引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2011年02月06日

「あかちゃんがやってくる」

今回はもうすぐお兄ちゃんになる男の子の不安と期待を描板絵本を紹介します。

あかちゃんがやってくる (こどもプレス)あかちゃんがやってくる (こどもプレス)
ジョン・バーニングガム ヘレン・オクセンバリー 谷川 俊太郎

イースト・プレス 2010-11-19
売り上げランキング : 129694

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「あかちゃんがやってくる」
ジョン・バーニンガム 作    ヘレン・オクセンバリー 絵
谷川 俊太郎 訳        イースト・プレス

この絵本、世界的絵本作家であるジョン・バーニンガムとヘレン・オクセンバリー夫妻初めての共作絵本なんですよ!
そして、谷川俊太郎さんの訳ですから、とても読みやすくリズムのある絵本です。

「ママァ、あかちゃんいつくるの?」
「なんて名前にするの?」
なんて、産まれてくる赤ちゃんを楽しみにしているかと思えば、
「ママァ、あかちゃんにくるなって いえないの?
 うちには あかちゃんなんか いらないんじゃない?」
と言ってみたりと、期待と不安がないまぜ。
ママは、
「赤ちゃんはどんな仕事に就くかしら?
お医者さんかしら?、絵描きさんかしら?」といろいろな仕事を話すと
男の子は「赤ちゃんの医者」とか「赤ちゃんの絵描き」を想像して、
「そんな医者にはみてもらわない」「どこにも書いちゃうから無理」なんて自分が赤ちゃんだったときのことと重なりあわせて否定してみたり、ちょっと期待してみたり。
お兄ちゃんになる喜びもあれば、ちょっとヤキモチっぽいところもある。
でも、出産が近づいてくると
「あかちゃん いつくるの ママ?
 あかちゃんに あいたいよ」
と、立派なお兄ちゃんに!
最後はおじいちゃんに手をひかれて病院へ向かうお兄ちゃん。
その手の中にはプレゼント。

出産を通して成長するお兄ちゃんの様子がよくわかります。
お兄ちゃんになるなぎくんもいろんな気持ちがあったんでしょうね。
勝手にそんなことを想像させてもらっちゃいました。

これから出産へと向かうお父さん・お母さん
お子さんの期待と不安を理解してあげてください。そして元気なお子さんを産んでください。

 
にほんブログ村 トラコミュ 絵本と童話へ
絵本と童話
にほんブログ村 トラコミュ 絵本へ
絵本
 blogram投票ボタン

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 22:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の森  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうござます(^^)
産休に入ってからと言うもの、今しか出来ない大掃除におわれ、すっかりご無沙汰していましたが、ようやく少し余裕が持てるようになりお邪魔してみれば、まぁまぁなんて嬉しい絵本の紹介でしょ♪
ブドリさんの紹介を読みながら、思わずウルウルしちゃいましたよ〜。

6歳のなぎは、お腹の赤ちゃんに嫉妬することも嫌がらせをすることもありませんが、言葉に出さない気持ちの中では、どんななんでしょうね。
そして実際に産まれてきたら・・・、なぁんて私も毎日考えさせられてますよ〜!!

予定日まで後20日!!
今の時間を大事に、気持ちを大事に、その日を迎えたいと思ってます(^^)
Posted by なぎママ at 2011年02月07日 18:38
なぎママさん

出産間近だからパソコンどころではないだろうとは思っていたのですが、ブログも更新されてないし、コメントもないからどうしてるかなぁと気にしてたんですよ。よかったよかった。

なぎくんは前から楽しみにしてましたよね。
だからヤキモチ焼いたりしなかったんでしょうね。
でも、きっとなぎくんなりにいろいろなことを思っていたことでしょう。
産まれてからはかまってもらえる時間が減ったりしてちょっとすねてみたりするのかなぁ、なんて考えてみたり。
手がかかって大変でしょうけど、なぎくんもしっかりと見つめてあげてくださいね。

まずは無事に元気な赤ちゃんを産んでください。
Posted by ブドリ at 2011年02月08日 08:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック