引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2011年02月13日

「おへそのあな」

赤ん坊が生まれる前、おなかの中の子はどうしているんでしょうね。
そんなことを書いた絵本を紹介します。

おへそのあなおへそのあな
長谷川 義史

BL出版 2006-09
売り上げランキング : 3142

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「おへそのあな」
長谷川 義史 作・絵    BL出版

赤ちゃんが生まれてくる前、お父さんも、お母さんも、おじいちゃんも、おばあちゃんも、お兄ちゃんたちもみんなわくわくしてますよね。
なんと、当のおなかの中の赤ん坊がみんなの様子をおなかの中からお母さんのおへその穴を通して見たり聞いたりしていたなんて!
そう、この絵本はおなかの赤ん坊の視点で描いた絵本なんです!
おにいちゃんがロボットを作って待っててくれてる様子
おねえちゃんが生まれる頃に花を咲かせようとしている様子
おとうさんが歌を作ってる様子
おかあさんが作ってる料理の匂いをかいでみたり。
みんなが楽しみにしている様子をおなかの中からみて、生まれるのを楽しみにしているあかちゃん。
みんながねしずまると聞こえないようにそっと一言
「・・・・・・・・・・・・」
でも、この一言は教えません!
だってこの一言を教えちゃったらこの絵本の真髄が台無しですからね。

この絵本のことがまさか!と言いたくなるかもしれませんけど、誰も嘘だとも否定できませんよね。
胎内記憶のあるお子さんもいることですし、この話は否定できませんよ。
おなかにいる時から優しい声を掛け、みんなが楽しみにしている事がわかるときっと産まれてくることを喜んで、その後も優しさを身につけていくんじゃないかなぁ、そう思います。

出産前のお父さんお母さんも、子育て中のお父さんお母さんも、ぜひ手にとって読んでみてください。

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
 blogram投票ボタン

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック