引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2011年03月07日

紅白の梅・浜離宮庭園

今回は浜離宮庭園の梅をお届けします。

浜離宮庭園では紅梅、白梅とも咲き始めていました。そのなかでも人目を引いたのがこの梅の木。
「なんだ、白梅と紅梅じゃん」なんて見た目には思いますよね。
でもよく見ると一本の木から紅梅と白梅が咲いているんです。
紅白咲く梅


梅・思いのままこれは変り咲きの紅白梅。
1本の木に白梅と紅梅が咲いたり、一つの花で紅白が混ざったりする梅の木です。
品種だと「思いのまま」や「輪違い(りんちがい)」というのがありますが、浜離宮庭園の梅は「思いのまま」ではないかと思います。


枝違いに咲く紅白梅こんな風に違う枝に咲く場合もあれば・・・


背中合わせに咲くこんな風に背中合わせで咲く場合もあります。


紅白混ざり合いそして、一つの花に紅白混ざっているものもあるんです。


絞り咲きの梅さらには白梅に見えるかもしれませんけど、よくみると白い花びらに紅い模様が。これは絞り咲き。


紅白咲き乱れるなかにはこんな風に枝ごとに違うと思えば混じった花も咲くデラックスな枝もあります。


そしてまさにこれが正真正銘の紅一点!
紅一点の梅の花


不思議ですよね。普通植物は遺伝子によって花の形や色が決まっているのに、枝違いだったり、隣り合わせだったり、花びらごとに色が違っていたり、絞り咲きだったりするんですよ。
来年も同じような場所が同じように咲くわけじゃなく、どこがどう咲くかわからないんです。
これが接ぎ木の木であれば枝ごとに色を変えるということは可能なのですが、これは元来がこういう木なんです。いったいどうしてこんなふうに花が咲くんでしょうね。
まさに梅の木の「思いのまま」です。
決して人間の「思いのまま」にはなりません。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:00 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 花歩記 春の花 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年も浜離宮の菜の花が見れましたね。
黄色い花波の向こうにビル群が〜しかし汐留一帯の高層化高密度化は目を見張るものありですね。
そして大輪の満開の梅が紅梅ともに枝にいだき〜やはりありましたか〜先日同じ町名のとある家の紅白揃い咲きの梅を見に行っていました。勝手に源平咲きの梅と思っていましたが。
やはり白梅と紅梅が1本の梅の木の枝にどのように並んでいるものかと長年毎年見ていながら気になりながらいっこうに法則性らしいものが見えてこないなと。
そうですか〜思いのままに咲いているから・・この梅の樹が思いのままに紅白を咲かせているんだということならば科学的な解析よりもこの人間の持つ自由な心と同じだとしても〜なぜかすとんと納得できるような気がしましね。
Posted by マルメロ at 2011年03月07日 23:43
マルメロさん

汐留は高いビルが増えました。
新たに銀座側にビルが建設中で、浜離宮庭園のまわりがどんどん囲まれていきますよ。
菜の花との組み合わせはなかなか見事ですけど、景観というものをもうちょっと考えてもいいのでは、と思います。

紅白の梅の木は咲くのに法則性はないようです。
梅の木の思いのまま。人の手の及ばない、自然の思いのままなんですね。
毎年、不思議だと、眺めてあげるのがいいのかもしれmせんね。
Posted by ブドリ at 2011年03月08日 23:47
紅白が一本の木に咲くのってきれいですよね。
何でしたっけ・・・・そうそう「ゲンペイ」って言うんでしたっけ?
近くに源平ウツギというのが植わってるので、教えてもらったことがあります。

この木を使って草木染めをしたら、どんな色に染まるのでしょう?
Posted by 森のどんぐり屋 at 2011年03月10日 08:50
森のどんぐり屋さん

大抵の場合、紅白の花が咲くのを源平といいますよね。でも、梅はあまり言われないような気がするんですけど、でも源平です。
この木で草木染めですか!
どんな色になるんでしょう?興味ありますね。
Posted by ブドリ at 2011年03月10日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック