまさにその瞬間ともいうし、沈んだ後に周辺が焼けるように明るくなる状態ともいわれているので、おそらくこれが夕焼け小焼けの小焼けの状態なのかもしれません。
「山の端も 静かに燃え立つ 秋の暮れ」



新たな試みです。マウスを乗せた後でクリックして下さい。
葛飾北斎もこういう富士山を見ていたのでしょうか。いや、きっともっと空気が澄んでいてもっときれいな富士山を見ていたことでしょう。
「いつの世も 変わらぬ空と 富士の山」


DSC04575.JPG
日が暮れて微妙な空のグラデーション。
この空の下で今日もどんなドラマが起きたのでしょう。
無事に一日を終え、明日も笑顔で迎えることが出来ますようにと願いつつ撮影終わり。
「秋の暮れ 静かにせまり また明日」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:55 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 富士山  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
富士山のある風景 キレイですね
あたしも きのう富士山 見ました
頂上付近に うっすらと雪が積もっていました
これから 冬にかけて少しずつ雪化粧をしていきます

一番最後の写真 空と地上の灯りと
そして 一枚におさめられた風景 素敵です
添えられた ブドリさんの言葉に 優しさを感じました
Posted by 海莉 at 2006年10月09日 15:00
>海莉さん
今日も私は富士山を見ました。確かに山頂付近に雪がうっすらと積もっているように見えました。
季節は運動会のかけっこのように足早に移ってますね。
Posted by ブドリ at 2006年10月10日 00:27
静かに暮れて行く夕景、すばらしいです。
秋がやっぱりいいですね!

ブドリさんのブログサイトは、小技を全部使えるのですネエ。
うらやましい。gooは皆ダメなんです。
直球で勝負!デス。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2006年10月10日 13:18
>森のどんぐり屋さん
秋の夕暮れは釣る瓶落としという言葉が当てはまりますね。ホントに静かにあっという間にくれていきますね。
小技を使えるのですが、あまり飾らないというのもいいのではないでしょうか。
小技に頼らなくても森のどんぐり屋さんは写真と言葉でとても素晴らしく表現されていますから。
Posted by ブドリ at 2006年10月11日 01:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック