引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2011年02月15日

霜・凍露に出会った〜!

2/11、12と積りはしなかったものの、二日続けての雪でした。そしてあくる2/13(日)は東京でも零度まで下がる寒い朝。でも、私の氷実験は不作(いったい何故?)。
湿度もあって寒い朝。これならばもしや、あのシモバシラが見られるかも!と向かった先は目黒自然教育園。もっと早くに行くつもりが、お茶を作ったりしてたらちょっと遅れて到着したのが10時過ぎ。残念ながら植物のシモバシラのシモバシラは見られず。がっかりしちゃって撮影するのすら忘れました。茎がだいぶ割けてたからおそらく今年はもう見られないでしょう。また次の冬までのおあずけ!

でも、その代わりにいいものが用意されてるんですよ。嬉しくなっちゃいます。
それが今回のタイトルの霜です。
霜なんて珍しくない!なんて言わないでくださいね。なかなか私のまわりではなかなか見られないんですから。
森のどんぐり屋さんのブログで霜や凍露を見てから会いたかったものの一つ。それがこの日、ようやく出会えたんです。


自然教育園内の水生植物園。の池は見事にこおっていましたよ。
徐々に日が当たりだし、風で押されるのか、時折ピシッ、ピシッという音が聞こえてきました。
カーソルを乗せてご覧ください。


霜があったのはこの池の一隅です。
まずはカーソルを乗せてご覧ください。


霜って産毛から伸びたり、葉脈から霜柱のように伸びていくんですね。
これは見ていてなかなか面白い。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


霜の花をじっくりと見ていたいのですが、日が差し、気温が上がってくると解けていく儚さ。
でも、その儚さこそが霜の真髄なのでしょうね。
霜


枯れ草にもしっかりと霜が出来ていました。
カーソルを乗せてご覧ください。


地面に落ちた葉っぱにも霜がついているなぁと見てみたら、葉の上にコロンとした氷があるじゃないですか!これはいわゆる凍露?
カーソルを乗せてご覧ください。


ここにあるということはこの周辺に他にもあるのではと見回すとあるじゃないですか、あるじゃないですか!
凍露の部分をトリミングしてみました。カーソルを乗せてご覧ください。


ほかにも凍露の花畑を発見!
凍露畑


念願の霜柱は見られませんでしたけど、素敵な出会いがありました。
やはり朝起きは三文の徳ですね!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:55 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 四季彩々 冬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック