引越のお知らせ
サーバー容量がいっぱいになったため移転しました。
ここには私のブログの更新情報のみ掲載いたしますので参考にしてください。

新たなブログのタイトルは

「心象スケッチ(新) 第2集」

URLはほとんど変わらず
http://tuiterune-sketch2.seesaa.net/tuiterune-sketch2と2が加わっただけ。
そして外観もほとんど変わりません。
これまで同様のご愛顧よろしくお願い致します。

2011年01月15日

スカイツリーとユリカモメ

浅草寺でお参りをしてから向かったのはもちろん隅田川。そして撮影するのは高さ639mになった東京スカイツリー。
第1展望台も外観はほぼ完成。第2展望台の形も見えてきて、そのうえにゲイン塔が徐々にリフトアップされています。ゲイン塔を引き上げてはアンテナを取り付けていきます。一番上の部分はアンテナの揺れを小さくするための制振装置が組み込まれています。


東京スカイツリーを眺めている隅田川にはユリカモメ(都鳥)がたくさん飛んでいます。
東京スカイツリーを眺めていたらこんなことが!
枠内にマウスを載せると止まり、どかすと動き始めます。



東京スカイツリーを眺めてたら

ユリカモメがスカイツリーの前を横切っていくぞ!




スカイツリーの向こうには飛行機も!
あれ?ユリカモメが旋回してきてる?




ありゃりゃ!こっちに向かってきた!「兄ちゃん、アブねぇぞ、気をつけろ!」




「おいおい、兄ちゃん、アブねぇってば。ユリカモメは急に止まれない〜」






東京スカイツリーを見つめて「もう539mだってさ。早いなぁ。」
「そうねぇ、あっという間ね。」
「あの上に行くのは風に乗ればいけるけど、ちょっと邪魔だよな」
「わたしは身軽だから問題ないわよ」
「そうなの〜」













ユリカモメさんと

右の4枚の写真をクリックして下さい。ちょっとした会話が!
(但し、WindowsもMacもFirefoxでは表示されません。)
ユリカモメと1
スプリンググリーン
明日香
アンジェリケ


上の時の写真ではありませんけど、V字形態で飛行するユリカモメの群れがスカイツリーの前を横切っていきます。
クリックすると、別のウインドウでスライドショーが始まります。
V字体型のユリカモメ


ユリカモメたちが次々と寝床へ帰っていき、あたりが静かになってきたのでちょっと位置を移動して、アサヒビールのビルに映る東京スカイツリーを撮影。
もう、全体が映りません。もうちょっと移動するとスカイツリーが半分に!
カーソルを乗せてご覧ください。


2月中には高さが600mに達し、3月下旬には最高点634mに達するそうな東京スカイツリー。
全貌を現すのももうすぐです!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 23:56 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | .東京スカイツリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最初にスカイツリーの姿を見せていただいたときは、完成がものすごく先のように感じていましたが、過ぎてみればあっというまですね〜!!

完成間近、出産も間近!!
なんとも良いご縁だこと(^^)

Posted by なぎママ at 2011年01月16日 16:42
東京スカイツリーと言えば、業平橋。
業平橋とくれば、在原業平。

業平の詠う「都鳥」はやっぱり「ユリカモメ」のことなのですね。
この辺りは、昔から「ユリカモメ」が多いのですね。
Posted by 銭無のとっつあん at 2011年01月16日 18:00
なぎママさん

最初に見に行ったのは悠真と一緒。
あの時はまだ展望台の影もなかったのに、1年ちょっとでもう!
完成した暁には赤ちゃんといっしょに見上げに来てくださいね(^^)


銭無のとっつあんさん

ユリカモメといえばミヤコドリ、ミヤコドリといえば在原業平なのですが、ほんとに都鳥がユリカモメかは諸説ありまして、渡り鳥で一年を通して見られないのにそう呼んだか疑わしかったりもします。
でも、この付近は水運に恵まれているために、ユリカモメは多いです。他の鴨の姿はあまり見られませんから、都鳥だったかもというのは頷けるんですけどね。
Posted by ブドリ at 2011年01月16日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック