引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2006年06月26日

お薦めの本 「ぎおんごぎたいごじしょ」

今日も写真を撮りませんでした。ネタが切れたというわけではありませんがなんとなくそれらを載せる気分ではないのでいつもとは趣向を変えて今私が何気に気に入ってる本の紹介をさせてもらいます。

「ぎおんごぎたいごじしょ」
その名の通り、擬音語・擬態語の辞書というより辞書風の読み物です。
舞台は「風の街」
『あたふた』から『わはははははは』まで、
いろいろな住人が繰り広げる愉快な言葉の世界。
イラストや写真入で楽しく愉快に読み進められます。
圧巻は『ねちねち』。ホントにねちねちです。
これ以上は説明のし過ぎになるのでやめますが、言葉遊びしたくなるそんな本、
宮沢賢治のオノマトペの世界を感じられるような本です。

疲れた気分を癒してくれるそんな辞書でもあります。
手元においていろいろな読み方で楽しめますよ。

ぎおんごぎたいごじしょ
ピエブックス
発売日:2004-12
おすすめ度:4.33



参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

【お薦めの最新記事】
posted by ブドリ at 22:12 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | お薦め | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真が載っていなかったので、ブドリさんではなく他の方が書いたのかと、見間違えてしまいました(^〇^;)。
そんなバカな事はないですかね(汗)。
擬音語・擬態語すごく興味があります!
一度読んでみたいなぁ。
でも、ねちねちはイヤです(汗)。
Posted by MAI at 2006年06月27日 08:55
>MAIさん
大丈夫です。ちゃんと私が書いてますよ。
面白い本ですので是非。
でも本屋で見つけるのは意外と大変。
どこに並んでいるのか本屋によってまちまちでしたから。
「ねちねち」は誤解させてしまったようです。
本当にねちねちという表現が不適切。
ねちねちの説明に割いたページ数がねちねち。
辞書なのに1語にこんだけ割くか?ってことです。
呼んでもらえればきっとこの意味が分かります。
Posted by ブドリ at 2006年06月28日 02:55
ブドリさん、ごめんなさい。
私の方が誤解を招くような表現をしてしまったようで・・(汗)。
ねちねちの説明が面白そうだという事は、ブドリさんの説明で分かっていたんです!
私は、ねちねちそのものがあまり好きじゃないなぁっていう意味で、イヤだと書いてしまいました。
すみません・・。
Posted by MAI at 2006年06月28日 08:41
>MAIさん
お互いに誤解しあったんですね。
ねちねちが好きな人はいませんよね^^
Posted by ブドリ at 2006年06月29日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック