引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2006年09月25日

水鏡

今日も昨日のお濠巡りの続きです。
昨日は青空で天気もよく風も穏やかだったので水面が静かで見事に鏡のようでした。



下の4枚の写真それぞれにマウスを乗せると上に表示されます。
マウスをしばらく載せるとコメントが見られます。
水中に別の世界があるかのよう 自然が作るシンメトリーの世界 青空だけじゃなく赤も緑も水中の世界 どちらが真実の世界なのだろうか


幻日が見えました。太陽の右の方です。写真を整理していて発見したのですが、お堀にも現実が映っていました!これは嬉しい誤算の現実の幻日です。


下の4枚の写真それぞれにマウスを乗せると上に表示されます。
マウスをしばらく載せるとコメントが見られます。


水面に映る夕日。何がホントの世界? 桜田門内から。わずかな波立ちにゆらゆら 携帯で撮影。後光が射してる? 「夕陽が・・・」 赤く染まる雲までも


こんなにきれいな景色を1日にいろいろ見られるなんて、心穏やかに過ごすことのできたとても良い1日だった。

「夕暮れに 色無き風も 色付いて」
「何よりも 寂しさ募る 秋の暮れ」
「秋光が 漂うごとき 胸のうち」

*色無き風・・・秋の風のこと。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
   にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:37 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | .空色日記  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいですね!
水面に映った太陽のほうが輪郭がはっきりしているのはなぜなんでしょうか???
写真の不思議ですね。
なんだか吸い込まれます。
Posted by かのこ at 2006年09月26日 00:31
>かのこさん
水面に映った太陽のほうが光が柔らかくなっているので輪郭を捉えやすいんです。それだけ太陽はまぶしいといえるんですね。
水面に映る太陽にはいつも引き込まれて枚数が増えますよ。太陽の温かみを感じてるんです。
Posted by ブドリ at 2006年09月26日 08:59
ブドリさんのコメントの通り、水面が鏡の様で風景や自然がキレイに映っていますね(*^^)。
『青空だけじゃなく・・水中の世界』の写真は、見事としか言い様がない位の映り方ですよね。
幻日もとてもキレイだし・・。
感動のひと時を、ありがとうございました♪
Posted by MAI at 2006年09月26日 09:38
水の上の風景は不思議ですよね。私も水やガラスに映った
もう一つの世界にとても惹かれます。
時間帯やお天気によって見え方も違いますし…

私的には逆光の写真と一つ目の句がとても好きです。
一つ目の句は何度も読み返してしまいました。
Posted by pathos_mie at 2006年09月26日 21:57
>MAIさん
水面に映った世界っていいですよね。
昼間はホントに水面が穏やかでこれまでにないくらいキレイに見えました。
幻日もタイミングよく見られて嬉しくて^^

>pathos mieさん
水面への映り方は時間や天気によって違いますね。
今回はいつになくキレイに見られたので嬉しかったです。
俳句も気に入っていただけたようで良かったです。
Posted by ブドリ at 2006年09月27日 08:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック