引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2011年01月18日

冬の星座とお月様

猛暑の反動か、とても寒い冬が続いています。
でも、その寒さがもたらしてくれる恩恵もあるんです。
寒くて適度に風があり晴れた夜空はすっきりとして星がたくさん見られるんです。

1/17は月が今年最北を通る日で今見えるお月様も南中時には頭の上の方です。
そして、天体ソフトによると月が南中する21時37分頃はオリオン座の頭の位置ぐらいに見えるというので、それならば天体観測だ!と出かけました。

まずは澄んだ夜空にひときわ輝く小望月のお月様です。
55DSC20446.JPG

SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC (トリミング)
1/1000秒 F6.3 -1EV ISO400 (1月17日 21:33撮影)  月齢13.1

そしてこのお月様と冬の星座たちです。
月の南中時刻の南の空です。
オリオン座がしっかりと立って、その頭(ちょっと上すぎますけど)にお月様があります。
全天で一番明るいおおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、オリオン座のベテルギウスを結ぶ冬の大三角もよく見えました。
下の写真をクリックすると星の名前入りの大きな写真が見られます。
冬の星座と小望月

SONY α55+SONY DT16-105 F3.5-5.6
マルチショットノイズリダクション
0.6秒 F3.5 ±0EV ISO3200 (1月17日 21:38撮影)

ここから見上げてお月様を中心に夜空を撮影してみました。
ぎょしゃ座のカペラとメンカリナン、双子座のカストル・ポルックスとアルヘナ、ペルセウス座のアルゴル、おうし座のアルデバランとエルナト、オリオン座のベテルギウスとベラトリクス、こいぬ座のプロキオン、そして名前はわかりませんけどその他にもたくさんの星たちが見えました。月がなければもっと見えるのでしょうが、月があってこその私の写真です。
下の写真をクリックすると星の名前入りの大きな写真が見られます。
月を中心に

SONY α55+SONY DT16-105 F3.5-5.6
マルチショットノイズリダクション
0.6秒 F3.5 ±0EV ISO3200 (1月17日 21:39撮影)

真南の空を見上げましたけど、お次は真北の空。
北極星を中心にカシオペア座と北斗七星です。
この時間、北斗七星のアルカイドが建物の影で未完成です。もうちょっと待つか位置をずらせば見えたんでしょうね。撮影したときはそこまで確認できなかったんですよ。
ケフェウス座のアルデミラン、北極星から続くこぐま座のコカブも見えました。
下の写真をクリックすると星の名前入りの大きな写真が見られます。
カシオペア座と北斗七星

SONY α55+SONY DT16-105 F3.5-5.6
手持ち夜景モード
1/4秒 F3.5 ±0EV ISO6400 (1月17日 21:44撮影)

17日に撮り忘れたものがひとつだけ。それは冬の大三角よりも大きく広がる冬のダイヤモンド。真ん中に輝く十五夜お月様です。
18日の22時過ぎに撮影してきました。撮って出しです。
下の写真をクリックすると星の名前入りの大きな写真が見られます。
冬のダイヤモンドと十五夜

SONY α55+SONY DT16-105 F3.5-5.6
マルチショットノイズリダクション
1/2秒 F3.5 ±0EV ISO3200 (1月18日 22:26撮影)

「寒空に 夢を描いて 星めぐり」


この夜ではありませんけど、1/8の夜にはしぶんぎ座流星群の名残も見ましたよ。
東京都内だってたくさんの星が肉眼でも見られるんです。
東京の皆さん、諦めてはいけません。夜空に思いを馳せて眺めましょう。
でも、寒いので防寒をしっかりしてくださいね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

【天体観測の最新記事】
posted by ブドリ at 23:20 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 天体観測 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も昨晩はお月様の真横にオリオン座を発見しプチ感動を味わっていたところですよ〜!!

昨日は母親学級の日で病棟見学をしてきたのですが、一昨日生まれたての赤ちゃんがたくさん並んでいて、「もうすぐ満月なのでちょうど出産が重なってます。」と助産師さんが仰ってました(^^)

つきの神秘!!すごいですね〜♪
Posted by なぎママ at 2011年01月19日 10:09
ずいぶん広い空を眺められる所へ行かれたのですね?!
羨ましいです。

我が家のベランダからも以前は相当に見えたのですが、大きなマンションが視界をふさいでしまったので、今は全然です。

お月様が一番北を通っていく・・・実感しています。
だって、ひさしの上から光だけ降ってくるのですもの。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2011年01月19日 11:06
夜毎の煌々と高いところから窓からと差し込む月夜のあかりが気になって〜とうとう今夜はまっすぐに降り注ぐ中を歩いて帰ってきたところ。どうして冬の月夜の光は心騒ぐものだろう。
カメラを向けても所詮白い点だけ写っているだけ。やはり自分の眼でいつまでも見ているのが一番ですね。
新しい年の最初に観る満月・・そう思うだけでもすっかり満足するものですね。冬の星座オリオン座も月に劣らず煌めき冴えて・・・もうなにもいうことなし。みなさんとこんな想いの書きこみが出来てほんとに嬉しいブドリさんのところです。
Posted by マルメロ at 2011年01月19日 22:25
なぎママさん

またまた離れたところで同じ空をみあげていたのですね。間違いなく妹ちゃんもお月様好きになりますよ(^^)

出産は満月・新月の前日か3日後に多いようなんですよ。月に導かれてるんですよ。
なぎママさんの予定日はいつでしたっけ?
次の新月は3日なので、早ければ6日頃、でもちょっと早いので次の満月の18日前後に誕生かもしれませんね。


森のどんぐり屋さん

広い空を見られるところは近所です。
この場所は地下化された線路の上が遊歩道として整備されたところで、徐々にマンション化されてはいますけど古くからの家が多いのでまだ高い建物が少ないんです。そのなかでも駐車場であったり平屋の家のあたりを選んで撮影してるんですよ。まさに私への贈り物です(^^)


マルメロさん

冬は空気が住んでいるので月の明るさが際立ち、真夏よりも明るいと思います。
見守ってくれている感じがして見上げずに入られませんよね。
冬の星座もきれいに輝き、たくさんのが見えて最高です。

実は今夜が満月。
楽しみましょう!
Posted by ブドリ at 2011年01月20日 09:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック