引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2011年02月02日

マンリョウ・センリョウ・ヒャクリョウ・ジュウリョウ

みなさんは、センリョウ・マンリョウといえば新年の飾りとしてご存知ですよね。
でも、万両・千両・百両・十両・一両まであって、どの実も秋から冬に赤く熟し、どの赤い実も小粒です。実の特徴から名付けられたようです。
今回は皇居東御苑や目黒・自然教育園で撮影した万両・千両・百両・十両をお届けします。

万両:ヤブコウジ科。センリョウより沢山実が付くことから、 マンリョウの名前が付いたと云われています。葉の下に実をつけます。
カーソルを乗せてご覧ください。


千両:センリョウ科。果実は球形で、赤く熟する。葉の上の方に実をつけます。
黄色い実の千両もあります。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


百両:唐橘(からたちばな):ヤブコウジ科。葉っぱが細長くギザギザがなく、千両に比べ背が低く、実の数も少ない。
カーソルを乗せてご覧ください。
この写真だけ目黒・自然教育園で撮影


十両:薮柑子(やぶこうじ):ヤブコウジ科。百両より背が低く、葉っぱギザギザで実の数が少ない。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


一両:蟻通(ありどおし):アカネ科。「千両、万両、有り通し(金は千両も万両も一年中ある)」と、正月の縁起物として生け花に使われる三つの植物の一つです。
残念ながら写真がありません。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

【四季彩々 の最新記事】
posted by ブドリ at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 四季彩々  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アリドオシは小石川植物園にあるようですね?
どんな花が咲くのだろうと思い、検索したら出ていました。
可愛らしい白い花ですね。

Posted by 森のどんぐり屋 at 2011年02月03日 14:13
森のどんぐり屋さん

アリドオシは小石川植物園にあったんですね(^^;)
今月はちょっと行けそうにないので赤い実をお届けできませんが、花の咲く時期に足を運んで確認してみます。
Posted by ブドリ at 2011年02月03日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック